ちょっと量販店に用事があったので

 

息子と共に買い出しに。

 

 

息子は近くの量販店のことを

 

「金魚のとこ」

 

と呼んでいた。

 

 

動物や魚が大好きな息子

 

金魚コーナーがあるそこはまさに水族館の如し。

 

しかもよく行く場所だけあって息子の中では

 

「すぐに行ける楽しい場所認定」されている。

 

 

 

最近は成長とともにちゃんと店名を言うようになったのですが

 

 

つい、思い出が勝ってパパは

 

「金魚のとこ行こうか!」

 

と言ってしまう。

 

 

するとすかさず

 

「え?〇〇?」

 

息子に正されることもしばしば。

 

うん、子どもの成長に親もしっかりついていかねば。

 

 

大きくなったよなぁ。

 

前までは水槽が見えなくて抱っこして見ていた。

 

今では見たい場所に自由に行って見ている。

 

一人感慨深くなってハッと我に帰る。

 

 

「どこで思い出深くなってんねん」とw

 

 

満足した息子に付き合ってもらい

 

目当てのもを買い、楽しく帰った。

 

 

 

いつもの公園、駅前の道、通った本屋、よく行くうどん屋

 

そこら中に思い出がある。

 

そしてこれからも増えて行くのだろう。

 

 

ふと思い返す日でした。