これでは国民を守れない | めげない!たかちゃん日記

めげない!たかちゃん日記

藤岡隆雄オフィシャルブログ


テーマ:
こんばんは。

さて、今度はまたしても加計学園の問題が再燃してきた。

いつまでこの問題をやっているのかと思われる方もいると思います。

しかし、この問題からみられる政権の体質を考えると、この問題をうやむやで終わらせてはいけない。

当時の秘書官と愛媛県の面会は多くの識者も指摘されているように、当時の秘書官が「記憶の限りでは」「会ったことがない」と、留保をつけているのだから間違いなく会っているのだろう。

こんな異例の面会を覚えていないはずがないからほぼ間違いなく、当時の秘書官は会っているのだろう。

そうだとすれば総理やその周辺が組織ぐるみでウソをついているのだから重大な問題である。

森友も含めて一連のウソや隠ぺいと思われることからすると、不都合なことを言えないのでは、外交安保でもうまくいっている時はよいが、ひとたび失敗をはじめた時、大本営発表を繰り返すような印象を持つ。

これでは国民を守れない。

そもそも政策は何らか総理が関わりを持つのだから、総理の意向といえないような話がある段階でおかしいとすら言える。加計の問題は総理の意向といえば済む話ともいえた。それを頑なに否定して、多くの官僚達をウソで塗り固める情報操作に向かわせるさまは異様である。

このような安倍内閣は1日も早く退陣すべきである。




藤岡隆雄さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス