人生に奇跡を起こす魔法という大仙人が大仙人になる前(ミラクルクリエーター)の本があって

以前読んで何とも思わなかったのですが、2年半大仙人のサイエンススピリチュアルを聞いて本質が分ったのだと思います。

これすごいなと思ったところをご紹介いたします。

 

「自己の選択(チョイス)を尊重する」

われわれの人生は、あらゆる「自己選択の連続」ですよね。

意識的なもの、無意識的なものを含め、われわれが住むこの宇宙、三次元世界は、

直線的な時間の流れの中で人間に次々と選択を迫ります。

 人生はこのわれわれ自身が選択したものの連続で成り立っているということができます。

 

 ところが、往々にして、われわれ人間は自分のした選択に対して「間違った選択をした」

「あの選択のせいでこうなった」「あのとき違う選択をしていればもっとこうなっていたに違いない」

などど、あれこれと思い出しては後悔し、もう一度自分の選択を変更できないものか、と思い悩んでいます。

 

この悩みに対しては、私は断言します。

「自分のなした決断、選択を120%尊重する」

結果がどうであれです。

 

いや、結果があなたの望んでいたものでないならなおさらこれはもう「絶対」です。

 この世に「絶対」という言葉があるとすれば、まさにこの自己の選択を尊重することこそ、

実は、自分の夢を実現するもっとも近道なのです。

なぜでしょうか。

 

「出現する環境、状況、あらゆる出来事はあなたの意識波動、波長の100%反映である」からです。

 

そうです。すでに選択されたものに対する結果としての、外側に見えるあらゆる出来事は、

あなたの意識を忠実に反映しているだけのものです。そしてその出来事に意味づけをしているのは

「あなたのみ」です。

 

出来事本来には何の意味もありません。

と続いていくのですが、

大仙人がエネコとダイヤモンドコインを直観で選択し、いろいろな人が離れていったけどブレなかった理由がわかりました。

エネコもダイヤモンドコインもとっても危うい時があったけれど、つながってここまで来た。

だって大仙人が自分自身の選択を120%肯定しているから、この世界はすべて自分の意識の反映とわかっているから

どんな結果になっても大丈夫なんですよ。自分の意識を整えていけばいい。

 

私も出版コンサル反射的に決めちゃって(出版社も自動的に決まった訳で)

お金も創造する必要があるし、どうしよう?と考えたけど

私の選択を120%尊重します。どんな結果になっても。すべてはうまくいっている。それしかないのだ。