雪組公演、ONCE UPON A TIME IN AMERICA 特別鑑賞会、11日受付開始! | 薮下哲司の宝塚歌劇支局プラス

薮下哲司の宝塚歌劇支局プラス

映画・演劇評論家の薮下哲司(元スポーツニッポン特別委員)が宝塚歌劇はもとより映画、演劇など幅広い分野のエンターテイメント情報をお伝えしていきます。

    ©宝塚歌劇団photographer LESLIE KEE(SIGNO)

 

望海風斗、真彩希帆主演

雪組公演、ミュージカル「ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ)」特別鑑賞会、

明日11日午前10時から受付開始!

 

雪組トップコンビ、望海風斗、真彩希帆主演によるミュージカル「ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ)」(小池修一郎脚本、演出)は、2020年1月1日から宝塚大劇場で開幕しますが、毎日新聞大阪開発では1月9日(木)3時の回で「第12回薮下哲司さんと宝塚歌劇を楽しむ」と題した特別鑑賞会を企画することになり、明日11日午前10時から受付を開始します。

 

当日13時半に宝塚大劇場ロビーTV前に集合、エスプリホールで昼食(松花堂弁当)をとってもらったあと、私が望海の魅力や公演のみどころを簡単に解説、3時の回をS席(座席は当日までわかりません)で観劇というコースです。参加費は消費税込みで一人14000円。お申し込みは先着順で100人限定となります。

 

ミュージカル「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」は、1984年に公開されたロバート・デ・ニーロ主演の同名映画の世界初のミュージカル化。巨匠セルジオ・レオーネ監督が10数年の歳月をかけて練り上げた渾身の大作で、20世紀初頭のニューヨークを舞台に、主人公の少年期から壮年期、さらに初老までを壮大なスケールで描く男同士の友情の物語です。主題歌に名曲「アマポーラ」を使用、大ヒットしたことでも知られています。「エリザベート」など宝塚を代表する演出家小池修一郎が、自身の集大成として満を持して放つ大作ミュージカルにご期待ください。

 

 

チケット発売は12月7日ですが、小池演出による人気コンビの新作ミュージカルとあって売り切れ必至の公演になりそうです。お誘いあわせのうえお早めのお申し込みをおすすめいたします。

 

お問い合わせ、お申し込みは毎日新聞大阪開発☎06(6346)8784(平日10時から18時)まで。