【#ワードプレスとホームページビルダー】

半引きこもりで鎖国状態の10年間、自分がいかに遅れているか気が付かなかった。

 

2016年夏、達人のショートカットをマスターし、パソコン仕事5倍塾で自信を取り戻した私は、

長年うまく表現できなかった理想のホームぺージ、ネットショップを作りたくてたまらなくなった。

ワードプレスというオープンソースを使ったホームページの制作方法。

今まで何度やっても挫折したワードプレス。これができればネットショップもきっとうまくいくに違いない。

 

躁症状は日に日にエスカレート。自我の暴走。根拠のない自信。いてもたってもいられない。

ネットショップの売り上げは相変わらずなのに、

「私はできる!!」

こんなことやっている場合ではない。4年半つとめたパートの仕事を辞めたくなり、やめてしまった。

 

自由な時間ができた。気持ちはやる気にみなぎっている。私の力を試してみたい。ネットショップV字回復。

長年使っていたホームページビルダーというソフトの付属のテンプレートを使わない方法を試してみよう。

トレンドを変えるというのも5倍塾で教えてもらったこと。

 

いつもは2階の精神世界の本を目的に出かけていた豊橋の精文館書店、

3Fに上がるとパソコンの専門書コーナーがある。30分ぐらい本を物色してウロウロ。

レースやお花のかわいらしいテンプレートが収録されているワードプレスの入門書を購入し、

それを片手に1日中パソコンの前に座って100ページ以上のネットショップのサイトをワードプレスを使って作り直した。

 

ワードプレスとホームページビルダー

両方ともホームページを作るツールであるが、考え方が根本から違う。

ワードプレスはサーバーにオープンソースをアップしてからサーバー上で編集する。

カスタマイズできるブログのようなもの

パソコンなくてもスマホでもタブレットでもどこにいてもネットにつながる環境があれば編集が可能。

 

ホームページビルダーはパソコン内でソフトを使ってページを作ってからサーバーにアップする。

編集もパソコン内、ソフトとサイトのファイルのデータが入ったパソコンがなければ編集できない。

 

家の作り方にたとえると、ワードプレスはボタン一つでネット上に家が作れる。

そして着せ替えのように、簡単にネット上に配布されている屋根を付け替えたり、部屋を作ったり、家具を置いたりしていくのだ。

誰かが作ったものの組み合わせで未完成な家だけれど、家を作るのにかかる所要時間はわずか数分。

リフォームも服を着替えるときのように自由自在。

 

一方ホームべージビルダーは誰かが作った骨組みを利用することもあるけど、

基本的には1つずつ自分で作っていく。個人がDIYで家を作るようなものだ。そして完成してからネット上に家を移動する。

時間がいくらあってもなかなか理想の家を建てることはできない。建て増しにつぐ建て増し。リフォームも莫大な時間がかかる。

 

おまけにワードプレスはレスポンシブというスマホに対応したデザインがほとんどで自動的に変換されるので

携帯用、スマホ用のサイトを作らなくてもよいのだ。

 

私はワードプレスを使ったサイトの制作に朝から晩まで夢中になった。

そして自分史上最高のネットショップのサイトを完成させることができた。