大晦日

 

2018年も残すところあと8時間

 

 

SEPTのことは振り返りましたが

 

個人としてもたくさんことがありました。

 

 

病院で正式に喉が歌や声を張る仕事に向いてないと言われるも

 

久しぶりに「SEPTの杉浦タカオ」ではなく、「杉浦タカオ」個人としてライブに出演したり

 

SEPTでもステージで歌って、ギター弾いたり

 

ボイスのお仕事をいただいたり。

 

 

落ち込んだ先からバネにして乗り越えようと必死でした。

 

でも、求めていただける限り、自分で表現したいことがある限り

 

続けていけると、確信を得る一年になったと思います。

 

 

他のお仕事についても

 

これはまだ来年以降のお披露目になっていきますが

 

いろんなお仕事のお話をいただいて企画してみたり

 

毎年変化がちゃんと起きているのだなと。

 

 

本当に感謝です。

 

 

息子や娘たちも

 

 

息子は幼稚園に入学し、最初は泣いていたけど、今では幼稚園が大好きになっている。

 

いろんなものに興味が湧いたのか

ギターを弾きたがる。

 

もちろん音がなるのが楽しい、っていうレベルの弾きたがり方ですが

 

こうして興味を持ってくれたことが嬉しい。

 

来年は少しづつ教えて行くのもいいのかもしれないなと。

 

 

娘は1歳8ヶ月となり

 

走り回り、喋り、自己主張し

 

なんだか男前な飲み方w

 

ご飯も自分で食べ、自立心がとても出てきた。

 

ちょっと前までは疲れて途中から食べさせていたのに

 

今では食べさそうとすると怒る時があるほど。

 

 

めまぐるしいほどに成長している。

 

 

子供達の成長を目の当たりにして

 

パパも頑張ろうと心から感じる。

 

 

精一杯仕事して、家族とも多くの時間を過ごして

 

時間の使い方をちゃんと考えられるようにしていこうと思う。

 

 

 

 

2018年も多くの仲間に支えられて今日に至りました。

 

2019年も、一緒に歩んでくれる仲間達とともに

 

もっともっと届けていきたい。

 

「SEPT」というエンターテイメントを届けて行きたい。

 

 

そして毎年変わらないことは

 

一番感謝を届けたいのは応援してくれるみなさんなんです。

 

 

みなさんの応援があってこその自分であり、SEPT。

 

来年もその応援に応えていけるように

 

 

主宰として

 

脚本として

 

役者として

 

そして、アーティストとして

 

 

みなさまの前に立ち続けられるように

 

来年も全力で挑みますのでどうぞこれからも応援、よろしくお願いします。

 

 

今年も応援していただき

 

本当に、ありがとうございました。

 

 

2018年も残すところあと少し。

 

みなさま素敵な2019年をお迎えください。

 

それでは皆様、良いお年を。