ニジンスキーインザプロセス。 | i'm a dancer not one's perfect

ニジンスキーインザプロセス。

日曜日から2週間夫が出張中なのでヘリベルトと二人(一匹と一人?)毎日過ごしております。

image

 

image

 

w

 

朝7時起床、教えるバレエクラスの準備の残りを考えながら朝食、掃除機かけるかクイックルワイパーして、9時に家を出てヘリを劇場まで散歩。

9時半に劇場に着いてからその日のバレエ団の準備、ミーティングなど、で、10時半から11時45分までバレエクラス教え、12時から14時半までリハ(座る暇なし)、

昼休憩はヘリを連れ出し劇場周りを散歩、

15時過ぎにランチを食べる、食べながらスタッフとミーティング。たまにダンサーが相談に来る。

15時半からまたリハーサル開始、18時半まで、腰痛くなるくらい座る暇なし。

リハーサル後に明日のスケジュールを話し合う(今新しい作品を振り渡し中なのでそのスピードもあってリハ後になるまで翌日の予定立てるの難しい状況)、短いミーティング。

シャワー浴びて頭乾かすの面倒だけど風邪ひけないのでドライヤーして劇場を出るのは19時過ぎ、

ヘリを散歩させながら帰って19時40分頃帰宅。

そこから晩御飯と翌日のお昼の用意、座るの21時前。

で、22時半から23時過ぎまでにはヘリをまた散歩(うんちおしっこさせる)、翌日のバレエクラスの準備を頭の中でしながら。

24時にはベッドに入るようにはしてます。

教える時かなりフィジカルに全部見せてるので体ばっきばき。

日本の会社員の皆様を思うときっとたいしたことないんですけれど・・・・w

だから多分私は日本では生きて行けない。w

 

昨日はスタッフ達にご飯誘われて渋々承諾(時間もったいないからw)、しかも一杯だけ飲むってことができないので(最低3杯)覚悟を決めてバーへ。

お腹空きすぎて気を失いそうだったのでバーガーを頼む。

一応手作りらしいけどほんと、外食ってもったいないよなと思うクオリティー。だいたいドイツはそんなもん。

ただビール安いからね、感謝してます。

でもそうやって外食しながらも、翌日のランチの用意どうしよー劇場前のカフェでサンドイッチ買うかなーでももったいないなーサンドイッチに5ユーロ位はたくのも、でも今夜は気力が・・・・

ということで翌朝起きてからご飯炊いて、日本から買ってきて大切にとっておいたソフトしそわかめと母の梅干しを混ぜた玄米白米キヌアでおにぎり。

あとは納豆入りおにぎりと、ゆで卵2つ作って準備。

納豆おにぎりはめっちゃ食べにくいわ、しかも外人の前で食べるのには気がひける。

めっちゃ糸引くやん!!!

今日はおにぎり食べながらお昼休みはヘリの散歩。

座ってご飯食べるの時間もったいない。

 

 

でも明日はクラス教えるのは私じゃないので少し気が楽。

(私はすごくバレエクラスのコンビネーションをリハの為に、ダンサーの具合によって考えて用意する派なのでちゃんと準備したいのでその場でエクササイズを考えるみたいなのはしたくない、ダンサーがどんなに疲れてても最後までクラスを終わらせるクラス。毎日のクラスってすごく大事。)

 

だけどこの今振り渡ししてるニジンスキー、前回も書いたように振り渡しに来てくれているマルコのアシスタントのファビオももちろんしっかり用意してきてるけど、私の方が何十倍もリハーサルの指揮をしてきたのでかなり私が動いている。

プレミアまでの準備期間も少ないのでもう「時間は無駄にできない!!!!」とばかりに教えて喋りまくって(説明)動かせてクリーニングしてって・・・・気が遠くなるくらいの振りの多さに目眩(結構冗談ではなくw)。

マルコの作品はステップの多さと速さで有名なんですが、このニジンスキーもかなりすごい。

自分でも、なんの予習(復習か)もせずに毎回リハーサルしてるんですけどかなり正確に覚えてることにびっくり。

人間の脳みそとカラダのつながりの不思議。

 

明日は仕事のあとにドイツ語教室がある。

やべー大丈夫かな私。w

 

とにかく書いて、私も一応頑張って生きてるよ!!ってなんとなく書き記したかったので、戯言だなーと思ってください。

なんかすっきり。

 

 

でも毎度、ちゃっかり美味しい赤ワイン飲みながら、書いてます。

幸せ時間。

仕事してる時も幸せなんだけど。

家では飲みながらでもほぼ寝ている姿勢になれてるのも大きい。(想像してねw)

時間に追われてるって思わないで過ごした方がいいのかなと感じてます。

 

もう金曜日かーーーーー!!

土日も仕事だけどーーー!!

明日もめっちゃ頑張る!!!

 

 

バレエ団のオフィスから(マルコの)の眺め。

image

 

冬の空はなんとも言えない色がいっぱい。