参議院定数6増案は党利党略の極み | めげない!たかちゃん日記

めげない!たかちゃん日記

藤岡隆雄オフィシャルブログ


テーマ:
こんにちは。




この時期は挨拶まわりをしているとあじさいが心を楽しませてくれます。

さて、米朝会談のドサクサに心底呆れるような話が浮上してます。

それは自民党の参議院議員定数6増させるという案です。

この人口減少の時代に国会議員を増やすこと自体がもうめちゃくちゃで国民を愚弄しているとしかいいようがありません。

しかも選挙区の合区に伴い、党の中で選挙区を失う2人の議員を救済するために、従来の参議院の比例代表の選挙制度に変更を加えようというものです。具体的には参院の比例の選挙は、党が獲得した議席の枠内で2枚目の投票用紙に個人名を沢山書いてくれた候補者から当選していくルールを、簡単にいえば特別枠として党が名簿で2人だけ別枠で順位を1位、2位と指定できるようにするものです。
自民党の党利党略の真骨頂の案であり、選挙制度を複雑にするもので到底認められるものではありません。

こうした参議院定数増案が出てくること自体、呆れるものです。

私たち国民が本気で目を覚まし、今の政権をとめていかねばなりません。

せっかくですから少なくとも人口減少に従って自動的に議員定数が削減される案を提案します。


藤岡隆雄さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス