大潮?満月?スーパームーン?? | 未来系治療家 藤田隆弘の 脳から紐解く心と体

未来系治療家 藤田隆弘の 脳から紐解く心と体

大阪と東京で脳から体の歪みを治す治療を
おこなっている藤田隆弘のブログです。


テーマ:
当たり前の事だが
私たち人間が誕生する前から
地球はあります


自然環境の変化に対応しながら
生きているのだから


もっと
自然とカラダの関係を
知るべきだ



こんにちは
未来系治療家
藤田隆弘です




今週は予想通り
急激に体調が悪くなった患者さんが
たくさん大阪の治療室に来られました


だって今週は
梅雨・台風・大潮のトリプルパンチ!!


カラダの中は
急激な低気圧の対応


大潮のため
1日の中でカラダにかかる
圧力の変化が最大になるからです。


今回も前回に引き続き
天気とカラダのお話をしようと思っています


先ほどの話しにでた
大潮って分かるでしょか?


大潮とは
潮の満ち引きのことで
一日の中で海面が一番
高い状態の事を「満ち潮」
低い状態の事を「引き潮」

と呼び


その「満ち潮」と「引き潮」の差が
一番大きい時期を「大潮」と言います。


では
潮の満ち引きとは何でしょう??


皆さんは
モノとモノが引っ張り合いっこ
しているのはご存知ですね♪


これを物理学では
万有引力といいます。


私たちと地球も実は万有引力で
引っ張り合いっこしているのは
ご存知でしょうか???


ぜんぜん想像できませんよね。。。


でも
私たち一人一人は地球という物体は
引き合っているのです!!!


しかし
圧倒的に地球の方が重くて大きいので
私たちは地球の地面に押しつけられている状態と
なります


これを物理学では
引力といいます。


このお互いに引っ張り合いっこする力は
地球上だけではなく


広い宇宙でも同じ事が
行われていて


身近なとこでは
地球と月です。


地球と月の距離は384,400km


この距離でお互いにつり合って
引っ張り合いっこをしています。


付かず離れずのいい関係ですね♪


ちなみに
地球や月ができた約46億年前は
なんと! 地球と月の距離は
現在の1/20から1/16の距離でした。


知らなかったでしょう!? ( ̄▽ ̄)


だから地球から見る月の大きさは
現在の約400倍!!
大きいですよね!!


そして長い年月をへて
地球と月は今のい~い距離に落ち着き 
私達、人間が住める環境になったのです。


すごーーい!!  



もっと宇宙を広い視野でみると
太陽系の星はすべてお互いに
よい距離で落ち着き


お互いに万有引力という
引っ張り合いっこする力で
バランスを保ち続けているのです


その中心が太陽です


太陽を中心に水星・金星・地球・火星・・・・
と並んでいるのは


それらが良い距離を保ちながら
万有引力でつり合いながら引っ張り合いっこ
しているからです。


神秘的ですよね!!


お話は潮の満ち引きに戻しますね。


ご存知のように地球は1年をかけて
太陽の周りを1周し
月は29.5日かけて地球の周りを1周します。


地球自身も1日で1周をする自転という
運動をしているため


地球上ではすごく月に引っ張られているところと
そうではないところができ


すごく引っ張られている所では
海水も月の影響で引っ張られますので


その地域に海水が集まってきます。


これが満ち潮のカラクリです


それとは反対に
月の影響が少ない場所では
引っ張られ度が少ないために
その地域の海水は引っ張られ度の強い地域に
移動します。


これが引き潮のカラクリです



そして地球には太陽からの引っ張られる関係も
ありますので


太陽と月に同じ方向から引っ張られる時と場所があります。


この地域では地球は太陽と月のダブルで引っ張られることに
なり


この影響を受ける地球上のある地域の海水
すごく引っ張られ 大量の海水が集まり 
そして時間がたつと 集まった海水は他に移動していきます。


要するに
一日の海水が集まったり、無くなったりする量が
非常に多い状態。




これが大潮です


イメージが湧くでしょうか?


あくまでも 全く分からない人に向かって
説明していますので


よくご存知の方には
オイオイと突っ込まれそうですが
お許しください m(_ _)m



大潮の時に月の見え方
新月と満月になります。


僕は以前 妊婦さんの研究を
助産院で10年していたことがあり
大潮、つまり新月と満月の
満ち潮の時間に出産が多かった事を
記憶しています


生物の産卵も大潮の時が
多いのが神秘的ですね♪


大潮の時はあれだけの海水が移動するのだから
カラダの中の水分にも影響があるはずですね。


その仕組みを説明すると
専門的になりすぎるので
ここではお話ししませんが



大潮の時はカラダの中では
自律神経が血流や体液のコントロールを
する為に大変
だという事を
知っていて下さいね



もし今日、調子が悪い人は
カラダを冷やさないように
温かい水分を飲み
お風呂でカラダを温めてください。




さて今日 6月23日(日)は
満月(大潮)の中でも
最も月が地球に近づく日です


その距離は357.206km(平均 384,400km)


今晩は晴れている地域だと
月がひとまわり大きく見えますよ ( ̄▽ ̄)


その名は  「スーパームーン」


見えるといいですね♪


次回は低気圧とカラダの関係を
お話しますね♪





゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



藤田隆弘のfacebook は  こちら

治療については  こちら

大阪の治療は   こちら 

東京の治療は   こちら


藤田隆弘さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります