体はメイクすることができる | ペキン堂鍼灸院

ペキン堂鍼灸院

【深刺鍼】 
【根治治療】 


テーマ:

10年位前、

ある整体の勉強会で講師の方が、

 

 

「脳を書き換える」というワードを

使っていたのを覚えています。

 

 

当時は、

脳を書き換える?なんのこっちゃ?

意味が全くわかりませんでした。笑

 

 

最近になって、

急にそのことを思い出しまして。

 

 

脳を書き換えるとは、

いつもとのカラダの使い方を変えて

脳から神経に指令をだす回路を

変えてあげるという意味だと解釈しております。

 

 

言葉にすると小難しい感じがしますが、

 

例えば、

口を大きく開けて顎の関節を広げた際に

顎の関節辺りがコリコリ、カクっと音を出します。

 

 

コリコリと音を立てる言うことは、

その角度でいつも顎の筋肉を使っているので

周辺の筋肉や腱、靭帯に負荷が

かかっているということです。

 

 

しかし、

その口の開け方でなくてもいいわけで、

特に決められているわけではありません。

 

 

自分自身がその角度で開けたほうが良いと

無意識に判断して習慣化しているだけです。

 

(外からの影響で角度や使い方が変わってしまうこともあります。)

 

 

良いか悪いかは別として、

やや前に出してからお口を開けてもいいし、

一度、横に広げてからあけることもできるわけです。

 

 

つまりは、そのコリコリと音を立てるところで

口を開けることが習慣になっているだけで、

 

 

開け方の方向をいつもと違う状態に変えて、

それを習慣化することが、

いわゆる「脳を書き換える」ということです。

 

 

そして、我々がクライアントさんの

筋肉の使い方を是正していくにあたってできることは、

 

手技で筋肉を緩めて、

いつもと違う正しい角度に筋肉の使い方を

誘導していくことだと個人的には解釈しています。

 

 

そんなことを考えているうちに、

筋肉はメイクできるものだな、

そんなふうに思ったりもします。

 

 

そういえば、

東洋医学には経絡という

12本の走行があります。

 

 

経絡には気、血、水が通っており、

それらは生きていく上で

必要不可欠なものとしています。

 

 

実は、

その経絡がズレることがあります。

 

 

経絡がズレるとは

どういうことかと言いますと、

電車には路線というものがありますよね。

 

 

仮に路線がグニュンと曲がってしまうと、

電車はうまく通れません。

 

 

そのズレが起こっているということは、

経絡がズレているということで、

伴って、筋肉および、骨、内蔵、血管、神経も

何かしらのズレが起きています。

 

(経絡はそれぞれの臓器と繋がっているという考えです。)

 

 

大変なことのように聞こえますが、

皆、どこかしら多少はズレが生じています。笑

 

 

また、そのズレや違いがあるから

各々の個性があるとも言えます。

 

 

ただし、ズレが過度に起こると

それはそれで問題が生じます。

 

 

ポイントとしては、

ズレが小さいうちから

是正するのが一番です。

 

 

それができれば大きな症状や疾患に

発展することも防げます。

 

 

当院ではそんなズレを

是正することに着目しております。

 

 

鍼と当院独自の整体を組み合わせて、

お体をもとのポジションに

限りなく近づけていきます^ ^

 

 

いよいよ2018年も師走ですね。

 

 

多少はムリをしないと

いけないときもあるかと思います。

 

 

そんなときこそ、

良質な睡眠を心がけて頂き、

せめて食事の栄養には

気を使ってお過ごしくださいませ。

 

 

大げさに聞こえるかもしれませんが、

それが、自分を愛することにも

繋がることかと思います。

 

 

本日も最後までありがとうございました。

 

 

ペキン堂鍼灸院HP

 

(追伸)

 

よかったらLINE@で友だち追加してください。

今後、動画やブログなどの健康情報をお届けしていきます。

 

友だち追加

ペキン堂鍼灸院@大須 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス