0ポジションと量子力学 | ペキン堂鍼灸院

ペキン堂鍼灸院

【深刺鍼】 
【根治治療】 


テーマ:

量子力学の分野では、

元をたどれば人間をはじめ、

全ての物質はエネルギーの粒

と捉えるようです。

 

 

そして、病気になるのは

その小さなエネルギーの粒が

弱化することが理由にあげられる。

 

 

ミクロの世界で体を捉えていくことが

これまでなかったのでなんだか興味深いです。

 

 

筋、骨、内蔵、血液も脳も

すべて原子でできている。

 

 

エネルギーの粒を拡大してみてみると、

ぐるぐると回転しており、

 

 

エネルギーが弱っているときは、

その回転数が弱くなっているそうです。

 

 

このエネルギーの回転が、

我々の生命維持に関わっているのです。

 

 

逆に言うと、

このエネルギーの回転が安定していれば、

病気とは程遠いところに存在すると言えそうです。

 

 

マイナスになっているものを0に近づける、

プラスになっているものを0に近づける。

 

 

なんだか、

東洋の考え方のひとつである、

陰陽学説と重なります。

 

 

すべての物事は陰陽に隔てることができ、

陰と陽は互いに制約、対立の関係にあり、

お互いにバランスをとっている。

 

 

陽と陰、

男と女、

攻撃と防御、

前と後、

昼と夜、

天と地、

奇数と偶数

 

 

どちらも単独では存在し得ない無二のもの。

 

 

これらのバランスがうまく調和されている図が、

皆さんもご存知のいわゆる太極図というやつですね。

 

 

 

 

この太極図も見方によっては、

0ポジションを指していると言えそうです。

 

 

他の言い方ですと、

ニュートラルなポジションとか。

 

 

ここ最近は、

いかにクライアントさんのお体の状態を、

0に近づけることができるか...

 

 

目下(もっか)の目標でもあります^ ^

 

 

症状や、疾患を追わず、

体の状態を0に近づける。

 

 

そうすると、

自ずと症状や疾患は

シンプルに大小事の結果であると

捉えることができそうなものです。

 

 

本日も最後までありがとうございます。

ペキン堂鍼灸院@大須 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス