高野裕正 ゴルフトレーナー、スイングコーチのブログ    ~~クラブと身体からスイング運動を掘り下げる~~

高野裕正 ゴルフトレーナー、スイングコーチのブログ    ~~クラブと身体からスイング運動を掘り下げる~~

ゴルフトレーナー・スイングコーチ(米国公認ATC/TPI-MP.FP.GM. Pro)が、ゴルフや日常などを綴っています。
No Golf No Life!!

ゴルフ、トレーナー、トレーニング、スイング、理論、TPI、エクササイズ、可動域、ストレッチ、リリース、バイオメカニクス

NEW !
テーマ:
こんばんは。

パタ練毎日何時間やっても飽きない高野です。





(インスタ良かったらおっさんがコツコツ料理中心にアップしてますのでフォローしてくださいw)

今年一年ほどで買ったパター並べてみました。

ピン型が好きです。







Dave Stocktonの小さなストローク。

ループしてますねえ。

固めない、逆らわないのが大事ですね。

作りに行こうとすればするほど再現性は出ないです。

大人からゴルフ始めた人はとにかく固めたくなります。合わせたくなります、よね〜。


自分はずっとここ数ヶ月、バックスイングで違和感があり、

極端なオープンスタンスにしないと殆ほとんどのパターで重心管理が合わない感じでした。

結局ほんのわずかテークバックでコックを入れてみたら違和感無くなりました。



ゴルフは面白いです。


人のは色々評価できても

自分のは分かりません。

またパターのストローク指導って

コーチの方も難しさを感じている方が多いです。

もちろんパターはスイングより更に自由度は高いのですが

それでも姿勢の重心管理、クラブの重心管理、身体の姿勢/ポジション取りなどはしっかり押さえないとです。

基本からです。

ここを徹底するだけでも初心者〜中級者は劇的にパターの挙動感覚が研ぎ澄まされます。




パタ練みんな好きになってほしいです!






おはようございます。


先週は「ゴルフエンジニアリングセミナー」というのを受けてきました。






最先端の解析機、例えば(1)GEARSなどの3DMotion Capture、(2)Swing Catalyst/ BodytrakなどのFoot Pressure Plate、(3)GCQuad、trackman、flight scope などのLaunch Monitor、の

最先端の運用を学ぶ、というものです。


正直どれも過去にアメリカでワークショップに行ったことが何回もありますし(現場では殆ど使いませんが)

3時間のワークショップが向こうでは50ドルくらいだったりするので

13万は鬼のように高いなあ

内容と値段があっていないなあ

というのは参加者共通の感想だったと思いますが

情報弱者の日本が

ビジネス王国(このチームはカナダの人たち中心ですが)に食われるのはいつものパターン。

それでも世界の潮流に我々は付いていかないといけないと思っています。

スイングを見る目があれば、正直”アマチュアの方に“レッスンで実際にやる事はあまり変わりません。

むしろ解析を使うと無駄に時間が掛かってしまうというデメリットがあります。

それでも必要な場面はあるし

何よりアカデミックにこれらの解析データを知り、解釈している事が必要です。


実際彼らの解説はデータに基づいていて

かなり説得力があり

はっきり言って日本のメディアで発信している人達は

この講義を聞くとばつが悪くなるのでは。。

殆どそういうメディアに出ている人達はこういう場に来ないし

アメリカのティーチングサミットなどに参加しても見かけない。

英語ができないとかそういう問題ではないと思います。

こういうセミナーに出なくても分かっている天才はいらっしゃるとは思います。

そういう方々はYoutubeでさっと調べておくだけで十分なのでしょう。

しかしそれはごくごく一部なのでは。






自分としては将来的にはきちんと解析システムを用意した環境で働きたいというのは昔からあります。

しかし今はスイング中何が起こっているかという現象をきちんと想像できる知識と能力があればいいと思っています。


なのでスマホでパッと動画取って身体とクラブからかレッスンするのが今の僕のスタイルです^ ^






⬆︎遅ればせながらGEARS初体験。







---------------------------------------------------------------

今月9/29(土)19:00から
新宿四谷トータルゴルフフィットネスで
「ゴルフの立体的回旋運動/ボディモーション/軸」といったテーマでワークショップを行います。

概要はこちらです↓



近年のハイテクなスイング解析器や欧米のスイング理論に明るい方はご存知の通り、ゴルフスイングを今では従来の短絡的な平面的解説から脱却して3次元で解説される事が当たり前となっていますが、これを理解していると、クラブのリリースベクトルとの関係やスイング動作の連動、重心移動などの解釈がとてもクリアになります。

また、ゴルフスイングは身体を回旋させてエネルギーを溜めて解き放つスポーツですが、同時に身体を「(早く)開いてはいけない」スポーツです。そして右軸、左軸のスイング、といった感じで、「軸」というワードを用いてスイングを解説されるのをメディアなどでよく見かけます。にも関わらず、軸があるかどうか、身体を開いているかどうか、という現象を定義してください、とプロゴルファーやレッスンプロの方に質問しても明確に答えられる人は多くはないのではないでしょうか。

回旋動作をすることの意味やそのバイオメカニクスの理解、回旋の”リード感覚”や”支える感覚、支点、運動軸などを理解すれば、ゴルフスイング運動の本質的理解が深まります。

今回のゴルフスイング勉強会では、軸や立体的な身体の動作を特に回旋に焦点を当てながら解説し、またワークを通じて理解を深め、ゴルフレッスンやスイング改善のヒントを共有していきます。


ゴルフコーチ、ゴルフを探究したいアマチュアの方を対象に、楽しい勉強会にしたいと思います。興味のある方はご参加お待ちしております。

【日時】

2018/09/29(土) 19:00-21:30

【会場】

新宿四谷トータルゴルフフィットネス

住所:東京都新宿区四谷4-5

https://www.tg-fitness.net/company/access.html

【主催】

トータルゴルフフィットネス

【参加費】

ゴルフコーチ、プロゴルファー ¥15,000(税込)

アマチュアゴルファー ¥10000(税込)

【定員】

12名

【講師】

高野裕正 <M.S,ATC,ART(UE),TPI-MP3/FP3/GM3/JC2>:

ゴルフパーソナルトレーナー、ゴルフスイングコーチ

アメリカで運動学の修士号を取得し帰国後は一般アマチュアを中心にジュニアからツアープロまで指導



お申し込みフォーム↓

https://pro.form-mailer.jp/fms/7075839a152125



こんばんは。

 

 

 

今日はビフォーアフターを。

 

同僚若手トレーナーの池田くん。

 

アスリート系のサッカー選手に多いのですが

 

もちろん運動能力が高いのですぐ当て感が出てくる反面

 

脚に無駄な力が入り続けて

 

その緊張が腕を固めてしまうことが多いです。

 

しかし彼の場合、抜群に腕・クラブのリリースは上手いのですが

 

何回言っても脚の力を抜けなかったので(6ヶ月前くらいから数回アドバイスしたが変わらず)

 

あまりお互いの時間が合わないのですが

 

これから少しずつレッスンをしていこうと思います。

 

彼くらい身体が自由に動かせる人間なら

 

はっきり言ってレッスンは簡単です。

 

軽いレッスンでいいイメージを与えて

 

プレゼンしてどういう練習をどういうイメージでしたらいいかを伝えれば大丈夫でしょう。

 

 

 

 

 







運動視点、クラブ視点でスイングの本質を掘り下げれば

必ずゴルフは上手くなります!


-----------------------------------------

今まで色々レッスン受けたけど上達しない

我流でやってきたけどそろそろ専門家から指導を受けてみたい

とお悩みの方は

私のスイングレッスンやゴルフ専門のムーブメント/トレーニングセッションをぜひ一度受けてみてください(^_-)

方向性を誤って無駄な労力と勿体無い時間を過ごしてしまうゴルファーの方々のサポートができれば幸せです!



[場所]

都内の練習場 もしくは

新宿  トータルゴルフフィットネス

○住所
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-25
TEL:03(3354)1551

【お申し込み、ご相談】
直接私の方までEmail頂ければご相談いたします!

check.the.technique.1002@gmail.com

 

 

 

 


テーマ:
{1FBBECE3-44DF-425C-9882-3AC5272270D3}


2ヶ月ほど前に新宿伊勢丹から4、5分のところに引っ越しをしました。

移動が多いため、その負担を減らすためと、便利さを優先して。

部屋も広くなって、

まあ快適です。



引っ越しをしたら気分も変わって部屋にいるのも気持ちがいいので

最近は料理を再開しました。

昔アメリカにいたときは長年貧乏学生で大量にスープと肉料理を作って

同じ料理を何回も連続で食べるという

食費的にはかなり経済的な食生活を送っていました。

日本に帰ってきて一年目は大阪で企業スポーツの専属トレーナーだったので

チームに出される食事が契約でついており

食費にも栄養にもあまり困らなかったです。



その後東京に越してきて

めんどくさくなって外食ばかりで品川に住んでたここ4年くらいは全くしなくなってました。



料理を再開して思うことは

しかしまあ都心は食材が高い!!

伊勢丹で買い物してるとビックリします。

それでも上手く安く上がるような食事も組み合わせながらだと

安い外食をするよりもトータルでみて

経済的にもリーズナブルで健康的な食生活を送れていると思います。

コンビニに入っても脂物とか加工食品は

体が拒否反応を示すようになっています。




現代の食に関しては

頑張って安くてもいいから健康そうなものを取ろう、例えば加工したカット野菜でもいいから取ろう、
という発想は捨てたほうがいいかもしれません。

「悪いものをできる限り体に入れない」

を大前提として

極力バランスの良い食生活を送ることが大切かと思います。

まあ偏食でも健康的な人はたくさんいるんですけどね。

それはあくまで例外です。






腸の調子も以前より良いですし

最近は体も調子が良い感じです。


僕らのような個人事業主で身体が資本の仕事では

とにかく健康的でいることが一番です。

20代ではあまりそういうことに強い関心がなかったかもしれません。

しかし今こうやって自分が色々食の部分からも健康を見直すことで

自分よりも年齢が高いお客様とお仕事をすることが多いため

年齢とともに痛感する健康意識

というものに

より共感できるようになったのも良いことだと思っています。






最近始めたインスタでは

ちょいちょい料理を載せてます。

ゴルフとか運動のことより

料理が多いです。

よかったら

おっさんがちゃんとご飯作ってるところのシュールさに、ニヤリとしてもらえると

本望でーす( ̄∇ ̄)

⬇︎


{4FD15A44-0FB5-489F-801F-6D44D04E9845}

{8A2DCEC2-7E95-4135-9793-60942CC6CB14}

{0D7BEE3A-0598-4F52-AF6B-3A0F87012905}

{E764A17A-FACF-4C27-A442-5F2CBB863058}

{FF6525A6-21B8-4096-8F76-D57913CAF487}

{BCCB5CCD-9B07-4928-B31F-A458F387EB08}

{EA1E2460-F0EA-447D-8F73-961D97C1A21A}

{C80AB393-6B16-4939-8F47-1C7250065D03}





テーマ:

こんにちは!




過去のAIブームとは違い、

Deep Learningなどの発明以降、空前のブームとなり


AIの話題が尽きない昨今ですね。


AIの研究で著名な新井紀子さんが


僕が長年愛聴させてもらってるVideoNews.comに登場していた回を見て


最近思う事とも合致して


「そうだよなあ」の連続だったので


それにインスパイアされて運動指導者として「学ぶ」事や、「AIに入れ替え不可能な価値」について


書いてみたいと思います。



因みにこのvideo newsは僕には難しい話が多いですが


立ち位置がニュートラルだと思いますし


いつも知的好奇心を刺激されるのでオススメです!






=パーソナルトレーナー、ゴルフの業界の学ぶ機会について=


自分のスポーツトレーナー/パーソナルトレーナーの業界では、海外からのセミナーがたくさん入ってくる流れも助けになって、異常にセミナーの数が増え、色んな情報を学べる機会も増えてきました。


ゴルフレッスンの業界でもようやく、本当にようやくですが、、生徒さん達を指導する先生達、が学ぶ機会も少しずつ増えつつあるように思います。

しかしトレーナーの方が特にですが、片っ端からセミナーに参加するような方も多いように思います。周りがみんな行ってるから、有名なトレーナーさん/先生がやってるから、有名なトレーナーさんが受けているのSNSで見たので、といった感じで、焦燥感に駆られた動機が強いのでは、と警鐘を鳴らす方もSNSなどでお見かけます。

たしかに昔自分もそういうところがあったので、理解できなくはないです。勉強しない人よりは一歩前に進んでいると思います。一方で、不安ベースの動機による行動はあまり実にならない事も多いですし、目的意識のはっきりしない事に時間とお金を割いて果たしてPayできているのかなあとも思います。





=運動やスポーツの世界のOntology=


新井先生や宮台先生もVideoNewsで話されているように、人間と人工知能の能力が逆転する「シンギュラリティ(技術特異点)」が実現するか否か、を議論するのは本質的には下らない事だと思います。そんなことより大切なのはAIにたくさんの仕事が奪われていく事が分かっている今、人間にしかできない仕事の価値を深く考えていく必要があるという事。

スポーツ選手やスポーツ好きの人と話していると、それぞれのスポーツにはそのスポーツをガチンコにやっている人達にしか理解できない言語でスポーツの場面場面が語られる、といった事があります。「あのホームランはしっかり上から叩けていた(横から打っているように素人目には見える)」「あの関取は本当に腰がドッシリしている、腰が重い(太っていて筋肉が強いという事?)「あの場面のパターは痺れて手が動かなかった(動いていたじゃん!?)」みたいな。こういった特定のスポーツに造詣が深い人達の言語やエリートアスリートの感覚表現というものは、門外漢には全く意味不明だったりするわけですが、これら独特のontology(哲学用語で“存在論”という事らしい。ニュアンスが訳しにくいのでそのままで)や感覚表現に同調したり、解釈したりする事はスポーツを楽しむ人達の酒の肴になるようです。






=実を伴う学びを得るためには=


人間が行うスポーツや運動には、それぞれontologyが存在します。数字や形、机上の空論などでは理解し得ない、そのスポーツを深くやってみないと分からない、独特の「~勘「感覚」「妙」みたいなところです。自分だったらゴルフが専門なのでゴルフを深くやりますし、運動指導者としては動きの繋がりや運動感覚、効率的動作/出力を大切にしたいので、中国武術や古来の柔術的な躰術を習っています。そうやって武術の稽古やゴルフの練習を試行錯誤していると、自然と自分が今必要な勉強や目的が明確になってきます。机上で勉強する数字や理論では分かり得ないそのスポーツパフォーマンスや運動そのものの奥深さを痛感して興味が湧いてきます。目的意識がハッキリしている現在は、昔より「実」を伴う勉強が出来てきているように思います。






=現場知の高い人達=


そうやって工学、机上の理論ではない目的のある追究によって得られた知恵や経験は、AIには絶対に入れ替え不可能な価値を作り出してくれるとおもいます。僕の周りの先輩方の中には、殆ど流行りのセミナーなどにはいかないけど、現場知の物凄く高い方々がいらっしゃいますが、彼らは常に指導している現場で起こる問題や課題を乗り越えるために、本を読んだり日々頭をフル回転して思考と試行を重ねられています。そういう方々は運動を見るときの「目」がとても鋭くて、また的確なエクササイズやドリルを創り出します。ゴルフスイングの指導などが分かりやすいと思います。優れたコーチか否かを分かつ能力は、本質的な問題を見つけ出す「目」と、問題解決のために創造される素晴らしいアイデアだと思います。型にハマった理論などはあくまで問題整理や駆け出しの指導者のためのものであり、そんなもので解決できるものはAIがどの道やってくれるようになるでしょう。しかし現場ではそんなに簡単に理論がハマってくれるほど甘くはありません。例えば「なんか悪くないけど何かが違う、的なゴルフスイングの問題は、生で見て生でコーチが解決の手段を適切に指導しなければ、難しいでしょう。そこに現場で対面で指導する人の価値があるのだと思います。





=理数系 vs 文系(体育会系?)=


科学的な分析というと、人と共有するため、また論理的に説明するため、要素に分解して数値化するのが一般的です。そしてその分析した要素を還元してあたかもその全体性を反映しているように語る人が出てきます。例えばゴルフスイングのレッスン現場では、分析好きな人の中には、数字を当てはめようと躍起になったり、スイング時の身体の動きは多様だから、きっと“その人にあった“数値”があるに違いないからその数字を探そう、といった輩が出てきたりします。また体幹が弱いからといって、ひたすらピラティスなんかのエクササイズをやらせる訳です。まあなんていうかそんな発想自体が「AI的」ですよね。




=全体性を常にみているか=


常にHolisticにヒトの運動を扱おうとしていれば、運動に対して向き合う考え方も変わるはずです。運動系のセミナーなどで講師の方のお話を聞いていても、常に全体性という枠の中で要素的なものを説明しているか否か、で全く違った内容になると思います。この全体性をゴールとしていないセミナーやコンテンツはあんまり面白くないですね。例えば学者でも無い僕のような人間にゴルフの物理の話だけひたすらされても何も響かないと思います。ゴルフの物理学は研究者/学者の先生にお任せした方が良さそうです。

ヒトの運動は中枢が支配する以上、まだ分かっていないことも多くて、深く考えるとメンタルやその人の生き方なども繁栄してきます。もし運動を科学的に数値化できる側面と、数値化できない側面を考えると、それは“数学/工学”と“哲学”のようなもの。そして頭が柔軟で優れた学者は数学的に表された世界を哲学的に考えるもの。数学的な側面だけを見て分かった気になるのは思考停止と言わざるを得ません。しかし今いろんな所で言われているように、皆深く考える事がめんどくさくなっている時代/世の中なんですよねえ。。





=つまるところ大切なのは、、=


結局このお話に挙げてきた「全体性」「ontology 」「数学とは対をなすもの」を大切にする学習をし、現場で私たち運動/スポーツ指導者がAIには入れ替えられないような価値を高めていくためには、愛、が大切だと、柄にもない言葉で閉めたいと思います。そのスポーツに対する愛、ヒトの運動に対する愛、そのスポーツや運動を行うそのヒトへの愛、その人を小手先の上っ面な技術を用いずになんとかしたいという愛。その人の筋肉量、柔軟性だけを見てヒトを“モノ”みたく扱うような指導はとっても勿体ない様に思います(勿体ないというと語弊があるかもしれませんが)。 こんな興味深いヒトの運動に関わる仕事をしていて、数値や見た目の表面的な変化だけを機械的に見るのは。まあ色んな意味で。

愛なんて言葉を連呼するのは性格的に小っ恥ずかしいですが、結局そういうことが大切で、それさえあれば、自然と質の高い学びと試行錯誤を繰り返し、価値の高い運動指導者になれるのでは無いかと思います。





「そこには愛があるのかい」by 一つ屋根の下のあんちゃん(江口洋介)


若い人には分からないか。。




ps


今話題の「万引き家族」観に行きました。

最高に良い映画でした。毎度是枝監督の緻密すぎる構成には度肝を抜かれますし、家族を取り巻く場面場面を切り取った映像は全部美しいし、また上映中にもう一回観に行こうと思います。

身近に衣食住を共にする人には自然と無償の愛が生まれるのも、自分の立場が悪くなると見捨てそうになるのも、普通に家族にあることだし、理想論だけで語られない血の繋がっていない家族がより今までみた映画の中で一番家族っぽかったなあ。こういう「っぽい」とかいうのもontology的で、やっぱり愛が無いとそういうのも分からないし、整然としないもの、生産的でないものを受け入れられないんじゃないかなあ、と思いました^ ^


今の時代に生きる特に若い人が観るべき作品だと思いました。


まだ観ていない人は是非行ってみてくださーい!







テーマ:

こんばんは!

 

どうもご無沙汰しております。

 

気がつけば数ヶ月更新をサボっておりました。

 

その間僕は特に変わったことは無かったのですが

 

4、5月は勉強会やセミナー講師のお仕事の準備に忙しいと言い訳して

 

6月は引っ越しで忙しくしていると言い訳して

 

ずっと放ったらかしにしていたら

 

書かないのが当たり前になり

 

更新していなくても何とも思わなくなっていました、、

 

 

習慣って大事♪ ですねっ

 

 

 

 

動画撮ってみました!

 

パターのビフォーアフター。

 

ここに登場する同僚の若手トレーナーささげっちは

 

女性らしい体の柔らかい素直なスイングをする子で

 

将来が楽しみです〜

 

 

パターの名手を見れば明らかですが

 

パチンとしっかりインパクトしますよね。

 

そんなイメージで打つとパンチが入って距離が合わないという方は

 

インパクト前後で一切クラブを持ち上げないで

 

ボールの僅か先までに小さくしっかりエネルギーを放つ練習をしてみましょう!

 

フォロー大きくなっちゃう人、距離を打てない人、よくショートしてしまう人は

 

インパクト直後にクラブヘッドを止めて逆に引くくらいのストロークイメージで練習すると良いかもです!!

 

 

 

 

 

 


運動視点、クラブ視点でスイングの本質を掘り下げれば

必ずゴルフは上手くなります!


-----------------------------------------

今まで色々レッスン受けたけど上達しない

我流でやってきたけどそろそろ専門家から指導を受けてみたい

とお悩みの方は

私のスイングレッスンやゴルフ専門のムーブメント/トレーニングセッションをぜひ一度受けてみてください(^_-)

方向性を誤って無駄な労力と勿体無い時間を過ごしてしまうゴルファーの方々のサポートができれば幸せです!



[場所]

都内の練習場 もしくは

新宿  トータルゴルフフィットネス

○住所
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-25
TEL:03(3354)1551

【お申し込み、ご相談】
直接私の方までEmail頂ければご相談いたします!

check.the.technique.1002@gmail.com



テーマ:




こんばんは。

ブログ放ったらかしでした。

今日はゆるーく女子プロのスイングをあげたいと思います。

女子のスイングを見ると

プロの選手でも振り送らせてどこかの体の繋がりが抜けるように振る選手が日本のツアーでも多いですね。

一方韓国(台湾)の選手は無駄に脚を使わず

上半身でクラブを振るために

下半身を使っている感じです。




イミニョンまじでかっこいいスイング。





アスリートなスイングをする基礎体力がないのもあると思います👇



ドラコン選手(?だと思います)でもこんな感じ多いです。


冒頭の女子選手はマジでアスレチックです。

アスリートなスイングしようと思ったらまず骨格/姿勢が整っていて

基礎体力がないと厳しいですね。

もちろん例外があるし

妥協点を探したり

個性も見なきゃです




ねっ。



テーマ:

こんばんは!

 

「Rickie high top golf shoes」の画像検索結果

リッキーの白黒のハイカットシューズを随分前に買って

 

オブジェのままでまだ履いていません。

 

限定発売だったのに最近他のカラーですが出やがってえ

 

希少価値がなくなったやないかい、と思っていました。

 

 

だけどまあいっか、

 

そろそろ外で履こうかなあと思ってた矢先に、、、

 

 

 

 

というお話を動画にさっとまとめてみました!

 

 

 

 

 

 

 

 



---------------------


前回告知させていただいた


リリースの勉強会はすでに満員となりました。


そして5月にはがっつりゴルフエクササイズを実技を中心に行います。


あまり他のセミナーなどではやらないようなエクササイズの考え方などもたくさんあって


視野の広がる、でも本質的な、ゴルファーをスイング改善やパフォーマンスにできる限り近づけるような内容の実技や考え方をシェアしたいと思っております⬇︎


-------------------------------------------------------


ゴルフのための徹底的!!エクササイズ考察と実践

期日/2018年5月13日(日)

時間/9:3016:309:10受付開始)

会場/東京スポーツ&レクリエーション専門学校第2校舎6階601教室(東京都江戸川区西葛西7-13-12


内容/

ゴルフを専門とし、スイングも指導するトレーナーがゴルファーを運動指導する際に必要な知恵をシェアする。ゴルファーのクライアントの心を掴むための、効率的なゴルフスイング運動、そして論理的なエクササイズ処方の考え方を学び、さまざまな運動要素を噛み砕いて、現場知を共有する。

今回は座学を少なめに、ゴルファーに必要なフィジカルレベル、感覚、運動の繋がり、関節のポジショニング、またその協調性、身体知を高めるエクササイズとワークを徹底的に行う。

このセミナーのゴールは「運動指導者の立場でゴルファーに説得力のある運動パフォーマンスの素養やバイオメカニクス、効率的な運動・繋がりを解説できるようになる」「ゴルファーに対して的確な運動処方とコンディショニングを行えるようになる」こととする。

ゴルファーのみならず、一般の運動指導や姿勢改善、機能改善にも役立つエクササイズや考え方をたくさんシェア致しますので、興味のある方はぜひ一緒に学びましょう!


[キーワード]

1.ゴルフ競技に必要な運動要素

 効率的な運動連鎖(Kinematic Sequence

 分離運動

 軸感覚と重心移動

 力を末端に向かってリリースすること

 伸展回旋側屈の運動パターン

 軸回旋運動

 近位/軸の安定/支持から遠位への力発揮

 足圧の移動

 身体(&手元)が浮くこと、開くこと

 ウネる、時間差

 躰術・ボディワーク的身体使い、動きや軸からの繋がり

.姿勢と関節ポジショニング

 ゴルファーの姿勢、構え

 可動性と安定性

 関節のポジション、膜のテンション

 脱力とテンション作り

 ゴルフに必要な感覚要素 

 内側的運動制御と外側的運動制御


講師/高野裕正, M.S., ATC, SFMA, TPI G3/F3/M3/J2


対象/本質的なゴルファーの運動指導を学びたいパーソナルトレーナー、理学療法士、その他医療従事者

受講料/21600円(税込)

定員/15名

申込締切/5月12日(土)

問い合わせ/Golf Performance Management 担当:高野

TEL080-5340-1359

gpm.2015.quartet@gmail.com


お申し込み/ https://pro.form-mailer.jp/fms/1600bee2141929








---------------------------------------------------------------


運動視点、クラブ視点でスイングの本質を掘り下げれば

 

必ずゴルフは上手くなります!

 

 

-----------------------------------------

 

今まで色々レッスン受けたけど上達しない

我流でやってきたけどそろそろ専門家から指導を受けてみたい

 

とお悩みの方は

私のスイングレッスンやゴルフ専門のムーブメント/トレーニングセッションをぜひ一度受けてみてください(^_-)

 

方向性を誤って無駄な労力と勿体無い時間を過ごしてしまうゴルファーの方々のサポートができれば幸せです!

 

 


[場所]

 

都内の練習場 もしくは

 

新宿  トータルゴルフフィットネス

○住所
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-25
TEL:03(3354)1551

【お申し込み、ご相談】

直接私の方までEmail頂ければご相談いたします!

check.the.technique.1002@gmail.com

 

 

 

 

 

 







テーマ:

こんばんは。

 

今週は先週のミケルソンに続いてタイガーの復活優勝に期待したいです。

 

正直ミケルソンは勝つと思ってましたが、

 

タイガーは怪我からこれだけの状態まで復帰するとは思っていませんでした。

 

今年のツアーはベテラン勢が頑張っているのもあって

 

いい感じですね。

 

あと一ヶ月でマスターズ。

 

春ですね♪

 

 

 

今日も動画を撮ったものを紹介します。

 

とても短いですが^ - ^

 

 

 

 

 

 

最近春の兆しが少しばかりですが見えてきましたね。

 

ということはそろそろゴルフのシーズンですねえ。

 

 

 

お客様さまのインパクトエリアの動きのビフォーアフターを作ってみました。

 

 

 

アマチュアでこのような全く無駄のないハンドファーストインパクトは

 

なかなか見られないですねえ。

 

クラブ、身体の運動ベクトルと機能解剖的な側面からアプローチすれば

 

身体、コンディションが仕上がっているヒトにはそれほど難しくないと思います。

 

まあセンスもありますけど。

 

 

 

 

 

この方のインパクトはまさに

 

PGAオブアメリカ的な。

 

 

 

インリンオブジョイトイ的な。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応ムチにかけてるんですよ。

 

 

ムチに。

 

 

 

 

なんの話やねん

 

 

 

 

 

とかゆーてる間に

 

 

勉強会やりまーす!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

「ゴルフスイングのリリース/インパクトエリア」についての勉強会

 

お相撲さんが相手を押し出すときには、基本的に腕は支持性を高め、力を逃さぬよう胴体の重心・軸移動により推進力を生み出します。一方、手で物を投げたり、振る時には、文字通り腕やその把持している物をリリースすることにより、力を解き放ちます。インパクトエリアでの前腕を中心としたローテーションによる強い出力、またインパクト後、腕が解き放たれた・放り投げた状態というのが基本となります。これらはリリース系スポーツの共通項であり、ゴルフではそのフルリリースを基本軸として、色んな打ち方を考察すると良いし、スイング改善/指導の際にも軸となるべきところです。特に、肘から先の運動、または運動感覚への介入がリリースのみならずスイング全体の流れや力強さに大きく貢献します。

またヒトは手先だけで巧緻性の高い運動を行えます。しかしこの人間の高度に発達した機能に着眼したスイング運動学習が、ゴルフのスイング改善において軽視されていると言えます。脳機能が高度に発達したヒトは、手を肘から先だけで素早く動かせて、かつこの分離運動によりかなり力強く連動/出力できるようにできています。この運動にエネルギーを乗せて行くのがダイナミックな運動となる訳ですが、この肘から先の運動を邪魔するように体を使っては良い運動連鎖はおきません。つまりゴルフだと合わせる運動になってしまいます。世の中の大多数の、なかなかスイングが改善されないゴルファーの多くは肘から先の運動とそれに神がかり的にマッチするクラブのフェースローテーション、リリースから運動を変える必要があります。

今回の勉強会では「クラブのリリース」をテーマに、クラブをさばくフェーズであるビジネスゾーンを中心として、手の役割や中枢、体幹の使い方、重心移動、軸感覚、体の開き・浮き、クラブフェースのコントロールなどを、座学、ワーク、ドリルなどを交えて考えていきます。

 

ゴルフコーチ、ゴルフを探求したいアマチュアの方を対象に、楽しい勉強会にしたいと思います。興味のある方はご参加お待ちしております。

 

【日時】

2018/04/14(土) 19:00-21:30

【会場】

新宿四谷トータルゴルフフィットネス

住所:東京都新宿区四谷4-5

https://www.tg-fitness.net/company/access.html

 

 

【参加費】

ゴルフコーチ ¥15,000(税込)

アマチュアゴルファー ¥10000(税込)

【定員】

10名

 

お申し込みフォーム↓

https://pro.form-mailer.jp/fms/45961cea140806

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運動視点、クラブ視点でスイングの本質を掘り下げれば

 

必ずゴルフは上手くなります!

 

 

-----------------------------------------

 

今まで色々レッスン受けたけど上達しない

我流でやってきたけどそろそろ専門家から指導を受けてみたい

 

とお悩みの方は

私のスイングレッスンやゴルフ専門のムーブメント/トレーニングセッションをぜひ一度受けてみてください(^_-)

 

方向性を誤って無駄な労力と勿体無い時間を過ごしてしまうゴルファーの方々のサポートができれば幸せです!

 

 


[場所]

 

都内の練習場 もしくは

 

新宿  トータルゴルフフィットネス

○住所
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-25
TEL:03(3354)1551

【お申し込み、ご相談】

直接私の方までEmail頂ければご相談いたします!

check.the.technique.1002@gmail.com

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス