高田馬場の預言カフェに行ってきました。

”予言”と”預言”の違いがありまして、

預言は神様の言葉を預かって(降ろして)くれるということですね。

預言カフェではキリスト(主の)言葉をいただけます。

 私は、集客の仕事をやっていく中で、個人的にメッセージを送ったり、
コミニュケーションを高めて信頼関係を築く、こうすればいいというノウハウは
勉強したのですが、実際それが行動出来ないということを何回か経験しました。

 なぜかネガティブな感情が沸いて、行動するのがバカバカしくなったり、
手順をすっ飛ばしたり、出来なくなったりするのです。そんなのうまくいかない。
面倒くさい。やりたくない。怖い。そんな感情が湧いて、結果うまくいかないと
か人間関係のトラブルになったりしたのです。

 昨年12月にイベント集客に失敗し、
自分のコミニュケーション能力のなさが露出して落ち込んでいたときに、ビジネ
スの先生、久家先生からディールカーネギーの「人を動かす」を教えてもらいま
した。昔読んだはずなのに全然覚えていないし、興味もわかなかったけど何回か
読んでみました。(先生は7回読むようにと言われたが、とても7回も読めなかっ
た。)

「人を動かす」にもあるけど、意見の違う人がいた場合、自分の正当性を主張す
るというのは、その人と信頼関係を築くのに最悪というのは知識として知ってい
るはずなのに、それを止められなかった自分(自分が否定されたと思って、相手
に自分を認めさせるために言わずにいられない)を最近発見して「これは何?」
と思ったのですね。

内観していったら子供の頃の自分を発見。
母親のネガティブな感情が怖く、自分自身を守るため、母親の受けがいいような
良い娘を演じている。自分のやったことが誤解され、関係ない妹が母親に叱られ
ていて、でも私がやったと言い出せなくて「私がやったんだよ。本当の私を見て。」っ
て言っている。

なんだコレー!!私の信念なのか?と思って、
ずーっと苦手意識のあった母親や姉妹との関係をクリアにするために新地亜紀さ
んのSASという信念再構築セッションをZOOMで受け(この時の話しもいずれ書こ
うとおもっています。)仕事で連休が取れたので、4年ぶりぐらいに実家に帰り
ました。

 関係は劇的に改善することはなかったのですが、SASを受けた後というのもあって、私の中で「実家に帰る」という苦手意識はかなり改善され、手応えを感じました。

 ロングスティはヘビィなので、ショートステイを繰り返して
少しずつ信頼を回復していくしかない。父親に会う過程で、妹にも会えたけど、早
々に予定を切り上げ、電車(西武線)へ。

 池袋についたのが午後1時半すぎ。
せっかく東京方面来たのだからどっかに寄ってから帰りたいと思ったときに、以
前池袋のスピリチュアルカフェを探したことを思い出してi-phoneで検索したら
関連の場所として高田馬場の「預言カフェ」が出てきた。

14時からのオープンだからオープンちょっと前に高田馬場につくことができる。
口コミを見たら、最近はそう並ばなくても入れると書いてあった。預言カフェ前
から興味があったんだよね。スピレポ真理子としては一度行ってみるのもアリだ
な(メルマガのネタになるし)と思ったので山手線に乗って高田馬場へ。

グーグル・マップでナビしてもらって数分。たどり着いた預言カフェ


赤を基調としたガラス張りでオシャレで明るいカフェでした。

数年前、預言カフェの記事を読んた時イメージしていたのは雑居ビルの2階
かなんかにあって、階段に人がいっぱい並んでいて怪しさ満載のカフェでしたが、
それとは違いました。

中に入ると受付まで通路があって、待っている人でいっぱい。
(中には椅子もあります。)オープン10分前について記名表に名前を書くと14時
半~のご案内ということでした。実際席によばれたのは15時すぎ。約1時間の待
ち時間でした。

その2に続く。

 

元ネタ 読むだけでキレイ&ラッキーに!月のわ通信∞1165号 預言カフェその1 ゼロから始める#11