神様の分け御霊 | 不登校でも大丈夫!「学校行かない」という生き方☆

不登校でも大丈夫!「学校行かない」という生き方☆

不登校と呼ばれる子どもたちは、落ちこぼれじゃありません☆
むしろ沢山の可能性に満ちているチェンジリーダーたちです。
オルタナティブスクールあいぎふ自由学校のブログです。

今日はちょっとスピチュアル的?宗教的?にも見えてしまうお話かもしれません。


でも、私たちが子ども達と接する姿勢をお伝えするには

こんな表現が一番しっくりくるんです。


それは

子どもも親も

全ての人が

神様の分け御霊を持っている

という考えです。


つまり

みんな生まれながらに

素晴らしい才能を持ち

力を持っている

ということ。


そして

一人一人が

尊く

大切な宝物であり

美しい輝きを内蔵している

ということです。


性善説です。


だから

私たちは

子ども達に何かを強制したり

矯正しようとしたり

押さえつけるようなことはしません。


一人一人の才能や

本来持つ美しさが

自然と磨かれ輝くように

接し育てるのです。


勿論

子どもだけではなく

スタッフ同士も

保護者さんも同じ。

みんな素晴らしい尊い存在。


そう思いながら

私たちは

スクールを運営しています。


子どもの欠点ばかり目に入っていませんか?

お母さんが自分自身を責めていませんか?


本来みんな

生まれながらに

尊く美しい魂を持っているんです。


それを汚さず大切にあつかい

磨き、力を発揮できるように生きる。

そう考えると

毎日の過ごし方

教育、子育てが変わってきませんか?


私もそう思いながら子育てしていたつもりが

一時期その気持ちを忘れてしまっていたことがあります。

その時の我が家は暗く、上手くいかず

子ども達にも色々問題が出てきました。

でも、また思い出して修正したら

とても幸せな状態に変わりました。


私自身も

自分を大切に出来ず苦しかったことがありましたが

自分を認め大切にするように心がけるようになってから

楽になり

生きることが怖くなくなっていきました。


大人、子ども関係なく

互いに尊び認め合える。

それがあいぎふ自由学校の目指す教育です。