お子さんを引き渡された方へ

テーマ:

先日、コメントをいただき、返信が遅くなりましたので、こちらに書きます。


>kobaさん

何と言葉をお掛けしてよいか、どんな言葉が適切なのか、それぞれに状況が異なり何が最善かは未だに分かりません。

ただ一つ言えるのは、引き渡しですべてが終わるわけではないこと。


引き渡しと同時に、面会の約束が必要です。裁判所で調停条項として確約させることも必要かもしれません。

もし守られなければ、調停になります。うちの場合、調停条項で決まったにも関わらず、住居侵入弁護士会副会長に法律の知識がなかったのか、守られず三年間調停が続きました。


いつか手元に戻るかもしれません。裁判所の理不尽さを離れて、次は自分で親を選択するかもしれません。

しかし、それもゴールではありません。


それぞれ人生の形は違い、第三者から見た正解がある訳でもありません。

私の娘も同じですが、その子なりの人生をいろんな経験をしながら、まっすぐに進んで行くことを祈りながら、その成長をしっかり見守る必要があります。


それが、私も含め、親としてできること、やらなければならない親の務めかと思っています。
裁判に負けて、相手に子供を引き渡して完了にはなりません。

我が子の人生は続いていきます。まだ終わったわけではないのです。


人気ブログランキング

にほんブログ村
いつも応援いただき、誠にありがとうございます<(_ _)>