何を作ったの? | 不登校でも大丈夫!「学校行かない」という生き方☆

不登校でも大丈夫!「学校行かない」という生き方☆

不登校と呼ばれる子どもたちは、落ちこぼれじゃありません☆
むしろ沢山の可能性に満ちているチェンジリーダーたちです。
オルタナティブスクールあいぎふ自由学校のブログです。

今日からスクールの日常を投稿します

今日の朝、一人の生徒が袋を持って「ちょっと外に行ってきていいですか?」って言ってきました。

何をしに行くんだろうと思いましたが「いいよ~」と言ったら笑顔になって外に行きました。

そしたら「この葉っぱと石拾っていいですか?」と聞いてきたので「いいよ~」言ったらまた笑顔になりました。

葉っぱや石などを拾い始めて、ある程度拾ったたらスクールに戻りました。

スクールに戻ったらカバンの中のものをガサゴソし始めて、ペットボトルと紙コップを取り出して何かを作り始めました。

なんなんだろうな~と思いながらも何も言わずに見守っていました。

一時間くらいたったころに「何作ってるの~」と聞いたらわかんないそうです。

分からない物を作っていて、でもこんなにも楽しそうにしてるってすごいいい空間だな~と思いました。

自分もそうですが分からない物を作るって難しいじゃないですか

少なくとも自分にはできないことだなーって思って、

この子はわからない物を作ってもこんなにも楽しそうでうれしそうですごく尊敬できることだと思いました。