i'm a dancer not one's perfect
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

願うだけじゃあ叶わねえ。

先日、朝お手洗いの床拭きをしていたら、あれ?水たまりを発見。

image

この部分から水が漏れている・・・・タイルの線も濃くなって水が伝っているのがわかりますでしょうか。

すぐ仕事に出なければならなかったので不動産屋さん(が、大家に変わって常に家の管理をしてくれている)に電話。

「修理業者も午後16時までだからあなたの仕事後は今日は無理ね〜明日来れるように願いましょう」

って、

誰に願うんだよ聖母マリアかジーザスか?

ドイツ人は仕事が早いって言出屁手をあげろ!!

まあもうそんなの慣れたし期待していないので大丈夫。

「今日業者の誰からも連絡なかったんですけど」って夕方また不動産屋さんに連絡したら、

「あらーそれはダメね、朝来れるといいんだけど・・でももう今日はしまってるからね(知っとるわい)、また明日連絡してプッシュしてみるわね!」

翌朝私の電話は鳴らないのでまた私から電話。

数分後「今コロナのせいで働きに出れる人が少ないみたいなのよ」

って、今更そんな情報言われても、それくらい予想はできてます。

「で?」と冷ややかに返事すると、「また連絡するわ!」

そして10時30が過ぎた。

この日はバレエクラス教えなくてよかった日なので出勤遅番。

今日金曜だし月曜まで大丈夫かなーと思っていたところピンポン鳴る。

郵便か?また出るのをためらったがうーーーーん、なんだか予感を感じドアを開けると修理の兄ちゃん登場。

 

おい、業者さんこれるのなら時間くらい教えてくれ。

 

そんなドッキリも慣れたもの。

 

数分後

image

便器の下にあったシールを張り替えてくれている。

後ろの方のネジが取れていて便器が動くのが水漏れの原因だよと言われた。

タンクの水の溜まりも遅い(というか修理されてからの方が遅い気がするんだけどよ)、

1枚目の写真でもわかるように、便器に亀裂が入っていることも指摘された。

全部取り替えた方がいいよ?と言われた。

一応レポートに書いてくれたのでこれを受け取った大家さんが新しいのにしてくれる気に・・・・

ならないと思う、今までの経験上、あんまりメンテナンスを気にしているようには思えない。

とりあえず水漏れは治ったので良かった。

よりによって夫が家にいない時にこういう事は起きるもの。

 

 

 

 

今どひゃーっと土砂降りました、濡れたコンクリートの香りって大好き。

土砂降り前はもうかなりの良い夏日でヘリと一緒に日焼け(ヘリ黒いから暑くなると日陰行く)

image

本読みながらエスプレッソ飲んで、THE 休日って感じ。

両親と久々にテレビ電話。

弟夫婦も丁度実家にて両親と鰹のたたきを食べていて、全員酔っ払い(義妹以外w)で電話してきた。

誰も人の話を聞かない。w(義妹以外)

留学したての頃を思うと海外にかける専用テレカ(今の若い子にテレカって言っても通じなさそうですね)で電話してたことを思うと、本当に便利な時代になったもんだ。

今の方が確実に精神的に参ってしまって帰国するだなんてこと、かなり減ったのではないだろうか。

いつでも母国語でコンタクトできるってだけでかなり心強いはず。

 

 

あともう一週間でバカンス。

今シーズンはクソコロナのせいで大幅に色々狂っててんてこ舞いだが普段の生活にさらに感謝している。

いつもと違う無理やり感な忙しさと共に、シーズン最後の3日間は舞台が野外で予定されている。

金曜日は衣装を着ての通し稽古をしたのだが、やはりあの緊張感が皆に走る、気持ちが一つになっているところが、

とっても心地がよく、嬉しい。

 

と同時に、30秒程のソロなのだけど一ヶ月半以上前に1時間ほど時間をかけて指導をしたダンサーがいた。

そのあともまたその場面の通し稽古のあと良くなかったのでまた15分ほど指導。

まだ冗談交えたりしながら、優しい私。w

そして昨日の通し。

ちっとも良くなっていない。

というか努力しているところも見ない。

いや、人前で努力しろとはいってないけど、まあ今日の通しの前もパーカーかぶって座ってたんじゃあ上手くなるわけない。

まして彼は研修生の身。

ファーストキャストは他の正団員なのだけど彼は長いソロの作品を他にも踊ってるし、できるだけたくさんのダンサーが舞台に出れるようにと彼をキャストに入れたのだ。

それにもちろん舞台に立ってこそのダンサー、私はチャンスを与えることと思ってそれをどう受け取るかもよく観察していた。

 

通しが終わった後もまた自主的にやり直す素振りもなくまた座る。

 

通しの後にもう一人のバレエマスターと手分けしてコレクション(注意)をダンサーたちに与えるのだが、

彼の番はわざと飛ばして最後にキープした。

「あなた、自分で練習した?」

「はい」

「そうなの・・・・そうは見えなかった。今日の踊り、良かったと思う?」

「いや、よくなかった」

「ふうん・・・・

コレクション、何も書けなかったわ、今までと全く同じことを書くのに紙ももったいない。

初めてリハした時にあれだけ一緒にリハしたの覚えているよね、それからあなたにも十分時間はあったよね?

その後も通ししてまた練習したよね一緒に?

それでさっきの踊りを見てまた注意して欲しいの?いつも注意されたいの?

今更、まだできませんっていうのはありえない話。

わたしはあなたができると思って配役したのよ。

こうやって正直にあなたに言わなきゃいけないのはわたしの仕事、あなたがあなたのやるべき仕事はしたと胸を張って言える?死ぬほど努力した?

30秒のソロだからって思ってないわよね?

悪いけど、伝えなきゃいけない、

この公演の通しを今日して、あなたが出てきた瞬間にバレエ団のレベルが下がったのを見た。

それを放っておくことはできない、この意味わかるよね?

そしてこう言われたからって悲しくなってはい終わりっていうのは無しね。

自分に怒りを感じてそれをエネルギーに変えて練習しなさい。踊りなさい。

あなたは座るためにここに来たんじゃないでしょう?

あなたのこれからは全てあなたのもので貴方しか変えられない。

私はこの作品に関しては全てを伝えました。

それをどうするかは貴方次第。

以上。」

 

「はい」

 

 

で、

これを伝えた後、彼居残って練習してたと思います?

 

 

 

 

もう一人のバレエマスター:「あれ、彼もうスタジオにいなくない?」

私: 「どっかに隠れて泣いてんじゃないの」

   「それもないかもな〜」

 

ましてや自分のボスの作品を、踊りこなせないだなんて、私なら恥ずかしくて恥ずかしくて練習しまくるわ。

 

 

本当、こっちが悲しくなるよね。

仕事変えたほうがいいってまじで。

あんたにゃ無理だ、向いてないよって。

世界中の素晴らしいダンサーたちはね、みんな死ぬほど探求して踊りし続けてるんだよ。

すぐにできないのは当たり前、ただね、それでもやろうと、努力してるのはしっかり見える。

 

 

シーズン初めと終わりの自分は、常にレベルアップした自分でいたい。

私はそうマイシーズン言い聞かせてきたし、これからもそう。

 

もうすぐでバカンス。

バカンス中は自分のことに集中するぞーーーーーーー!!!!

 

 

 

 

バカンスの話は次回に!

お誕生日おめでとうございますダンス特集。

 

Yokohama Dance Baseさんの来週のオープニングへ向けての

ハッピーバースデーメッセージに参加させて頂きました。

 

庭で坊主で踊ってます。

ギオームがいちいちすごいダメ出ししてくるので終いには汗だくでした。

沢山のお友達が繋がっていて、本当に皆でパーティーできたらいいのになと思わせてくれます。

素晴らしいオープニングになりますように。

そしてここから沢山の刺激が日本へ分散されますように。

 

 

ギオームが出張中でないときは愛犬ヘリベルトの相手はギオームの仕事。

いないときはもちろん私。

規則正しい生活になります。

仕事前に散歩に。

image

うちの近くの公園、ラットハウス(市庁舎)が好き。

この日は天気悪かったな。

image

image

蓮。

上野を思い出す。(全然規模ちゃうけど)

 

そして庭でひなたぼっこ。

今日は土曜日でお休みだったので、お茶飲んでさくらんぼ食べながらの朝食。

image

さくらんぼしか食べないの?って?

いや、平日はヨーグルトにオーツ麦やナッツやら果物やら色々入れて食べるんですけど、

休みだと気分によってだいぶ適当です。

普段から朝食は夫と同じものは90%食べません。

時間帯ずれるし、というか朝一人でキッチンでその日のことを考えながら朝の準備するのが

とても落ち着くので邪魔されたくない。

ギオームもそう。

ギオームは歯が悪い(治療せずにずっと後回しにしてるから)ので

同じようなメニューをミキサーに入れてスムージー。

歯医者に行ったら絶対にインプラント決定、だけどそんな余裕は今ない=歯医者へ行けない。

実質、夫の保険は家族保険で私の元に入っているわけです。

フリーランスの頃は二人ともバラバラだった保険会社(その方が職安とのやりとりが面倒でなかった)

のですが

もう職安には頼れない時効(w)が切れたので。

ほんま、夫婦で自営業してる人たちってすごいです、どうやってるんだろう。

歯も治療によって、どうやって支払いするかのプランできるよと言ってるんですけど、

怖い、と言ってまだ先延ばしにして何年経ってんねん。

歯並び超いいのでもったいないなーと思いますけど。

 

話しそれました。

太陽大好きヘリベルト。

image

とても

image

くつろいでいらっしゃる

image

近寄るごとに足が開く。

横目でめっちゃ見とる。

image

とても幸せそうでした。

 

仕事から帰ると、ベロベロ攻撃にあい、

image

こうやってくつろいでおります。

何やっても可愛いんだよね、どうしようもないね。

 

夫がいない間の夕食。(これ夜21時くらい)

image

Youtube見ながら食べてるお行儀の悪い妻です。

(実家でご飯食べるときにTVつけるとか本当ない、朝だけ、ニュースがついていた、見るというより聞く用。)

右上タッパーは最近はまって作っているぽりぽりキュウリ、

右下はカブにレモン醤油汁でつけてお魚と一緒に食べるよう

(本当は大根おろしにしたかったけどカブしかなく、カブをおろす勇気がなかった)

人参とピーマンのきんぴら。

ゆでたアスパラ。

玄米白米キヌアmix。

 

餃子

image

だけ。

w

白菜たっぷり使ってます、餃子の中身。

本当は一緒にキャベツの味噌炒めあったのですが

餃子焼いている間にお腹空きすぎて食べてしまいました。

しかもこんな数の餃子じゃ全然足りなくて・・・・

これを食べた後にご飯お代わりしてまた色々食べました。

正直、やっとこの頃、

「私って食べる量多いみたい」

という事に気がつきました。

ドイツ料理の量とか余裕。

がしかし、

飲みだすと、

食べなくなる。

 

 

 

 

 

次回は海外あるある家の故障と、夏のバカンスについて触れられたらなと思っております。

 

 

皆様、健康で、良い週末を!

 

驚愕の、三日で届いた小包。

レッスン中のマスクのせいで、にきびが!!!!肌荒れが!!!!!な、西ウロです、こんばんは。

やだー結構ショックーコロナどこまでもクソだな本当に、と・・・口が悪くてすみません。

いや、私だけかしらマスクのせいで肌荒れ。

私がレッスン中に使っているのはPITTAです。これだと息しやすい。

ダンサー達には近づきませんしこれで十分。

汗かく量が半端じゃないからか・・・・もしや・・・汗疹なの?ねえ、汗疹なの??

 

 

 

話は変わって・・・

日本の友達のあっこから、EMSが届いた。

しかも、送ったよ、という日から、3日で届いた。

image

このコロナ渦の中、信じられない早さで届いた。

土曜だった朝、お休みの私、9時になるドアベルに出るか本気で迷った(身に覚えのないチャイムには出ない主義)。

それでもしつこくなるベル。

パジャマに羽織で対応。

郵便局のお兄さん私を見るなり「ソーリー」って謝った。w

相当眠そうな顔してたのだろうか、仕事をしている人を目の前に嫌な感じである。

なのに、ソーリーというお兄さん、そんなことは滅多にないここドイツ、驚いた。

が、もっと驚いたのはそのお兄さんが手に持っていた小包。

あっこが3日前に日本から送ったものがその手の中にあるではないか。

ということで、愛の溢れる中身に、手紙に、嬉しくって嬉しくって。

なぜタビソックなのかというと、前にインスタのストーリーズでマルタンマルジェラの足袋ブーツを履くのに普通のソックスを指で一生懸命に押し込んで履いている動画を乗っけたところ、心優しい親友あっこ、私に送るという発想。

なんて優しい友達を持ったのだ。

その中に除菌シートやドアノブを触らずに開けるものやらマスクやらも入っていた。

その中の一つ、

image

このスリランカのお茶。

正直、ワキの臭いがするわけよ。

お湯注いで、「ワキ!」みたいな。

忠実にいうと、スパイスがたくさん入っているんです。

よく言うと、カレーな香り。

そして飲んでみた、

味がとっても好き。

そして、即発汗!!!

わたくし元々汗っかきなんですけれど、秒でしたね、この発汗。

どうだろう、こういうお茶こっちで結構見つかりそうな気がする。

スリランカはなかなか難しいかなー。

リピートしたい品である。

 

そして肝心のマルジェラブーツへの入足with足袋ソックス、最高です。

靴下入ってよかった〜!足でかいから!

と、あっこに言われました。

私26cm、まあ、日本でだったら大きいのか。

こちらサイズでは41、こちらの靴は結構普通に42まであります。

あ、ZARAとかH&Mでは41までが多いか。

馬鹿の大足ね、と、よく両親に言われてました。

足を大事にしなさい、と、結構頻繁に足にいい靴を新調してくれていたような気がします。

だからかなー、大きくなってしまったのは。(なんじゃそりゃ)

 

 

 

あっこ、ありがとう❤️

 

 

これは先週作ったマグロの漬け丼。(レモン添えたいぶりマグロ、檸檬がとても合いました)

image

 

タブレにマスタードチキン(また)にレバノン料理のナスのペースト(激美味)

image

 

 

最近はまっている自家製キュウリのきゅうちゃん的な、ぽりぽりキュウリ。

image

image

塩分摂取はなかなかなものであろうが、美味しくて止まらないのです。

ご飯と合う。ビールと合う。

一人でも、お米の消費が中学生。

 

 

 

 

また今日も用心して過ごしましょう!

 

バレエの先生達とビール。

天気がカラッとしない、ヨーロッパに梅雨はないと言うけれど、今まさに、梅雨な毎日です。

image

雨だとヘリもデレーッとしております、今日も二人でシエスタ2時間弱な休日。

(洗濯掃除にアイロンかけて観葉植物の鉢分けもしたよ。)

 

日本のロックダウン解除後はどうなされてますかー?

結構人数減ってない、歌舞伎町の感染が増える一方というニュース(YouTubeでみてる24時間ニュース)を見ましたが・・・・こうなると呆れて何と言っていいのかわからない。

 

 

今日は日曜日、夫はケムニッツ近くの街にあるバレエ団へ振り付けに出張。

ロックダウン中に入った新たな仕事。

元々あった3月末の新作公演が延期になったりと気持ちのアップダウンはあまり表に出さなかった夫だけど大分落ち込んでいた模様。

私はわかっていましたが。

そんな中お声がかかりました。

まだまだ人間次第で色々規則も変わる心配もありますが、無事に初日を迎えられますように。

初日は来シーズン10月です。

 

 

私は一日置きに3クラスぶっ続けで教えるという生活に、教えた日はバッタンキュー。

初めの頃はだいじょーぶだいじょーぶと言っておりましたが、最近、くるね、しかも私叫ぶからね、マスクしてるから(私は)か、頭痛も結構起きている気がする。

 

 

そんな中、先週、同じアパートのお向かいさんが引っ越しということでワードローブ棚と食器棚を買い取ることになった。

image

いい感じいい感じ!

これは二つつながって、引き戸で開けるタイプ。

IKEAのベーシックなのだけど、シャツやブレザー(名前なんていうんだ?)がたっくさんある私はこの引き戸を開けるたびにウフフフフとなっている。

image

これ、3分の1ほど。

引っ越してくる前に断捨離して、これ。

あと、別に全然体重も変わってないし身長も伸びてないはずなのだけど(25歳まで伸びてたけど)、きつくなったものがある、シャツとか、ジャケットとか、肩幅、え?きつくねえ?という。

自粛中に筋トレしすぎたのでしょうか。

また見直して整理しながら暮らしています。

 

 

先週、3クラス教えたあとリハーサルをして帰宅するとトレーニング中のギオーム。

バーしてる。ついでだしと朝教えたバーのエクササイズを夫に教える私。

image

ビール飲みながらね。

80、90年代のバレエの先生たちのように。

カンヌもコンテの先生が原チャリで乗り付けたと思ったらビールを袋から出してプシューっとしてから、

「オニバー!!!!」って言ってスタジオ入って行ったのが衝撃的だったなあ・・・・

ランチでワイン飲んでる先生たち結構いたし。

パリオペもそうだったらしい。

ビールにタバコ片手にガム噛みながらって。w

 

 

 

 

ではでは、ヘリのお散歩に行ってきます。

 

 

 

みなさんくれぐれも用心して生活してください.

 

 

 

「私ちょっと風邪気味で」が通用しない世界。

 

6月になり、もう2020年も半分かと、なんとなく早く今年が終わってほしい気持ちがあるのは私だけかな。

 

 

 

この頃、少しでも体調を崩すと大騒ぎになるのを目の当たりにしている。

大騒ぎとまではいかないか・・・でも、確実に、今までの「私ちょっと風邪気味で」は通用しない。

 

そんな世の中ですねこんにちは!

 

仕事も再開してから一ヶ月が過ぎ、なんとなく、普段の日常に・・・のようだが全然違う。

人と人は触れてはならないし、なのでリハーサルも再開しているもののとても物足りない。

クラスもまだ来週までは3クラスに分けている。

ドイツは感染者数は日に700人越えなど続いている。

が、しかし、日本の二桁台になったら大騒ぎを横目に見ているとどちらを信用していいのかとても不安である。

日本は検査する人が少ないから感染者数が少ないのか。

そしてドイツは亡くなる方の数が感染者の比率からいうととても少ない。

19万人近くいる感染者数の中、死者の数は9000人という数。

もう感覚もおかしくなるような数字。

 

レストランも普通に開いているし、街中も賑わっている。

なんだかとてもやるせない気持ちになる。

もちろん、これからはこのウイルスと共に生活していくリズムを見つけなければならないのだが、それでも、この緩み具合はいかがなものかと思う。

まあ、メルケルさんが何も言わないので国民は信用しきっている。

私たち夫婦はまだ外食もできないし、to go(テイクアウト)もできる勇気がない。

天気のいいこの季節、テラスにいる人たちを横目に、私たちは自粛時と変わらず、食料の買い物以外には行っていない。

 

 

私は仕事上劇場に出勤しているけれどそれだけでもかなり大きなこと、どんなに気をつけていると言っても、いろんな人と空間を一緒にするし、その個々が私生活でどんなことをしているかはわからない、何か取っ手を触ったり、ボタンを押すのも間接的にするようにしてる。

 

 

どうか早くワクチンが開発されますように・・・・・

 

 

 

その一方、仕事ができて、疲れて、寝れることの幸せよ。

「週末」ということが嬉しいということが、とても新鮮に感じる。

自粛中の「今日って何曜日だっけ?」感が生まれた時は自分なりにあかんなと思った。

 

仕事が楽しいし、そういう気持ちの中でまた新たに踊るダンサーを見ているともっと頑張ろうと思う。

 

そうでないダンサーも多いのには驚いたけど。

二ヶ月間自粛でZoomクラス以外なかったのに、未だに怪我がよくならないんだと、フルクラスができないダンサーやら、ジャンプしないダンサーとか・・・休んでいてよくならない怪我は大問題なのも自分で気づかないのだろうか・・・

リハーサルも十分にできない中日々のバレエクラスでジャンプしないとか、それで急に動いて息切れして、スタミナがないとか、なんでそうなってしまったのか、それに対してどうすべきか、といいう方に考えが向かないのだろうか・・・・

私にとっては益々謎が積もることばかりだけれど。

 

 

人の振り見て我が振り直せ。

おっしゃる通り、自分の志を強く、頑張るのみ。

 

 

そんな中、中庭があってよかった、貸切テラス気分。

image

キノコのリゾットと。
ビールは私。
ジントニックは夫の。
向こうの方に見えるのは日向ぼっこするヘリベルト。
image
フレンチジン。
私はどうもジンの味が好きになれないので、ビール。泡消えてる、テーブルセッティングするまでにえらい時間かかる、テーブルも椅子も全部消毒してから(共有なので)じゃないと気が済まないギオーム。
 

image

image

私の大好きなゲヴルツトラミナ、アルザスワイン。

image

 

またギオームがピザを作ってくれた。

image

image

私も夫もパンほとんど食べない生活なのでピザ食べた後のおならの頻度の凄さに毎度びっくり。

image

職場に持って行くおにぎりらずを作る私。

 

水キムチを作ったり

image

を使ってアレンジしたトック、

image

と、サーディンを揚げたので南蛮漬け。

 

 

ヨーグルトで作るなんちゃってぬか漬けキュウリ

image

チキンのハニーマスタード。

image

 

作り置きをして思った、

image

私、向いてないわ。

食材余らせちゃう、続けて同じもの食べるの結構無理。

その日に食べたいものを作って食べたい。

 

この日は作り置きものと混ぜて。

image

 

Coq au vin コック オ ヴァン を作った。

image

想像以上に美味しくできた。

image

トマトのチーズファルシと一緒に。

image

image

ハーブとニンニクとピモン(辛いの)をギュッと。

うまし!

 

この日はスーパーでお買い得になっていたステーキとポルチーニ

image

最近カブのグリルが大好き。

 

 

image

キャロットドレッシングを作って、ソース代わりに食べました。

 

image

マッシュルームとピーマンのオイスターソース炒め

かぼちゃ、かぶ、豚ひき肉のしぐれ煮

ニンニクキャロットラペ

山芋とオクラのねばねば混ぜ

鍋のままでどん。

 

チキン竜田揚げタルタルソース丼!

image

揚げたチキンを甘酢ダレにつけて・・・美味しすぎた・・・思い出しただけでよだれ。

また作ろう。

 

 

今シーズンも残り1ヶ月になりました。

 

しっかり地に足をつけて、来シーズンに向かって準備したいと思います。

 

 

 

日本も自粛解除されていると思います、くれぐれも気をつけてお過ごし下さい。

特に電車や外食の際にはトリプル注意を。

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>