しばゆめじの今日このごろ

しばゆめじの今日このごろ

しばゆめじのブログ


テーマ:


最近の白髪事情





おじちゃんの白髪に目が行かなくなった





髪が伸びたら、白黒のコントラストがまた楽しくなってきた




いずれ白くなるんだろうな、、と思ったら、残ってる黒髪が愛らしくなってきた








髪と顔とスタイルはワンセット
(ついでに心も)





白髪染めしてた頃の髪の色は
自分的にいつもいまいちしっくりこなくて


服もいまいちパッとしなくて


ついでに顔も素朴でいまいちパッとしなくて
(↑これはしょーがない)



自分に関心があんまいかなかったんだけど、







白髪染めをやめて

グレーヘアが完成した自分を見たとき、




「これぞ自分!」

「やっと本当の自分にあえた」



と思ったんですよ。
ほんと、しっくりはまったんです。








世間の白髪の壁がやけにぶ厚くて重くってまぁ〜
いろいろありますが、

そんなこんなも全部ひっくるめて


今も素直に思います






「この頭にしてよかった」












テーマ:


こ寒くなってきましたね。


コートが欲しい季節ですね。


買い物が苦手なわたくしは、コートひとつでも一苦労。。




でも今年は、選んでもらおうって決めてたんで、なんの心配もなく。


ショッピング同行、白髪の冬。です



パーソナルスタイリストの友人が選んでくれるものはいつも、
似合うのはもちろんのこと。
わたしの好みと癖とウキウキをほんと解ってくださってる。



そして
この白髪あたまをカッコ良くしてくれる



彼女とのショッピングはほんと楽しいです







これまたカーキ色にグレーヘアがいいんですょ







テーマ:

去年2017年の5月、
三越のグレイヘアイベントで
ねぎさんと出会って名刺をもらってから、



GRAYHAIR TOKYO を陰ながら応援しておりました。





あれから1年と4ヶ月あまり。
  


初参加です。

「グレイヘア≠シニアと思う人」オフ会




ねぎさんをはじめ、会いたい人に会えました。





オフ会の後も帽子屋さんに連れて行ってもらい、
そこでもステキな出会いがありました。




この1日でまた自分の中の世界が変わった(気がする)





個人的に気に入ってる写真です。

松屋の帽子屋さんに向かう途中(Photo byねぎさん)



右から
「大草原のプラチナの君」なつ季さん

「ロイヤルブルーの森の妖精」Zephyr ゼファーさん

「しばゆめじ」


(↑わたしの勝手なイメージです)






ねぎさんステキな会をほんとにありがとうございます










テーマ:


「白髪は死ぬまで染めるもの」


だと思い込んで生きてきたわたしが、
「アラフォーで白髪の人」になろうとした頃、

同じような人がいないかネットでそりゃー必死に探しました。




でもネガティブな記事しか見つからず、
あまりの批判的な言葉の多さに、
白髪の壁はこんなにも厚いものなのかと。


若くして白髪のままで生きるのはそんなにも厳しいのかと。




当時だいたい、ネットで検索して出てくるのは


・白髪が似合う、年配の女性芸能人。



うーん、、そーでなくて。



・グレーヘアなダンディな人たち。



いや、そーでなくて。



・外国の若い方のグレーヘア、グラニーヘア。



カッコイイけど、平たい顔にはピンとこないなー。





きっと日本にもたくさんいるであろう、
若くして「白髪染めをやめた」「白髪を染めない」人たち。

同年代の人たちの情報が欲しかったんです。

、、けどほんとーに見つからなかった。






今は見つかります。
探せばぐんぐん情報が入ります。

ブログや本、テレビでのグレイヘア特集などでも
悩んでる方たちの助け舟になりますが、

実際に会う。
これは相当な後押しになると思いますよ。





しばゆめじ、カメラ担当予定です(スマホ📱)









テーマ:

秋めいてきましたね。


この夏は白髪染めもパーマもかけない、ほぼ100%の地毛でいけるかどうか試してみました。



パーマもストパも縮毛矯正もしない日々など
おそらく高校生以来な気がするので、



こんなだったかな〜と
まとまらないちりちり加減に
なんだか新鮮さを感じています。




蒸し蒸しな季節をやり過ごせたので、
このまま秋冬にむけて伸ばしてみようかと目論んでおります









グレーヘア、白いとこ増えてる気がしますね。

光の具合?それとも頭ちりちりでそう見えるんでしょうか
















テーマ:

いよいよ夏がやってきますね。


その前に、天パ天敵の梅雨を乗り越えないと。


うねうねのちりちりですけど、
今年は縮毛矯正もパーマもかけずにいってみようかと思っております。


正真正銘の地毛です。




さておき、パーソナルスタイリストの友人に、
夏バージョンのコーディネートをお願いしました。


以前の冬のショッピング同行があまりにも楽しかったもんで








いやあ、あらためてほんと、グレーだね頭





テーマ:


白髪を染めてても



白髪染めをやめても



「白髪のこと」で、悩んだり気にしたり。の日々は変わりません。


きっと当分は無くならないもんなんだろーなーって思ってます。




でも

ひとつ大きく変わったのは、



「白髪への嫌悪感がなくなったこと」



当たり前ですけど、あーあーまた白髪がでてきたー。とか無いので、白髪が嫌。という感情が全く無くなっちゃいました。


むしろ、この頭の白髪と黒髪のコントラスト?が楽しくてたまりません。



わたしはやっぱりこの白髪頭なんだなと。






そして

グレーヘアという言葉がもっと広まったら嬉しいな、と思います。


「ほら、あの人、〇〇さん、えーーっと白髪の、、頭のしろい、、、白髪を染めてない、、、」


なーんて、なんだか表現しにくい、お互い気の遣いまくりな説明も、



「ほら、グレーヘアの〇〇さん、、」


こんな感じだと、マイナスイメージが少なくて、なんだか話しやすい。気がする



おしゃれな言葉だなぁ、グレーヘア 。







少なくともわたしは、白髪の話題はウエルカムです。


もし、なんでだろとか、理由とか、気になったらグイグイ話しかけてきてくれたらいいな







テーマ:



白髪染めをやめたいと、思った時にやめれる世の中になればいいなと常日頃思っておりますが

なかなかむずかしい。




わたしがやめようと思ったときは41歳でしたので、

自分が白髪の人になる。という決意に、
もういっちょ背中を押してくれる言葉を探してました。




わたしの決定打はこれでした



「少しでも顔が若いうちに移行する」





年齢はその人それぞれになると思いますが。
自分はきっと、先延ばしにすればするほど実行できなくなるんじゃないかと踏みました。



悩まずにグレーヘアにする人は少ないと思います。

むしろ悩みまくってると思います。







少数派の意見だと思いますがあえての後押し。



白髪染めをやめたいと
『本気で』思ったとき→即Goです

















テーマ:


白髪染めをやめ、カラーしてた部分を全てなくし、
完全に自分の髪色になってから、
もうまもなく2年になります。


だいぶグレーヘアに対する思いみたいなのが
固まりつつある感じです。



「グレーヘアが似合う人になりたい」


と漠然たる思いはあれど、
服装などの流行に疎く、おしゃれに縁遠いわたくし。



ですがこの度縁あって、パーソナルスタイリストの友人に選んでもらいました。



『わたしに似合うスタイル』を。



その模様はこちら。
しばゆめじ、ここでは顔出ししてます
現場の楽しさが顔ににじみでちゃってますが




テーマ:

{5437345A-818F-4A66-AF98-8B50079D0805}
最近、

外出していて自分がグレーヘアであることを忘れる時があります。


てことは常日頃考えてるってことですね。
はい。考えてます、何かしら。


たいていは自分の中で楽しんでますけれど。






いま、夜間の学校へ通っているので、渋谷に週2で出没してますが、

この町を歩いていると、外国人もたくさんいるし、派手で奇抜な人もいるし、オシャレで目立つ人もいるし、
なんだか「こんな人もいていいよねー」的な気分になります。




旅先では、団体旅行中のシルバー世代に遭遇すると、白髪まみれの輪に便乗して、
1人勝手に仲間意識を持ったりしてます。





でも普段見かけるグレーヘアはもっぱらおじちゃん、おじーちゃんおばーちゃん。

たまに若めのおとうさんが白髪混じりだったりすると、

「いいグレーだね」
と心の中で思ったりしてます。




ちょうどいま自分の頭が、短く切りすぎてごま塩状態で、
おじちゃん感が否めないヘアスタイルになってます。

こりゃあちょっといかん。
せめておばちゃんで(笑)






{20CBDFBF-86EF-4732-9FD5-D6C289667115}

メリークリスマス







Ameba人気のブログ

Amebaトピックス