受験シーズンですね。

億り人実践1の課題アニメである”僕のヒーロアカデミア”は無個性だった主人公デクくんが

ヒーロー輩出の名門 ユウエイ高校の受験にチャレンジするところからスタートします。

 

でさ。この受験が面白いの。(見てない方。ネタバレごめん)

今の3次元での日本の受験ってさ。いかに人より優れた点数取るか、面接で好印象を与えるか、

内心点を高くするかがポイントでしょ。人より。。ね。個の力のアピール。

 

ユウエイ高校はもちろん個人の能力や個性も見るのだけれど、

裏の採点方法があるの。それは人を助ける。レスキューポイント。

だって世の中を救うヒーローを輩出する高校だから。

 

これこそがまさに私が課題アニメにした理由。

 

お金創造の宇宙法則は自分のことだけ考えてたらあまりお金は入ってこないのです。。

だから視点を高く持つこと。俯瞰してみる。抽象度を上げるということ。

多くの人を助けるとか、多くの人を喜ばせたり、楽しませたり、することが高得点(お金持ち)なのね。

 

自分や家族、友人など周りの親しい人たちだけが、得したり、損したり、

そういうことだけ考えている人は高得点(大金持ち)にはならないの。

 

だから自分が130万円出して損したらやだー(だまされちゃって、変な人と思われるのイヤ)

っていうことはまず横に置いといて。

私が、大仙人がどうしてこの課題をお勧めするのか、まず説明会に行って確かめてみて。

その時に俯瞰してみるのがポイント。

 

あとね。お金ほしいけど、お水の代理店いりません。っていう人。

自分の都合の良い(思う通り)には豊かさってこないのよ。

これはいいけど、これはダメ(いらない)という人もあんまり大きなお金は入らないわね。

清濁併せ吞むというか。人生いいことも悪いこともくるでしょ。解釈の仕方次第なの。

ここのお水の代理店って実はすごい価値があるのよ。それはまた今度書くね。