一年前、自宅の近くで起きた死亡事故のことは

昨日のことのように覚えています

 

昨日と今日の報道で

 

20歳の加害者が6時間にわたりアルコールを飲み続け

 

そのまま車の運転をしていたことがわかった

 

テレビ画面にくぎ付けになった母は

 

気分が悪くなった

 

2014年に施行された危険運転致死罪が

 

大分県内で初めて適用される

 

しかもそれは

 

次男君の町・・・母の町・・

 

なんということだろうか?

 

 

 

 

 

 

2人死傷事故 危険運転致死を初適用 容疑の男性書類送検

 
 国東市武蔵町の国道213号で昨年5月、車同士が衝突して2人が死傷した事故で、県警交通指導課と国東署は20日、酒を飲んで運転し、相
手を死亡させたとして自動車運転処罰法違反(危険運転致死)の疑いで、同町内田、アルバイト男性(20)を大分地検に書類送検した。県警によ
ると、同法の危険運転致死を適用するのは県内で初めて。
 送検容疑は昨年5月4日午前6時半ごろ、同町糸原の国道213号で、飲酒により正常な運転が困難な状態で乗用車を走行。同町手野の会社
員山下健一さん=当時(62)=のワゴン車に衝突し、死亡させた疑い。
 
同署によると、男性は同3日午後11時半~4日午前5時ごろにかけて、別府市内の居酒屋など3軒で友人らとビールなどを飲んだ。自宅に戻る
途中、事故を起こしたという。飲酒検知をしたところ、血液1ミリリットル中、基準値の5倍を超える1・51ミリグラムのアルコールを検出し、任意で
調べていた。
 
今日はお彼岸
 
次男君と夫を想いながら
ぼた餅が出来たよ
二人の苦笑いが見え隠れします😃💕