とあるお坊さんの言葉。

テーマ:

以下の文章は幼稚園の

先生もされているある

お坊さんが職場(幼稚園)の

先生たちに贈った言葉です。

 

以前、大変共感しましたので

ここで紹介させていただきます。

 

 

 

 

幼稚園の若い先生へ。

 

幸せの国ブータンでは、

小学校の授業でも

心を育てる視点を外さない。

 

たとえば算数の、

「豚10頭いましたが、

3頭が病気で死んだら、

あと何頭残ったでしょう」

という設問でも、

「近所に目の不自由な

おばあさんがいたので3頭、

譲ってあげました」

というふうに言い換えて、

善行を勧めるという。

 

幼稚園の職場でも、

「できない」「無理」

「私なんか」は、タブー。

 

それを言っている当人が、

知らず知らず自分を

貶めていることになる。

 

「すみません」ではなくて、

「ありがとうございます」。

また「私なんかできません」

ではなくて、

「私には大変そうだけど、やってみます」

と言ってみよう。

 

気持ちが高まるし、

周りの協力も得られる。

言葉が意欲を引き出すのだ。

 

ネガティブワードではなく、

ポジティブワードを

意識して使おう。

 

ブータンはそんな言葉の

贈り物がゆたかなのだ。

 

これは、私たち大人間の

ことだけではない。

子どもたちの生きる

お手本としてのあなた方(先生)には、

いつも前向きで、希望に

あふれた言葉づかいを

心がけてほしい。

 

 
 
 
 
 
 
 
高野整体院 お坊さん
池西カイロプラクティックオフィス

京都市左京区高野竹屋町37 藤田ビル1F
075-724-5177

A.M. 9:00~12:30
P.M. 2:30~7:30(最終受付)

ご希望の場合、時間外受付もいたします。
お仕事帰りの遅い時間でもご相談ください。

 

AD