佐川長官より前に責任をとるべきは | めげない!たかちゃん日記

めげない!たかちゃん日記

藤岡隆雄オフィシャルブログ


テーマ:
こんばんは。

佐川国税庁長官が辞任しました。あの森友学園に対する国有地売却のいわば実質的には方向性が見えていた中で、最終的な契約締結とその後に問題が発覚した後の国会説明や決裁のときの担当ということで責任をとる形となった。

はっきりいって、真っ先に責任をとらされるというのでは、誤解を恐れずにいえば気の毒である(もちろん国会での説明内容をよしとするものではありません)。

すべては安倍総理と夫人が密接な関係にあった森友学園に対する不可解な国有地売却に関連して、当時担当でもなく後から部下として説明をさせられた者が、いの一番に責任をとらされるというのではいたたまれなくもなる。

ちなみに国税庁長官といえば大臣クラスのポストのような響きはあるが、官僚の一ポストであるのが現状であり、あえていえば、民間でいえば安倍社長のもとの取締役(大臣)の更に下の幹部のような位置づけである(もちろん大幹部である)。

従って社長をかばわざるをえない立場であり、もちろん映画のように内部告発を期待したいが、それを望むのは酷なことである。(しかしここまでこれば洗いざらい話して欲しいが)

自民党国対委員長は、佐川長官をトカゲのしっぽではなく頭と記者団に語っていたが、これは明らかな誤りであり、部下への責任のなすりつけである。頭は、今回の場合は安倍総理である。

財務局の担当者が自ら命を絶たれた。心より哀悼の意を表したい。まだ原因を知っているわけではないが、もしも国有地売却に絡むならば、今、私達の日本ではとんでもないことが起きていると言わざるを得ない。

モノを言えない空気があるが、佐川長官よりも先に責任をとるべきは、少なくともここまで膨らませた疑惑を全くといえるほど払拭できていないのだから、安倍総理である。このことは指摘しておきたい。

政治を正さなければならない。

藤岡隆雄さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス