まずは、筋肉が硬くなる理由を知って対処する | ペキン堂鍼灸院

ペキン堂鍼灸院

【深刺鍼】 
【根治治療】 


テーマ:

筋肉が固くなる理由はいくつかあるのですが、

固くなる原因の一つに「動かさない」があります。

 

 

筋肉は動かさないと固まる性質があるのです。

 

 

動物は「動く物」というのは

本当にそのままを指しているなと思います。

 

 

基本的に動いていると筋肉は固まりません、

しかし、間違った使い方をしている人は別です。

 

 

誤った筋肉の使い方をしている人のために、

それは次回で説明していきます。

 

 

じっと同じ姿勢でいると固くなる

というのは当たり前の話なのですが、

筋肉が硬い人の何人かは、

それを普段からやってしまって

いる可能性があります。

 

 

同じ姿勢でわかりやすいのが、

寝たきりの老人です。

 

 

寝てばかりでは動かないので、

次第に筋肉が拘縮して、

関節を動かせなくなってしまいますね。

 

 

この事例と近いのが

デスクワーカーの

腰痛パターンです。

 

 

じっと座っていて腰が痛くなる方は、

座りながらでも腰椎や股関節を

固めてしまっている可能性があります。

 

 

はたしてそれを、

動かすことはできないでしょうか。

 

 

答えは「できる」です。

ここに、同じ姿勢が続くことで

痛みがおきている方の

腰痛をなくすヒントがあります。

 

 

同じ姿勢が続いて

筋肉が固くなるのなら、

筋肉を動かして

伸縮させてあげればいいのです。

 

 

それは座りながらでも

できる動きのはずです。

 

 

ここ最近、自分のカラダを

「緩めるコツ」を掴みまして、

なんと小学5年生位の時の

キレキレの感覚が戻ってきています。

 

 

筋肉が無緊張の状態ってこんなにも、

心身が軽く感じるんだなぁと感銘しています。

 

 

大げさかもしれませんが、

これまで筋肉が硬くて

慢性痛を起こしている人からしたら、

無緊張状態の筋肉をつくることは、

人生に希望を見出すことと同義であると

言えるさえ思っております。

 

 

私が目指すところは、

その場限りの痛みの緩和ではなく、

一度筋肉を緩めたら、

すっとその状態を維持するということが条件です。

 

 

限りなく「完治」に近い状態です。

もうすぐ、そこにたどり着きます。

 

 

今はそれぞれの筋肉や関節に対する

効果や理論を様々な角度で検証中ですが、

今後はクライアントさんにも体感して

頂けるように急ピッチで準備、行動しております。

 

 

本日も最後まで

ありがとうございました。

ペキン堂鍼灸院@大須 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス