リッチアンドウェルシー会(セミナーや神社参拝の後の懇親会)

で、ビール飲んでご機嫌の大仙人が教えてくれること

案外真実だったりするのよ。これがね。また(笑)。

 

秘密の宴になかなか招待されなかった私が、

何度も招待されてる大仙人ファミリーの女子と比べて「私、何が足りなんですかね?」

と聞いたときに「メイク」って笑いながら言われたの。

(実はそれ以外にバツイチ独身のほうがいいらしい。私は再婚してるからダメなんだって。)

 

「男は作り物の美しさが好きなんだよ。」「努力の跡が見えると(バカだから)騙されちゃう。」

 

そんなもんかねー。と思いつつ。素直な私はとりあえず美塾の初級コースを1年かけて昨年12月に卒業。

そして年明けからは美塾の中級コース。大仙人のイベントよりも優先して参加。3月3日のお雛様の日に卒業。

女優さんのようなビジュアルの竹原典子先生の丁寧。繰り返し熱心な指導で、普段の魅力メイクを身に着けた。

 

一番喜んだのは旦那さん。前にもましていろいろなところに連れてってくれるようになった。

上級まで進んでもっとキレイになってほしいと言われたんだけど、

億り人キャンペーンはじまって忙しくなっちゃったしね。

習い事にお金をたくさんかけてハマりガチなジュピターイヤー。パソコンサポート終わったら

TOEICもお願いしちゃったし。本当にキリがない。

 

名刺用、プロフィール用の写真を撮るというのは前から考えていたことで

私の大好きなペガサスさんの本でもプロフィール写真撮影の話が出てきてた。

ペガサスさんの本のカバーにのってた写真がすごーく可愛らしい写真で、実物とちょっと違ったのですが、

ビジュアルって大事だよ。(キレイな人はやっぱり良く思われる。好感度高)

 

竹原先生の紹介で何人か写真家の人を紹介してもらった。

ほかにもフェイスブック友人でカメラマンいたけどなかなかね。決められなかったの。

最終的に今回は塚本ダイさんに決めたのだけれど、なんでかっていうと彼が猛プッシュの営業の人だったから。

ちょっと問い合わせたら、ぐいぐい来た。ぜひやらせてくださいってね。

大仙人も結構ぐいぐい来るタイプだよね。そういうのに私弱いのかな。ま。流れに乗ったともいう。

 

その2に続きます。。。