良い議会質問とは? | 吉川たかまさの活動報告
2019-03-09 20:32:46

良い議会質問とは?

テーマ:ブログ
 こんばんは。吉川隆雅です。
 2期目の後半は、1期の先生に場面を譲ることもあり、頻度は減ったのですが、初当選から5年間は全ての定例会で質問をしてきました。
 8年間で32回の定例議会中、13定例会で一般質問、20定例会で予算特別委員会の質疑を行いました(質問の問数ではなく発言した定例会議会の回数であり、質問数はこの数十倍です)。
 質問は私の議会活動にとって非常に重要なものです。そこで、良い質問とはどんなものかを考えてみました。

 1. 新たな政策・施策を提案する質問
 2. 既に行われている政策・施策に新たな観点や切り口を付与する質問
 3. (財源など)様々なことがネックで進んでいない政策・施策の課題解決方法を提案する質問
 4. (時事ネタなどを質問し)タイムリーな答弁を引き出す質問
 5. 将来的な課題解決に向けて継続的に取り組むための質問

 この中で私は1番や2番を重視して取り組んできました。
 もちろん一度切りの質問で政策・施策が前に進む訳もなく、5番のように継続的に取り組んでやっと成果が出ることもあります。
 一方、悪い質問とはどんなものでしょうか?

 1. 調べれば分かることをなぞるだけの質問(現在までどのように取り組んできたのか?など)
 2. 的外れで負担の大きい政策・施策の実行を強いる質問

 議会での質問は、これ以上ない公的な発言です。それだけに、質問するためには、課題の把握、解決のための方策、将来的な実現可能性などを綿密に調査しなくてはなりません。
 そして、その発言に議員として責任が生じるということを肝に命じるべきです。
 行政の監視はもちろん議員の仕事ですが、一方的な批判だけでは意味がなく、建設的な意見、前向きなアイディアを持って質問することが大事だと思います。
 道職員とのやり取りでも、やる気がない、やりたくないといった態度の相手に対しては厳しく接することもありますが、前向きに政策・施策を進めたいと思っている職員に対しては、議論をしながら、その意見も尊重したいと思って接しているつもりです。
 物事の本質を捉え、一番大切なこと、一番必要としている人たちのための質問が出来るよう、これからも精進していきたいと思います。

吉川たかまささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ