【コロナの現状の感染法上の取り扱いによるメリット・デメリット】 | 大阪維新の会 高見りょうのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

大阪維新の会 高見りょうのブログ

大阪維新の会、東住吉区選出大阪市議高見りょうのブログ。
日々の活動報告や政務内容をお伝えします。

感染法上、新型コロナが2種相当扱いされ、保健所による管理、隔離の厳重化等他の感染症より重い対応を強いる。これによるメリット・デメリットであるが、

<メリット>
疫学調査が進む、感染拡大を抑えやすい
<デメリット>
地域の診療所でなかなか対応できず医療ひっ迫を起こす、保健所に多大な負担がでる、保健所を通すことにより医療提供が遅れる

感染法上感染拡大防止を優先させ、コロナ患者が医療を受けられないのが正しいのだろうか。感染拡大防止という名目のもと、外出規制を強いられ、医療を全く受けられず自力で病気を直すことを強制されている。

現実問題感染拡大期において、病床だけで対応するのは数からいって不可能。でも感染法上、インフルと違ってクラスターによる営業停止や重い感染防止策を強いられることから、診療所でのコロナ治療は進みにくい。
コロナだからといって医療が受けられなくなることなど言語同断。
医療が受けられない状況を作ってしまったことを反省し、5種相当の取り扱いにするなり、地域医療体制の整備にお金かけるなりしなければならない。