スキー用語18「フラット」「切り替え」 | スキーと登山 髙波太一ブログ

スキーと登山 髙波太一ブログ

山とかスキーのいろいろ

「フラット」とは
どちらのエッジも立たず 雪面と水平に
板の滑走面が位置している状態を言います

別名 ニュートラル 平踏み エッジを外す


エッジが立っていないので
板をスライドさせて遠くに位置させたり
板の向きを変える操作に適しています


「切り替え」とは
外足→内足 山足→谷足 山エッジ→谷エッジ
へと変化する時の 接続の部分に当たります



操作には
①エッジからエッジへ 急激に切り替えるもの
②エッジから一旦フラットを経由してから
反対のエッジに切り替えるもの
と言う2通りがあります



①は早くからエッジが立ち、
スキーの進行方向が決まり、かつ加速するので
急斜面や混んでいるゲレンデには向きません

エッジの切り替えには必ず②の様に
フラットになる時間ができるようにすると
より多様なターンを描けるようになるでしょう
{F9D366CD-E173-4E9B-9F5E-56A00D9F0FF1:01}


次回は19「X脚」「O脚」です

かぐらスキー場
田代スキー・スノーボードスクール 高波