こういう寒い時に多くの方が
履かれるムートンブーツ。

今回はそんなムートンブーツのお話です。



1920年代
オーストラリアで誕生します。
羊毛刈りをする職人たちが羊の毛皮で
足を包み込んでいたのが始まりです。

1930年代
第一次世界大戦で戦闘機のパイロットたちが
上空でも体を温かく保てるようにムートンブーツを履きました。

1960年代
オーストラリア西海岸の都市パースの
サーファーやスイマーたちが
愛用するようになっていきます。
水から上がった彼らの冷えた体を
温めたり熱い砂から足を守ったり、
彼らにとってムートンブーツは
最適なブーツだったようです。

現代
サーファー以外の人も履き始めて
『温かいブーツ』から
『ファッショナブルなブーツ』
に変わっていきました。




ここでムートンブーツの
メリットとデメリット。

*メリット
温かい(履いた瞬間は)。
着脱がしやすい。

それだけです。


*デメリット
歩きにくい。
足を高くあげないのですり足で歩く。
ふくらはぎ&すねが張る。
血流が悪くなるので冷え&むくみが発症。
足の指が丸まるので不安定な土台。
肩こりや腰痛の原因に…。


これらの歴史や説明からもわかるように
元々ムートンブーツは長時間
履く(歩く)ためのものでは
なかったのです。

履いてる方は温かいからという理由で
履かれてると思いますが、
履くことにより冷えの原因を作ります。



一時の暖を選ぶか、

一生の難を選ぶか。


それはあなた次第です。



皆で履けばこわくない!
とか言わないでくださいね。

群れる(蒸れる)とやっかいです。
召集(消臭)の必要がないように
お願いします。



長靴買いたい方も、長く使いたい方も
ご自身の足元のことを考えてみて下さい










高野整体院 羊
池西カイロプラクティックオフィス
 http://www.takanoseitaiin.com/ 

 

京都市左京区高野竹屋町37 藤田ビル1F
075-724-5177

A.M. 9:00~12:30
P.M. 2:30~7:30(最終受付)

ご希望の場合、時間外受付もいたします。
お仕事帰りの遅い時間でもご相談ください。

 

 

AD