霊主体従(れいしゅたいじゅう)ってなーんだ?

スピリチュアルが本当の自分で、体はそれに付随するおまけ。ということなんだけど

意味わかりずらいよね。私も最初はさっぱり分からなかった。

 

大仙人の人生の目的が、霊主体従が当たり前の世の中にしたい。ということなんだけど

 

分かりやすく例えると、天動説と地動説みたいなもん。

 

地球に住んでて何も知らなったら地面が高速で回転しているとも思えないし、

太陽が地球の周りをまわっていると思うよね。

地球が太陽の周りを高速で移動しているとはとても思えない。

 

私たちは肉体があり、物質があるこの現実が主と思って生きているけど、

実は別の場所に本体があって、

仮想空間で肉体をもった人間として生きるというゲームをしている。

映画マトリックスがある意味表現しているけど、本当にそうなんだってば。

 

思考は現実化する。

 

最近みんなが言っていて当たり前のようになってきたけど

(ビジネス塾でも教えている)

じゃあなんで思考が現実化するの?その仕組みは?

といって納得のできる説明ができる人はほとんどいない。

それでかなう夢とかなわない夢があるけど、それはどうして?も説明できない。

 

大仙人なら説明ができる。サイエンススピリチュアルの理論でね。

それでその宇宙真理の法則を理解して、実践すると確信が生まれる。

本当にそうだと実感できるの。そしたらどんどんミラクルおきちゃう。

いいことも悪いことも起きるけど、それに一喜一憂しない。

本当に望む世界へ行くのは決まっているのだから。

 

今まで私は精神世界のことを勉強してきたけど、

この肉体次元の世界と何らかのつながりはあって影響しあっていると思っていたけど

別の世界の話だと思ってたの。

 

でも大仙人の話聞いて違う。そういうことじゃない。

 

精神世界の中に現実があるのだ。

だから精神世界(心の在り方)が映し出したとして表れているのが肉体のある3次元の世界。

精神世界が主で肉体世界が従とはこういうこと。

 

夢か現かっていうじゃない。夢と現実は同じものって言ったらアレだけど。

基本構造は一緒なの。現実のほうがより本物感、リアリティ感が高いだけ。