{DBD9FE93-223E-4E06-ABCF-9C2521E7A34F}

 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんにちは。

今日も、私、たかおが

徒然なるままに、感じることを

お伝えしていきたいと思います。
  
 

  
  

人気ブログランキング   
  
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今まで、どれだけの時間を過ごしてきただろう・・・・・・・
 
 
 
 

誰かのため、何かのため・・・・・・
 
 
 
 
 
 

そんな時間の過ごし方から、
 

自分に向き合い、自分自身のために、
 
 
 
 

過ごそう・・・・・・
 
 

生きよう・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
そんな風に今まで思ってた・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも、鏡の前に立ち、
 
 
 

目の前にいる、自分自身の姿を
 
 
見つめたとき・・・・・・
 
 
 
気が付いた・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
今、私は、
 
 
 

『鏡の中の自分』
 
 
 

を見ていたということを・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
{D410BB33-C538-4C6A-ACE7-7110A8E2690A}

 
 
 
 
 
 
 
 
 
『鏡に映っている』
 
 
 

という、『自分以外の自分』を
 
 
見ていたということを・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
懐かしい感覚・・・・・・・
 
 
 

かつて・・・・・・
 
 

そう・・・・・・・
 
 
 

『鏡の奥の自分』
 
 
 
 
というものを感じていた、
 
 
かつての感覚を思い出した・・・・・・・
 
 
 
 
 
 

まだ、何かのため、誰かのために
 
 

生きていないときの、
 

自らの感覚を・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一人でいても、
 
 

何かに縛られない自分を・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
一人でいても、
 
 

何かと比較した自分を
 
 
感じることのない自分を・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 

いつの間にか、
 
 
 
 

無意識に、誰かにとっての、
 
 
 
何かにとっての、
 
 
 

自分を意識することが、
 

当たり前になっていた・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
誰かと、何かと比較することが、
 

当たり前になっていた・・・・・・・
 
 
 
 
 

本当の、自分自身に帰っていくことを
 

忘れていた自分がいる・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今、鏡に映る自分を見る・・・・・・・
 
 
 
私が見るべきものは、
 
 
 
『鏡の中にいる自分』
 
 

か・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
それとも・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
『鏡の、その奥にいる自分』
 
 
 
なのか・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
少なくとも、言えるのは、
 
 
 

鏡の中には、もちろん、
 

『私自身』はいないということ・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
今、映し出されている、私の姿は、
 
 
 
鏡の目の前・・・・・・・
 
 
 
 
 
つまり、
 
 
 
 
『鏡の奥』に
 
 
 
本当はあるということ・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もう一度見てみよう・・・・・・・
 
 
 
 
 
鏡の奥に映る、本当の自分を・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
鏡を覗き込む、
 
 
 

瞳の奥の輝きを・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日、ふと、お風呂に入っているとき、
 
 

ふっと感じた、懐かしい感覚・・・・・・・・
 
 
 
 
 

そして、お風呂から上がって、
 

鏡で自分の姿を見て感じたこと・・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
それが、上記に書いた
 
 
メッセージだったのです・・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
鏡の前の自分を見たときに感じることは、
 

自分自身に対する見方そのものだと、
 
 

私は、その時に感じました・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
髪のつや、表情、肌の感じ、
 
 
全体のシルエット・・・・・・・・
 
 
 

そういったことは、身なりを整え、
 
 
 

ステキな自分を保つうえで、
 
 
とても大切なことですが、
 
 
 
 
 
私は、ここしばらく、
 
 

ずっと、そういったことを
 
 
通じて『のみ』
 
 
 
 

自分自身を見るということに、
 
 
 
慣れすぎていたということ
 
 
 

に気が付きました・・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
それだけではなく、
 
 

本当に大切なのは、
 
 
そういった姿が、私自身に訴えかけること
 
 
について、感じ取ることこそ、
 
 
 
大切なことなんだ、、、、、
 
 
 
 

と、感じたのです・・・・・・・・。
 
 
 
 
 

目は疲れていないか・・・・・・・
 

顔の表情はどうか・・・・・・・
 
 
 

そして、目の前に映る、
 
 
自分自身の雰囲気そのもの・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
そのようなことを感じることが、
 

大切だし、
 
 
 

かつて、できていた自分がいたことを
 

思い出したのでした・・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人は、誰かがいて、初めて自分というものを
 
 
 

認識することができる・・・・・・・
 
 
 
 
 

しかし、
 
 
 
 
 
 
誰かの前に、
 
 
 
 
自分自身がいて、生きている
 
 
 
 
 
ということを認識することも、
 
 
 
 
 

その他の誰かを意識することと、
 
 
 
 

同じくらい大切なことなのだ・・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

久しく、忘れていた、その感覚を思い出したとき、
 
 
 

そのように感じました・・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
If you lose yourself,
 
 
 
 
 

Find out "In the Back of the Mirror" !!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
{458A17BE-A009-4D11-9E22-6BD3AE262BCE}

 
 
 
 
 
 
 
  
  
  
  
  
  
 今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。
  
  
 皆様が、暖かい光に包まれますように・・・・・・
 
  
  


人気ブログランキング