バレエ団の撮影と、物欲と、食欲と。 | i'm a dancer not one's perfect

バレエ団の撮影と、物欲と、食欲と。

どんな題名だよというブログですがこんにちはー!

また急に気温が上がってちょっと困ります。

 

 

インスタ見てる人は知ってると思いますが、先週森林の中でバレエ団のポートレート撮影がありました。

image

晴れてたけど気温5度などで寒かった。(先週は寒かったんっすよ)

我らの芸術監督のマルコゲッケ、かっこいーでしょー。

image

グスティーもいるよ。(グスティーはマルコの大親友のダックスフンド、いっつも一緒にいて、舞台袖にもマルコといつも一緒にいる)

image

 

この日は夜ルドがうちに来て3人でごはん。

image

肉じゃが、酢豚、麻婆茄子、ワンプレート、洗い物大変だから。

 

image

image

ワインいっぱい飲みました。

翌朝数えたら6本空いてた。

私は途中お茶に切り替えたから翌日も全然大丈夫だったけど、男子軍は頭痛いって言ってました。

ほれみろ。

ダニエル(カマルゴ)がくれた赤ワインがとっても美味しかった、いいワインは最初の方に飲むべき、そのうち酔っ払って味がわからなくなるからね。

 

翌日は餃子。

image

ごはんの色合いがイマイチなのはキヌアと玄米混ざってるからだよ。

ああ、大きな新しいテーブルが欲しい。カーペットも欲しい。

冬のボーナスでたら買おうかな、考え中。

一生ここに住むわけじゃないしなーとか思うといいもの買う気がしない。

もの増えると動く時大変だし。

先月はミキサーをとアイロン台を買って、今月は新しいバスタオル(超気持ちいいの見つけた)を買って、あとは新しいアイロンを買う予定。バスタオルははるばるニトリで買ったのを今まで使ってたからね。その後HEMA(オランダ発のなんでもやさんみたいなショップ)の使ってるんだけど、お客さん用にMANUFACTUMで買ったタオルがよくて、自分たち用に大きなのを買った。

このMANUFACTUMというショップはすごく洒落たものが売っているお店で、文具から家具やらコスメやらワインやらなんでも手に入る。文具は日本のものがたくさん見つかるのだけど、すげえたけえ。ジャパンクオリティーとセンスのよさはヨーロッパでも輝いている。

http://tbski.net/manufactum/

ベルリンショップの観光案内があったのでリンクしました。

わくわくしちゃうんですよ、ここに入ると。

高級雑貨店と呼ばれているらしい。

たしかに、高いものが揃えられている。

が、そのものそれぞれの価値にとても見合っている値段だなと思います。

だからたかがタオルでもいっぺんに何枚も買えないので月をまたいで少しずつ買ったのである。

 

 

 

昨日はマインツで5年間一緒に踊ってた同僚で今もまた同僚(彼女はダンサーとして)のヴェロニカのお家でタパスごはん。

image

彼女はスペイン人。同じ歳。

超きれい好きな彼女、家ピッカピカだったわ、私も刺激を受けて翌日掃除しちゃうよね。

imageimage

真ん中のヘリの後ろにいるのがヴェロニカ。

朝の5時まで飲んでたからね。

その後の自転車で帰宅は紛れもなく飲酒運転です。

 

 

明日からニジンスキーのリハーサル開始。

ゴルチエダンスの時にマルコが振り付けした作品を、ここハノーファーバレエ団でも12月から公演します。

ここではオーケストラで。

わくわく。

昨日、今はここハノーファーで踊っていて以前ゴルチエにいた私をよく知るダンサー(写真の左上の男の子)に、「貴子ハノーファー来てから全然優しいっていうか大らか、もっと前みたいにガンガン辛口で攻撃していいと思う」って言われた。w

うふふふふ、小出しよ小出し。

ただ、ここに来てから思うのは、こっちが頑張っても変わらないなっていうダンサーへの諦めが早くなったかな、とは思います。

学校じゃないっすからね、プロのバレエ団っすからね。

私もどんな自分がいいのかな、と、色々試行錯誤中。

 

ニューチャプター、頑張るぞー!