始まったアパート探しと心の葛藤。(皆さんならどうしますか?) | i'm a dancer not one's perfect
Sun, April 28, 2019

始まったアパート探しと心の葛藤。(皆さんならどうしますか?)

テーマ:ドイツ

焦っております引っ越しに。

 

一つのアパート、決まりそう(というか契約はもらったんだけどサインしていない)。

ネットで物件を探しているんですが気に入ったところにはとにかく全てメッセージを送っている私たち。

返事ないことも多いのでとにかく沢山アポとって1日で何件も見たい、というのが希望。

火曜日に送った中の一つの物件の不動産屋さんから電話があって明日見に来れる?ということでその電話をもらいながら同時に電車賃を調べる私。

飛行機代ですかというくらい高い。

こちらのICEという日本でいう新幹線のような電車を使うのですが違うところは値段が一律ではないということ。

なので例えば直前に買うと1ヶ月前に買うのの3倍はすることもあるという事。

マインツに住んでた時ここシュツットガルトでの家探しがとっても大変だったのがトラウマで家探しがとてもストレスな私。

実際ドイツでは「ドイツ人ではない」という事で不利な事も沢山感じる。

今月はリハ以外時間がある私は仕事で行けない夫を置いて一人で物件を見に行くことに。

 

その行きのICEの中であった久々のかなり腹たった話は次回に回しますが、

4時間弱かけてハノーファーに到着。

幸運にも天気も最高。

image

劇場にも行ってアパートの案内が貼り出されてないかチェック。

(劇場からいなくなる人たちがそうやって広告を出すということが沢山あるので劇場チェックはアーティストには欠かせません)

一つもない。w

あったのは新しく来るダンサーたちの「何か物件の情報あったら連絡下さい」という逆張り紙のみ。

 

この日は2件見せてくれるということでまずは1件目の待ち合わせ場所へ。

すごく無理に勧めてくるのですが手入れのされていないアパート、多分誰も住んでいない期間が相当長いと思う。

立地以外全てが全然ダメな感じで次の場所へ早々移動。

その2件目目当てで来たのですが、エリアも、アパートもとても気に入った。

ただ、値段は結構する。

816ユーロカルト(管理費抜き)、管理費を入れたワームで966ユーロ。

そこにネット代に光熱費を入れたら1100ユーロにはなる。

それでも今の小さいアパートに比べたら広くなり、3部屋。

68平米で劇場までも徒歩で10分ほど。

 

そして一番のネックはキッチンを今住んでいる人から買わないといけないということ。

しかし、そのキッチンもキッチン部屋に合わせてしっかり作られたというものではない。

今住んでる人もその前に住んでた人から買ったと。

ただ、冷蔵庫が新しく、買って一年経ってないのをつける、と。

台所のシンク、食器洗浄機(小さいの)、冷蔵庫、食器棚などがついて800ユーロと。

その日に会って喋った時は600ユーロでもいいよと納得していた。

 

家に帰って夫と話すと夫は今住んでる人が売りたいもの全ての写真(今の状態を知る為)とその買った時の領収書を見せてくれてからまた考える、と。

どちらかというと反対。

アパートも高いし、ましてや7月1日から借りたかったのだがここは6月1日から。

ということで6月はここシュツットガルトとハノーファーの二つのアパートを払わなくてはいけない。

ハノーファーの敷金が3ヶ月分のカルト家賃、ということで816×3=2448ユーロ。

それにその月の家賃、そしてシュツットガルトの家賃、ということになる。

それにプラス600ユーロのキッチン代。

プラス後から職安が払い戻してくれるにしても引っ越し代はまずは自分で払う。(仕事の為に引っ越さなければならない場合は職安がお金払ってくれます。全てのことにではないらしいですが、私は聞きに行ったら払ってくれると言っていました。が、職安から決められた引っ越し会社から選ぶ模様。)

 

うーむ。

 

でも、キッチンを自分たちで作るとなるとそれも大変なのだが、時間はある。

仕事自体が始まるのは8月半ば。

7月に3週間弱私は日本に帰る予定ですが夫はコルシカ島に帰るかはまだ未定。

キッチン買うことに反対していたので「じゃあこの際買わないで時間あるしその翌月に準備でも大丈夫だよ」と言ったら急に弱音。

「いやあ確かに600ユーロはキッチン買うにしたらそんなに高いってわけじゃないけど」と。どっちだ!

しかもアパートは自分が実際に見れてないので高い高いと不満そう。

私はとっても気に入ったんですよね。

でもその不安要素を沢山並べられるとこっちだってどんどん不安になるもの。

正直私もわからなくなってきました。

 

私はこれから自分の気に入るアパートが見つからなかったら、見に行く時間がなかったら、見に行くのにも相当の時間とお金かかるしと思うとそれに費やすならもう決めちゃった方がいいじゃんかと思ってしまったり。

 

ちなみに、ペット不可というところは30パーセントくらい。

 

ヘリのためにも公園が近いといいよね、とか。

契約送ってもらってるところはハノーファーの中でも有名らしい公園が徒歩2分内。

 

 

今決めるなという夫ともう決めて安心したい私。

5月からまた忙しいんだよー6月半ば過ぎまで。

結構「今すぐ入居できる人募集中」という物件もとっても多いんです。

今見てる中でもいいな〜と思うのでも「今すぐ」というのが沢山。

待つほどいいのが出てくるものか・・・・

68平米でこの値段は高いと。

1000ユーロくらい払うならもっと広くていいところが必ずあるはずだ・・・と。

ワームが1300超えたらとってもいいところがあるんですよ、逆に光熱費込とかでお得に。

できるといえばできるんですけどキツキツで生活するのは嫌だしそんなに広くなくていいじゃないかと。

 

気に入ったアパートから返事あるかないか。そこからですからね、不安が。

 

 

ああああああああああああああああああああああどおしよおおおおおおおおおおおおうううううう。

 

 

皆さん、是非、自分だったらどうするか、を聞きたいです。

 

うそーん私こういうことに優柔不断になることないと思ってたのにーーーー。

すごいなってるわ。

毎晩夜中か朝方にこのアパートの心配で変な夢見たりして目が覚めてます。w

 

 

 

全てが無事にオーガナイズされて、私は無事に帰れるのでしょうか日本に。

もうチケット買っちゃったけど。w

 

 

帰りの電車が来るまで駅のホームでビール。

image

缶ビールそのまま飲むとか超お下品な。w

気休めにしっかり缶拭いてから飲みましたよ。

 

これからの出費にびびり持ってきたテンペおにぎりで食事はしのぐが、

image

やはり飲む。(両方ちゃんとスーパーで買いました)

 

 

帰りは行きと違ってとてもリラックスの旅でした。

 

それも次回に書きます。

 

 

 

 

すごい心配性の西でした。

 

 

 

 

10連休で普段できないこと沢山してください!!!