思い出し記録のラストを飾る作品は、2012年月組「ロミオとジュリエット」です。
明日までにどこまでかけるかわかりませんが、宝塚に向かう新幹線の中で書いてみます。
 
★★
思い出し記録とは、生の舞台で観たみりりん(花組トップスター 明日海りおちゃん、みりおちゃん)の記録を綴る個人的な観劇感想です。

(台湾以降の感想のテーマは、テーマ「ブログ」にも混入しているので、どこかできちんと修正したいと思っています)

★★

 


この公演は、ロミオとティボルトをまさお(龍真咲さん)とみりりんがトップスター、準トップスターとして役替わりする公演でした。





トップスターが演じる役を役替わりするために、準トップというみりりんが最初で最後のスターとなった最初の公演でしたね。

昨年の花組博多座公演「あかねさす紫の花」もトップスターの役替わりでしたが、みりりんが演じる役が主役となる台本でした。

けれど月組の「ロミオとジュリエット」「ベルサイユのばらーオスカルとアンドレ編ー」は、台本はそのままでトップスターと準トップスターが役替わりするという、とても特別な公演でした。

まさみり、と呼ばれた2人は本当に様々な感情や苦労があったと思いますが、でもその重圧をはねのけて、きらきらと輝く夢のような眼福な舞台を作り上げていたと思います。




きらきらの舞台を実現できたのは、まさみりだけではなく、トップ娘役となったちゃぴ(愛希れいかちゃん)の存在も大きかったですね。

3人の並びは、今まで見た中で一番きらきらしていましたが、もしかすると明日から始まる花組公演「A Fairy Tale」のみりはなれい(みりりん、華優希ちゃん、柚香光ちゃん)もそれに負けずと劣らないきらきらトリデンテかもしれません(^^)




役替わりをしているので、ロミオとティボルトで、どちらのみりりんが好きかと言われると、私はやっぱりロミオ。

綿毛を持って登場したみりロミオを見た時、私は鳥肌が立ちました。

まさしくイメージ通りのロミオだったから。

(これはコレクションカードです)




では思い出しの感想です。



まずはティボルトからです。

みりりんがティボルトの舞台は、おそらく2回か3回観ました。 

とても端正なティボルト。

赤の衣装が印象的ですが、舞踏会の衣装も素敵でした。




ね、端正でしょ?

それまでティボルトを演じたメンバーが身長が高かったので、実際に舞台で見たらかなり小柄に見えましたが(みりりんごめんね)、尖った美しさと危険な男の子の雰囲気はとてもよく出ていました。




わたしがみりティボルトで一番感動したのは、死に様です。

ナイフで刺されて死ぬ時、階段に仰向けにもたれかかって仰向けで息絶えますが、その時に目を見開いたまま息絶えるのです。




なぜ今自分が死ぬのかわからない、と言っているかのように。

自分が死ぬのが信じられないというように。




そして、多分光月るうちゃん(間違えていたらごめんなさい)に目を閉じてもらうまでずっと目を見開いていました。



その演技に、私は鳥肌が立ちました。

それまでも大好きでしたが、その演技を見てこの人は本物だ、好きになって良かった、と再認識したのでした。





みりりんのロミオは、4回か5回観ましたね。

もうロミオそのもの。

登場シーンの綿毛を持ったロミオは、純粋ででもとても危うい美しさで、銀に近い金色のオーラを纏っていました。




恋に恋するロミオは、運命でちゃぴジュリエットと出会います。





この写真の場面の前の舞踏会で初めて出会った場面がとても好きでした。

音が消えて、お互いしか見えなくなって見つめあった時、みりロミオとちゃぴジュリエットは、まるで片羽根ずつ持った天使が出会った時のような、魂で惹かれあっているような、そんな風なオーラに2人で包まれるのです。




男女の恋ではなく、魂が惹かれあっている2人。




今思い出してもその純粋さに心が震えます。




そして、2人で永遠の愛を誓う「エメ」。





ロミジュリのお話は、真面目に考えるとすれ違いすぎてタイミングが悪すぎてすこし滑稽なのですが、2人があまりに純粋で美しくて、その美しさと儚さにただただ涙が溢れました。



最後のじゃれ合うダンスの2人は本当に可愛かったですね。

 

 



さて、本当はもっとちゃんと書きたかったのですが、とりあえずここで一旦筆を置きます。

明日は花組初日。

私もみりりんと一緒に最後まで走り抜けます(が体力もつかしら。寝不足で目が腫れすでに体調も悪くなりつつあります(^◇^;))

どこまで気力が持つかな。




いよいよ明日から、私にとってこれまでで最大のみりりん全力応援が始まります。

 

 


ハートおまけハートロミジュリのフィナーレのヒップホップみりりん。まだ少し幼い感じのみりりんだったけど、この衣装も私は好きでした。






★ブログ村に参加しています。 いいねのクリックが励みになります。m(__)m
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村