新店「アヴランシュ・ゲネー」に和栗モンブランが登場! | 岩谷貴美のフードジャーナリスト日記

岩谷貴美のフードジャーナリスト日記

ブログの説明を入力します。



2015年9月、文京区にオープンしたばかりの「アヴランシュゲネー」。

{84E97793-AAEE-4AEA-9DEE-A8688C75F1C1:01}

人気パティシエの独立が相次いでいるこの秋。上霜考二シェフの新店も、スイーツファン待望の一軒です。

{E34CC501-8238-4600-876F-9B6FF7257725:01}

{401901E1-31E9-476A-A6A4-7C155C44404E:01}

{B0E949DA-5BCF-4C92-B8E6-A8C0E7E1A65F:01}

上霜シェフと言えば、『オテル・ド・ミクニ』で腕を磨き、『ジャン・ミエ・ジャポン』やアグネスホテル東京『ル・コワンヴェール』のシェフパティエとして活躍した実力派。映画『洋菓子店コアンドル』の製菓監修なども話題になりました。

店名は、上霜シェフの修業先で、フランスはノルマンディー地方の町、アヴランシュにあったゲネーさんのパティスリーに由来しているそう。


{6CDAE5A3-5CD3-4E3B-BAB9-137A5419AFE2:01}

{A6C07778-A18C-4747-9FF6-170341968AD9:01}

{16672129-8D31-4F4F-B67F-640B603B97C3:01}

{46C36C41-319E-42D7-B81C-A02A9EC18F83:01}

ショーケースのプチガトーやアントルメは、コアンヴェール時代を彷彿させるものも見受けられましたが、もちろん新作も!

骨太な味わいと美しさとを兼ね備えたフランス菓子は、生菓子も焼き菓子も魅力的なものばかりです。


{1CAF19E3-5BB2-4628-BCA9-79F211F447B8:01}

オープンから1ヶ月たった最近の新作はフランス栗のペーストを使った「モンブラン」です。

ところが、10月中旬から和栗を使ったモンブラン・ジョンヌ」が期間限定で販売されるとうかがい、一足お先に試食させて頂きました。


{3C0E518A-1D26-4A81-A0E9-4F63C7034DD4:01}

和栗クリームにきな粉を合わせたところや、メレンゲにヘーゼルナッツを入れ、しっかり個性が出ています。

こちらも人気が出そう。フランス栗と和栗のモンブランを食べ比べするのも楽しいはず ♫

ますます目が離せない人気店になること間違いなしですね。


{963CC1BC-8996-493B-93A6-1052B7D31D63:01}