高野裕正 ゴルフトレーナー、スイングコーチのブログ    ~~クラブと身体からスイング運動を掘り下げる~~

高野裕正 ゴルフトレーナー、スイングコーチのブログ    ~~クラブと身体からスイング運動を掘り下げる~~

ゴルフトレーナー・スイングコーチ(米国公認ATC/TPI-MP.FP.GM. Pro)が、ゴルフや日常などを綴っています。
No Golf No Life!!

ゴルフ、トレーナー、トレーニング、スイング、理論、TPI、エクササイズ、可動域、ストレッチ、リリース、バイオメカニクス


テーマ:

こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

今日はクラブとの引っ張り合いや遠心力に関して

 

動画を撮ったのでそれを紹介しながらお話ししたいと思います。

 

昔は手元を下へ引き込むようなスイングイメージが

 

プロから共有されることが多かったと思いますが

 

そのイメージだと若干振り遅れ気味になり

 

前傾が崩れる、もしくは切り返しで地面反力をもらいにくいスイングイメージになりやすいです。

 

 

実際昔のプロはそのように振っているといってデモすることが多かったです。

 

 

今のUSPGAトップ選手が各関節のポジションを失わずにラグを作って力強くインパクトエリアに入ってこれるのは

 

昔よりも

 

(1)直線的に最短距離で(➡︎振り遅れない)

(2)前傾姿勢がアドレスよりもインパクトの方が深い選手がたくさんいたり

(3)ボールに向かって前に振っているように見える

(4)右足が粘れる

(5)左腕・肩がダウン初期に潰れない

(6)自ずとハンドアップ気味に構える選手が増える

 

ようになってきているからです。

 

これは

 

1、よりアスレチックな選手が増えた

2、クラブが軽くなり、特にジュニアから直線的にブンブン振れるクラブを使ってやってきた選手が多い

 

ことが理由かと思います。

 

シニアのレジェンド達は今のUSPGA選手のように関節のポジションを取りきれず、

 

やや振り遅れ気味に振っている選手は多く、

 

つまり飛距離をなんとしてでも増やしたい、スイングを真っさらな状態にして今のUSPGAのスイングを作りたい・その覚悟がある(そのスイング改善の辛さに耐える自信がある)

 

といったゴルファーでない限り

 

USPGAの選手のスイングを大人から始めたゴルファーが目指すのは

 

あまりオススメしません。

 

ヨーロピアンツアーを主戦場としているトッププロは

 

今でもダウンスイングで右股関節を早めに逃がすプロも多いですし

 

最近よくユーチューブレッスン動画で見るような効率的スイング論、は

 

アマチュアの多くの人にとって難しすぎます。

 

昨今は素人が語るゴルフ物理学とか、アメリカで勉強したという方が最新のスイング理論云々を

 

ネットでタダでみれる時代ですが

 

”ゴルフが上手くなりたい”アマチュアの方は

 

こんな情報に振り回されている暇があったら

(情報を楽しむだけなら良いですが!)

 

クラブとの関係性を中心に考えた方が上達は早いです。

 

 

森さんが最近出した本は本当に素晴らしい、名作です。

 

ぜひ皆さんに読んで頂きたいです。

 

https://www.amazon.co.jp/ゴルフ-誰もいわなかったプロのスイングになる極意-森守洋/dp/4309279759/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1544503175&sr=1-1&refinements=p_27%3A森守洋

 

 

 

 

ただ慣性モーメントの高い、特にドライバーなどを

 

日々デスクワークに追われている身体ガチガチで緊張しやすいビジネスマンの方が振る際には

 

水平にクラブを振る感覚はとってもメリットがあります。

 

一つ練習方法として、こんな感じで練習するのはオススメです⬇︎

 

- 左腕リード感覚を持って切り返しから手元を積極的に前に出していく

- 左肩が潰れないように切り返しから「シャフトバーティカル」のポジションまでは左肩は下げるように、また外旋位(肘が下を向く感じ)をキープ

- その後リリース期には右肩は積極的に下げてターゲットを斜めに見るような感覚

- クラブとの関係性(つまり遠心性の力に対する求心性の支点)を保つため、力まずに”しっかり地面に立った”状態で振る

 

とまあ言葉で説明すると難しいので

 

先のユーチューブ動画のように

 

「脇をずっと開けっぱなしでスイングする感覚ドリル」

 

をやってみてください。

 

感覚的には水平素振りをする感じに近くなります。

 

特にフラットなプレーンで振るドライバーに変化を感じやすいかもしれません。

 

このドリルの何が良いかというと

 

一番は「クラブとの関係性を保ちやすい」ということです。

 

脇を空けている感覚とはつまり、手元が体に近づいてこずにずっとクラブと引っ張り合っているということ。

 

つまり、クラブとずっと引っ張り合っている・クラブとの関係性を保つ

 

ことに繋がります。

 

どうしてもやたらとクラブを引き込んでしまう方

 

前傾姿勢が異様に崩れてしまう方は

 

マストな感覚なので特にオススメです!

 

 

ハマる人にはすぐにハマるスイングイメージです。

 

過去にこのイメージを伝えて、5分くらいアドバイス程度のレッスンをして

 

次の日のラウンドで最近飛ばなくなっていたドライバーが20y伸びたという両手シングルのシニアゴルファーの方がいらっしゃいました。

 

 

 

もうひと方、脇空けスイングをやって前傾の維持が変わった方の例を上げたいと思います⤵︎

 

 

まだイメージのきっかけを作ったにすぎませんので

 

今後練習で自分の感覚に合わせていって頂きたいと思っています。

 

 








運動視点、クラブ視点でスイングの本質を掘り下げれば

必ずゴルフは上手くなります!


-----------------------------------------

今まで色々レッスン受けたけど上達しない

我流でやってきたけどそろそろ専門家から指導を受けてみたい

とお悩みの方は

私のスイングレッスンやゴルフ専門のムーブメント/トレーニングセッションをぜひ一度受けてみてください(^_-)

方向性を誤って無駄な労力と勿体無い時間を過ごしてしまうゴルファーの方々のサポートができれば幸せです!



[場所]

都内の練習場 もしくは

新宿  トータルゴルフフィットネス

○住所
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-25
TEL:03(3354)1551

【お申し込み、ご相談】
直接私の方までEmail頂ければご相談いたします!

check.the.technique.1002@gmail.com

 

 


テーマ:

こんにちは。

 

また動画でまた肘から先のお話をしました。

 

ここの分離を意識する、

 

もしくは脳の運動野を賦活するだけ、運動イメージを作るだけでもいいです。

 

アベレージ以下の方は特に

 

良い手打ちを目指してみてください。

 

ダウンからインパクトで肘から先、クラブが、

 

プロと同じような運動になっていない方は

 

まずここからです。


これができている人は


床反力とか、粘るとか、色々入れていけばいいです^ ^

 

 

 

 






運動視点、クラブ視点でスイングの本質を掘り下げれば

必ずゴルフは上手くなります!


-----------------------------------------

今まで色々レッスン受けたけど上達しない

我流でやってきたけどそろそろ専門家から指導を受けてみたい

とお悩みの方は

私のスイングレッスンやゴルフ専門のムーブメント/トレーニングセッションをぜひ一度受けてみてください(^_-)

方向性を誤って無駄な労力と勿体無い時間を過ごしてしまうゴルファーの方々のサポートができれば幸せです!



[場所]

都内の練習場 もしくは

新宿  トータルゴルフフィットネス

○住所
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-25
TEL:03(3354)1551

【お申し込み、ご相談】
直接私の方までEmail頂ければご相談いたします!

check.the.technique.1002@gmail.com


 


テーマ:

 

 

こんばんは!

 

こちらは

 

「GGスイング」のジョージさん本人のスイング。

 

今年はたくさんこの名前を耳にしました。


インスタを見ても、生徒さん達は気持ちよく振ってるなあと羨ましく思います。

 

GGスイングは今のアスレチックなスイングの要素をたくさん含んでいて、

 

ハマる人は凄くいいと思うけど、

 

体が仕上がってないとジョージさんのように緩んで引っ張りこんじゃうんだなあ。。

 

 

それだけこの理論は難しいということ。体との相性もあるでしょう。


ターゲットの左に振っていい、というレッスンを受けるとこんな風になってしまう方は大勢います。

 

 

 

 

 

 

バンプは今のスイングではしない方がいいとか、DTLからみてグリップエンドを今のスイングでは見せないとか、頭が硬い考え方をする人を見かけますが


なんとか理論にはめようとするレッスンはしんどいです。

 

とくに大人からゴルフを始めて悩んでいる方には。

 

プロレベルの人でもスイングが壊れてしまう人もいるでしょう。

 

 

 


何が原理原則で何がスイング作りの本質なのか。

 

これを追求していくと道具をどう扱うかという中枢へのインプットとその反応やクラブ力学の側面と、体がそれに対してどう反応するか、気持ちいいか、そこに行きつくはず。


また、体が仕上がっていないゴルファーはどこかで理想のスイングから妥協しないといけません。

 

例えばアベレージ以下のアマチュアゴルファーだと、

 

上半身と下半身の3次元的な連動をあえて捨ててスイングづくりをしても、

 

距離もそれほどロスせずしっかり捕まった球を打つことは可能です。

 

 

スイングづくりに対して、型にはまった考え方をしてしまう方は、

 

普段ゴルファーの運動に本気で興味を持って、悩んで、勉強してっていう当たり前のサイクルを繰り返しているのかなあ、と感じてしまいます。

 

 

 

まあまとめると(?)


GGスイングは純粋にクラブの運動に対する体のポジショニングとラグを作ろうとするときに、

 

緩まないようにクラブとの関係性を作るポジションを取るとこんなだよってな感じです。

 

体が仕上がっている人にはドリルとしても有効かもしれません。

 



↓GGスイングのスイング作り、特徴




 

 

 





 運動視点、クラブ視点でスイングの本質を掘り下げれば


必ずゴルフは上手くなります!


-----------------------------------------

今まで色々レッスン受けたけど上達しない

我流でやってきたけどそろそろ専門家から指導を受けてみたい

とお悩みの方は

私のスイングレッスンやゴルフ専門のムーブメント/トレーニングセッションをぜひ一度受けてみてください(^_-)

方向性を誤って無駄な労力と勿体無い時間を過ごしてしまうゴルファーの方々のサポートができれば幸せです!



[場所]

都内の練習場 もしくは

新宿  トータルゴルフフィットネス

○住所
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-25
TEL:03(3354)1551

【お申し込み、ご相談】
直接私の方までEmail頂ければご相談いたします!

check.the.technique.1002@gmail.com

 

 

 

こんばんは。



先週は

「ゴルフスイングの身体運動学 勉強会」

と題しまして

勉強会をさせて頂きました。

場所は科学的分析とメンタルを軸にした

パットレッスンの先駆け的スタジオである、GPC恵比寿。



今年開催した

-リリース
-床反力と重心
-3D ボディモーションと回旋

の3つのテーマの勉強会を

まとめて1日でお話しした形です。

7時間ぶっ続けで喋りましたが

いつも終わったらどっと疲れる僕が

疲れの残らない

終始楽しくお話しできた

充実した時間でした。

何より参加者の皆様が

ゴルフに熱いコーチ、アマチュアの方ばかりでしたので

やり易かったです。



何とか理論とか、打法とか、

ゴルフをやらないんだろうなあ、よく分かっていないんだろうなあと思われる人が語る

非アカデミックなゴルフ物理学とか

ゴルフを本気でやっている人に共有されるONTOLOGYは

情熱と、ゴルファーにこんな形で貢献したい、

という強い思いがないと得られません。



偏ったゴルフの方法論などでカオス状態の昨今のゴルフ業界ですが

きちんと原理原則にのっとって

基礎を深く深く掘り下げて

ゴルファーの方々に向き合いたいと思って

自分は毎日ゴルファーの方々と向き合っているつもりです。

まだまだ至らないところがありますが。。



ゴルフは難しいです。



さっきもスタッフと話していましたが

競技プロにしか分からない競技者心理や悩みがある様に

ジュニアから特にスイングの基本を悩まず身につけたプロには中々分かりえないであろう

上達に死ぬほど悩んでいるアマチュアの深い悩みがあります。

悩めるゴルファーの力に何とかなれる様

学び続けて研究し続けて

日々精進したいと思っています。









この3枚目の写真でデモをやってくれた

恵比寿GPCに通う幡野ナツキちゃんは

今日QT3rdを静岡の地区で1位通過したようです。

良いスイングだなあと思ってたらさすが。




プロゴルファーを見ているコーチはハラハラする季節です。





そろそろ今年のシーズンも終わりを迎えますね。

晩秋ですねえ。




恵比寿GPCの大本さんがブログを書いてくれたいます⤵︎







運動視点、クラブ視点でスイングの本質を掘り下げれば

必ずゴルフは上手くなります!


-----------------------------------------

今まで色々レッスン受けたけど上達しない

我流でやってきたけどそろそろ専門家から指導を受けてみたい

とお悩みの方は

私のスイングレッスンやゴルフ専門のムーブメント/トレーニングセッションをぜひ一度受けてみてください(^_-)

方向性を誤って無駄な労力と勿体無い時間を過ごしてしまうゴルファーの方々のサポートができれば幸せです!



[場所]

都内の練習場 もしくは

新宿  トータルゴルフフィットネス

○住所
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-25
TEL:03(3354)1551

【お申し込み、ご相談】
直接私の方までEmail頂ければご相談いたします!

check.the.technique.1002@gmail.com


テーマ:

こんにちは!

 

今日はゴルフで一番大切な振り子運動のお話を動画に撮ってみたので紹介します。

 

今は情報が溢れているのでアマチュアの方も色々研究されている方が多いかとおもいますが

 

偏重心のクラブを上手く扱うことが一番の基本です。

 

これを核として

 

ハンドファーストインパクトや立体的な時間差のあるスイングを作って行きましょう。

 

これができていないのにどんなことをやってもゴルフは難しくなります。

 

 

初心者、中級者の方はもちろんのこと

 

イマイチ調子が良くない上級者の方でさえ

 

ここに立ち返ると調子を戻される方がたくさんいらっしゃいますよ!

 

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 









運動視点、クラブ視点でスイングの本質を掘り下げれば

必ずゴルフは上手くなります!


-----------------------------------------

今まで色々レッスン受けたけど上達しない

我流でやってきたけどそろそろ専門家から指導を受けてみたい

とお悩みの方は

私のスイングレッスンやゴルフ専門のムーブメント/トレーニングセッションをぜひ一度受けてみてください(^_-)

方向性を誤って無駄な労力と勿体無い時間を過ごしてしまうゴルファーの方々のサポートができれば幸せです!



[場所]

都内の練習場 もしくは

新宿  トータルゴルフフィットネス

○住所
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-25
TEL:03(3354)1551

【お申し込み、ご相談】
直接私の方までEmail頂ければご相談いたします!

check.the.technique.1002@gmail.com






テーマ:





こんばんは。

今からアメリカにTPIのセミナーとWorld golf fitness summit(だいそれた名前ですw)というのに参加するため渡米します。

TPIセミナーはfitness level 3という5、6年前に受けましたが

再受講です。

どちらもあまり目新しい情報は期待していないので

ワクワク感がない分

飛行機でオーランドまで行くのが憂鬱でならないです!w

専門分野を少しでもアップデートするための義務みたいな。




今 羽田空港です。









夕方まで仕事して空港に行く前に六本木で

清永明 先生のパットのセミナーに参加してきました。

これがとってもいい時間でした。

論より証拠、というサブタイトルにもあるように

色んなデータと計算式などが出てきて

なるほどなあと

普段師匠から学んでいること、力学や道具の扱い方に関して現場で発見すること、海外研究などから勉強している事

などを色々確認できて良かったです。


フェースの開閉の話で

ライ角のあるクラブで斜めに振り子運動する時に

直線なんてありますか?

っていう問いかけに


いい事言うなあ、と。


科学的根拠をもった説明ではもちろんそうなりますよね。

そこを押さえて上で

ジョーダンスピースのように 

rate of closure(インパクトエリアのフェースの開閉の度合い)が小さい人が

フェースを真っ直ぐに使っているように見えるのはどういうことだろう、、??

と考えて行くと良いですよねえ。





未だに日本では2次元でゴルフの運動を考えている人がまあ多いこと。

3次元という言葉を使って説明しようとしていても

その解説、2次元発想じゃん、と。


よくあります。



普通のショットで

体がターンして、もしくは手元がデロフトする動きによって

インパクトで手元の支点がズレて直線感覚にフェースを扱うというのは

この振り子運動ありきで、そこからインパクトを長くする/安定させる動きなので

まずは振り子運動でフェースしっかり返しましょう。リリースしましょう!

振り子感覚がないのにUSPGAのマネをすると

腕が固めてしまう人が殆どです。



力んでしまう人は

先生もおっしゃっていたように

無意識の部分をあえて意識化してあげることも大切です。









パターは

タップ式でもハンドファースト型でもなんでもいいと思いますが

スタイルによってロフトの調整は必要ですね。







プロが(アマチュアはもっとかな)ショートパットを右に外す傾向があるのは

という話は面白かったです。(説明しにくいので割愛します。簡単にいうと求心性の力を失いやすいという事です。)





まあとにかく「振り子運動にリリース」。

これが基本です。



(文章があっちこっち、、)



初心者も上級者も

クラブをイマイチ上手く扱えていない人

インパクトでエネルギーを上手く伝えられていない人は

まずはこの感覚をしっかり作ってあげましょう!









小さなことでも疑問を持ってとことん追求する

基礎を深ーく理解し、追究することでもっと先が見えてきます。

今ではネットに情報が色々転がっているので

本当に「本気で“正しいこと”を追求する姿勢があるか、否か」

だけだと思います。

日本のメディアでよくみられる上っ面の2次元論や感覚理論は

今後どんどん淘汰されていきますね^ ^







今から飛行機飛びます


とびますっとびますっ
(このギャクなんだったっけ?)



行ってきまーす!











運動視点、クラブ視点でスイングの本質を掘り下げれば

必ずゴルフは上手くなります!


-----------------------------------------

今まで色々レッスン受けたけど上達しない

我流でやってきたけどそろそろ専門家から指導を受けてみたい

とお悩みの方は

私のスイングレッスンやゴルフ専門のムーブメント/トレーニングセッションをぜひ一度受けてみてください(^_-)

方向性を誤って無駄な労力と勿体無い時間を過ごしてしまうゴルファーの方々のサポートができれば幸せです!



[場所]

都内の練習場 もしくは

新宿  トータルゴルフフィットネス

○住所
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-25
TEL:03(3354)1551

【お申し込み、ご相談】
直接私の方までEmail頂ければご相談いたします!

check.the.technique.1002@gmail.com






テーマ:
こんばんは。

パタ練毎日何時間やっても飽きない高野です。





(インスタ良かったらおっさんがコツコツ料理中心にアップしてますのでフォローしてくださいw)

今年一年ほどで買ったパター並べてみました。

ピン型が好きです。







Dave Stocktonの小さなストローク。

ループしてますねえ。

固めない、逆らわないのが大事ですね。

作りに行こうとすればするほど再現性は出ないです。

大人からゴルフ始めた人はとにかく固めたくなります。合わせたくなります、よね〜。


自分はずっとここ数ヶ月、バックスイングで違和感があり、

極端なオープンスタンスにしないと殆ほとんどのパターで重心管理が合わない感じでした。

結局ほんのわずかテークバックでコックを入れてみたら違和感無くなりました。



ゴルフは面白いです。


人のは色々評価できても

自分のは分かりません。

またパターのストローク指導って

コーチの方も難しさを感じている方が多いです。

もちろんパターはスイングより更に自由度は高いのですが

それでも姿勢の重心管理、クラブの重心管理、身体の姿勢/ポジション取りなどはしっかり押さえないとです。

基本からです。

ここを徹底するだけでも初心者〜中級者は劇的にパターの挙動感覚が研ぎ澄まされます。




パタ練みんな好きになってほしいです!






おはようございます。


先週は「ゴルフエンジニアリングセミナー」というのを受けてきました。






最先端の解析機、例えば(1)GEARSなどの3DMotion Capture、(2)Swing Catalyst/ BodytrakなどのFoot Pressure Plate、(3)GCQuad、trackman、flight scope などのLaunch Monitor、の

最先端の運用を学ぶ、というものです。


正直どれも過去にアメリカでワークショップに行ったことが何回もありますし(現場では殆ど使いませんが)

3時間のワークショップが向こうでは50ドルくらいだったりするので

13万は鬼のように高いなあ

内容と値段があっていないなあ

というのは参加者共通の感想だったと思いますが

情報弱者の日本が

ビジネス王国(このチームはカナダの人たち中心ですが)に食われるのはいつものパターン。

それでも世界の潮流に我々は付いていかないといけないと思っています。

スイングを見る目があれば、正直”アマチュアの方に“レッスンで実際にやる事はあまり変わりません。

むしろ解析を使うと無駄に時間が掛かってしまうというデメリットがあります。

それでも必要な場面はあるし

何よりアカデミックにこれらの解析データを知り、解釈している事が必要です。


実際彼らの解説はデータに基づいていて

かなり説得力があり

はっきり言って日本のメディアで発信している人達は

この講義を聞くとばつが悪くなるのでは。。

殆どそういうメディアに出ている人達はこういう場に来ないし

アメリカのティーチングサミットなどに参加しても見かけない。

英語ができないとかそういう問題ではないと思います。

こういうセミナーに出なくても分かっている天才はいらっしゃるとは思います。

そういう方々はYoutubeでさっと調べておくだけで十分なのでしょう。

しかしそれはごくごく一部なのでは。






自分としては将来的にはきちんと解析システムを用意した環境で働きたいというのは昔からあります。

しかし今はスイング中何が起こっているかという現象をきちんと想像できる知識と能力があればいいと思っています。


なのでスマホでパッと動画取って身体とクラブからかレッスンするのが今の僕のスタイルです^ ^






⬆︎遅ればせながらGEARS初体験。







---------------------------------------------------------------

今月9/29(土)19:00から
新宿四谷トータルゴルフフィットネスで
「ゴルフの立体的回旋運動/ボディモーション/軸」といったテーマでワークショップを行います。

概要はこちらです↓



近年のハイテクなスイング解析器や欧米のスイング理論に明るい方はご存知の通り、ゴルフスイングを今では従来の短絡的な平面的解説から脱却して3次元で解説される事が当たり前となっていますが、これを理解していると、クラブのリリースベクトルとの関係やスイング動作の連動、重心移動などの解釈がとてもクリアになります。

また、ゴルフスイングは身体を回旋させてエネルギーを溜めて解き放つスポーツですが、同時に身体を「(早く)開いてはいけない」スポーツです。そして右軸、左軸のスイング、といった感じで、「軸」というワードを用いてスイングを解説されるのをメディアなどでよく見かけます。にも関わらず、軸があるかどうか、身体を開いているかどうか、という現象を定義してください、とプロゴルファーやレッスンプロの方に質問しても明確に答えられる人は多くはないのではないでしょうか。

回旋動作をすることの意味やそのバイオメカニクスの理解、回旋の”リード感覚”や”支える感覚、支点、運動軸などを理解すれば、ゴルフスイング運動の本質的理解が深まります。

今回のゴルフスイング勉強会では、軸や立体的な身体の動作を特に回旋に焦点を当てながら解説し、またワークを通じて理解を深め、ゴルフレッスンやスイング改善のヒントを共有していきます。


ゴルフコーチ、ゴルフを探究したいアマチュアの方を対象に、楽しい勉強会にしたいと思います。興味のある方はご参加お待ちしております。

【日時】

2018/09/29(土) 19:00-21:30

【会場】

新宿四谷トータルゴルフフィットネス

住所:東京都新宿区四谷4-5

https://www.tg-fitness.net/company/access.html

【主催】

トータルゴルフフィットネス

【参加費】

ゴルフコーチ、プロゴルファー ¥15,000(税込)

アマチュアゴルファー ¥10000(税込)

【定員】

12名

【講師】

高野裕正 <M.S,ATC,ART(UE),TPI-MP3/FP3/GM3/JC2>:

ゴルフパーソナルトレーナー、ゴルフスイングコーチ

アメリカで運動学の修士号を取得し帰国後は一般アマチュアを中心にジュニアからツアープロまで指導



お申し込みフォーム↓

https://pro.form-mailer.jp/fms/7075839a152125



こんばんは。

 

 

 

今日はビフォーアフターを。

 

同僚若手トレーナーの池田くん。

 

アスリート系のサッカー選手に多いのですが

 

もちろん運動能力が高いのですぐ当て感が出てくる反面

 

脚に無駄な力が入り続けて

 

その緊張が腕を固めてしまうことが多いです。

 

しかし彼の場合、抜群に腕・クラブのリリースは上手いのですが

 

何回言っても脚の力を抜けなかったので(6ヶ月前くらいから数回アドバイスしたが変わらず)

 

あまりお互いの時間が合わないのですが

 

これから少しずつレッスンをしていこうと思います。

 

彼くらい身体が自由に動かせる人間なら

 

はっきり言ってレッスンは簡単です。

 

軽いレッスンでいいイメージを与えて

 

プレゼンしてどういう練習をどういうイメージでしたらいいかを伝えれば大丈夫でしょう。

 

 

 

 

 







運動視点、クラブ視点でスイングの本質を掘り下げれば

必ずゴルフは上手くなります!


-----------------------------------------

今まで色々レッスン受けたけど上達しない

我流でやってきたけどそろそろ専門家から指導を受けてみたい

とお悩みの方は

私のスイングレッスンやゴルフ専門のムーブメント/トレーニングセッションをぜひ一度受けてみてください(^_-)

方向性を誤って無駄な労力と勿体無い時間を過ごしてしまうゴルファーの方々のサポートができれば幸せです!



[場所]

都内の練習場 もしくは

新宿  トータルゴルフフィットネス

○住所
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-25
TEL:03(3354)1551

【お申し込み、ご相談】
直接私の方までEmail頂ければご相談いたします!

check.the.technique.1002@gmail.com

 

 

 

 


テーマ:
{1FBBECE3-44DF-425C-9882-3AC5272270D3}


2ヶ月ほど前に新宿伊勢丹から4、5分のところに引っ越しをしました。

移動が多いため、その負担を減らすためと、便利さを優先して。

部屋も広くなって、

まあ快適です。



引っ越しをしたら気分も変わって部屋にいるのも気持ちがいいので

最近は料理を再開しました。

昔アメリカにいたときは長年貧乏学生で大量にスープと肉料理を作って

同じ料理を何回も連続で食べるという

食費的にはかなり経済的な食生活を送っていました。

日本に帰ってきて一年目は大阪で企業スポーツの専属トレーナーだったので

チームに出される食事が契約でついており

食費にも栄養にもあまり困らなかったです。



その後東京に越してきて

めんどくさくなって外食ばかりで品川に住んでたここ4年くらいは全くしなくなってました。



料理を再開して思うことは

しかしまあ都心は食材が高い!!

伊勢丹で買い物してるとビックリします。

それでも上手く安く上がるような食事も組み合わせながらだと

安い外食をするよりもトータルでみて

経済的にもリーズナブルで健康的な食生活を送れていると思います。

コンビニに入っても脂物とか加工食品は

体が拒否反応を示すようになっています。




現代の食に関しては

頑張って安くてもいいから健康そうなものを取ろう、例えば加工したカット野菜でもいいから取ろう、
という発想は捨てたほうがいいかもしれません。

「悪いものをできる限り体に入れない」

を大前提として

極力バランスの良い食生活を送ることが大切かと思います。

まあ偏食でも健康的な人はたくさんいるんですけどね。

それはあくまで例外です。






腸の調子も以前より良いですし

最近は体も調子が良い感じです。


僕らのような個人事業主で身体が資本の仕事では

とにかく健康的でいることが一番です。

20代ではあまりそういうことに強い関心がなかったかもしれません。

しかし今こうやって自分が色々食の部分からも健康を見直すことで

自分よりも年齢が高いお客様とお仕事をすることが多いため

年齢とともに痛感する健康意識

というものに

より共感できるようになったのも良いことだと思っています。






最近始めたインスタでは

ちょいちょい料理を載せてます。

ゴルフとか運動のことより

料理が多いです。

よかったら

おっさんがちゃんとご飯作ってるところのシュールさに、ニヤリとしてもらえると

本望でーす( ̄∇ ̄)

⬇︎


{4FD15A44-0FB5-489F-801F-6D44D04E9845}

{8A2DCEC2-7E95-4135-9793-60942CC6CB14}

{0D7BEE3A-0598-4F52-AF6B-3A0F87012905}

{E764A17A-FACF-4C27-A442-5F2CBB863058}

{FF6525A6-21B8-4096-8F76-D57913CAF487}

{BCCB5CCD-9B07-4928-B31F-A458F387EB08}

{EA1E2460-F0EA-447D-8F73-961D97C1A21A}

{C80AB393-6B16-4939-8F47-1C7250065D03}




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス