本当は選択肢はいっぱいあるのに | 不登校でも大丈夫!「学校行かない」という生き方☆

不登校でも大丈夫!「学校行かない」という生き方☆

不登校と呼ばれる子どもたちは、落ちこぼれじゃありません☆
むしろ沢山の可能性に満ちているチェンジリーダーたちです。
オルタナティブスクールあいぎふ自由学校のブログです。

岐阜市長良で開校中

小中学生のためのオルタナティブスクール

共育オアシスあいぎふ自由学校です☆

 

あやちゃん先生の塾に来ている中学生の子が

ティッシュペーパーに書いた作品ww

何に書いてるねん(笑)

ってか、塾に何を学びに来てるん??(笑)

突っ込みどころ満載ですが・・・

それも良かろう、ホトトギス

 

ところで・・・話は変わりますが

 

学校へ行かなくて大丈夫?

子どもの人生どうなっちゃうの?

 

心配されている方

多いと思います。

 

まあ、当然といえば当然ですが・・・

 

だって、周りにモデルケースが少ないですものね。

 

不登校支援やっているところの人ですら

「社会に出るためにはあれが必要、これも必要、訓練しましょ」

と言いがちです。

 

でもね

スクールやってきて

子どもたちを見ていて

思ったんです。

 

自分のやりたいことをトコトンやる経験があって初めて次のステップへ進む。

 

学校へ行けない子

合わない子は

とってもアンテナセンサーが敏感で

とても心が豊かで感受性があって

だからこそ大勢の中が苦手で

好奇心も旺盛で自分をしっかり持っているからこそ

学校という集団の中で学ぶことが苦手。

 

そんな子に無理をさせても

つぶれていくだけで

本来持っている才能が良さが

どんどん閉じ込められて行ってしまいます。

 

だけど

もし

自分の好きなことばっかりやっていたら

社会として生きていけるの?

と心配されるかもしれませんね。

 

実は

選択肢なんて星の数ほどあるんです。

100人いたら100通りの選択があってOKなんです。

 

フリースクールやオルタナティブスクールに通うのもあり

ホームスクーリングでお家で好きなことをやったり

親の仕事場に一緒にいって見て感じて学ぶのもあり。

 

そしてその先では

中学生だったら

私立中へいくという選択も

フリースクールという選択も

今とても盛り上がっているN中で学ぶことも

はたまた、学習塾で勉強するということもできるんです。

 

そして、その先には

普通高校へ行くという選択肢も

N高S高という選択も

通信制高校・単位制高校も

高卒認定サポート校も

そして高卒認定資格を取るということも

就職や起業も

何でもありなんです。

 

大学、学びたいことがあれば行けばよいし

それだって、高校までの成績表なんて関係ないので

受験資格さえ取ればあとは本人次第。

就職も本人次第。

 

やりたいことを仕事にできる時代だし

才能を伸ばして

自分にあった仕事を見つけたり、仕事をつくったりできるんです。

 

親世代の時代の「当たり前」を基に

教育や進路を考える必要はありません。

親が決める必要もありません。

 

子ども自ら欲した時には

応援し、手を差し伸べてくれる人たちは沢山います。

社会は捨てたもんじゃない!!

 

みんなが悩んでしまうのは

まだ先の未来を憂いているからじゃないかな~?

 

今を精いっぱい

目の前の一日一日を生ききる。

今日の幸せの土台があって明日の幸せがやってくる。

そうすれば未来は自ずと開けるものです(*^^*)

 

進路の相談なども気軽にどうぞ☆

ホームページはこちら↓

★共育オアシスあいぎふ自由学校HP★