Falcon 1成功!! | 堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」
2008-09-29 21:41:40

Falcon 1成功!!

テーマ:宇宙・科学関連
ファルコン1の4号機、打上げ成功

ネット業界では、eBayに買収されたネット小口決済サービスPayPal創業者のイーロン・マスク氏といったほうがなじみやすいかもしれないが、彼が率いるロケット開発・打ち上げ会社のSpace Xがついにやってくれた!

世界初の民間企業が開発した本格的液体燃料ロケットでの打ち上げ成功!である。
これまでも3回打ち上げし、前回は冷却方式の変更後の一段目の燃焼終了後の残存燃料による加速で二段目にぶつかったという、惜しいトラブルだったため、今回の打ち上げは成功の確率が高いのではないかと思っていた矢先のことであり、素晴らしい成功であった!

思えば3年前、X Prize Foundationの会合の席でイーロン・マスクに会ったことがある。X Prize代表のPeter Diamandesは、「彼はNASAが数千億の予算を掛けて設計するロケットエンジンをたった、数十億でつくってしまったんだよ」といっていた。イーロン・マスクは、PayPalの売却後Space Xを設立し液体燃料ロケットの技術を技術者ごと、とある軍需系企業から買い取ったらしい。

賛否両論あろうが、ロケット開発の分野でもこういった偉業を成し遂げるベンチャー企業を輩出してくる、アメリカの環境は凄いと思う。まあ、ロケットエンジンの実験など、問題なくできる広大な砂漠もあるし、イーロン・マスクのようなベンチャー企業で財を成した企業家もいる。この分野を重要産業に位置づける瀬政府の戦略もあるだろう。

来年には、有人宇宙カプセルDragonも打ち上げ可能な、Falcon 1エンジンを9基搭載したFalcon 9の打ち上げも予定されているようだ。

とにかく素晴らしいことである。自分のことのようにうれしいし、ちょっとうらやましくもある。

追記:これによって、2010年退役予定のスペースシャトルの代替機としての、Falconの可能性が高まってきたとも言える。スペースシャトル退役後、後継有人宇宙計画「オライオン」の有人飛行開始は2015年に予定されており、その間の国際宇宙ステーションへの米国の輸送手段は、ロシアのソユーズに頼らざるを得ない状況に追い込まれている。

しかしながら、グルジア紛争での米国とロシアの関係悪化などのため、議会でその予算を通過させられるかどうかは微妙な情勢である。しかも、ロシアが実用的な有人宇宙飛行は事実上独占している状態にあるため、最近3度続けて成功している中国の神舟宇宙船を使うことも検討していて、実際に接触しているとも言われる。

しかし、結局は中国もロシアと同様、潜在的にアメリカとの対立する軸にあり、中国も政治的な道具として使おうと思っているし、それを米国がよしとしない可能性は非常に高いだろう。民間企業とはいえ、アメリカの企業が有人飛行可能な宇宙船を打ち上げられる技術を持つことはメリットが大きいはずだ。

しかし、まだエンジン一基のロケットの初打ち上げに成功しただけであり、これから有人宇宙船の開発や、エンジンのクラスター化も行っていかなければならない。道は険しいが、チャレンジすることは非常にエキサイティングである。



takapon(巷ではホリエモンと呼ばれています)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース