成人式の記念式典に参列して | ともに育ち、生きるまちへ~水谷たかこ(小金井市議会議員)blog

ともに育ち、生きるまちへ~水谷たかこ(小金井市議会議員)blog

「孤育て」がつらかった自分の経験から、子育て支援のNPO活動を開始。子育て支援ネットワーク、親の介護や成年後見の仕事を経て、多様な市民が地域で支え合うコミュニティの実現を模索中。2019年12月より小金井市議会議員。

1月13日月曜日(祝日)

小金井市の成人式は、武蔵小金井駅前の小金井 宮地楽器ホール(大ホール)で行われます。

今年、新成人となられたのは1,323人。男性が706人、女性が617、このうち外国籍の方が70人おられるそうです。
新成人の皆さま、ご家族や関係者の皆さま、おめでとうございます。


上の写真は、午後の部が始まる前のフェスティバルコートの様子です。やはり女性は振袖の人が多かったですね。会場へ入れるのは新成人とスタッフのみで、ご家族などは入場できないのですが、ご両親やご家族と一緒に記念撮影されている様子もチラホラ見受けられました。

「晴れ着が用意できなくて、成人式への参加をためらう方がいたら、お手伝いします」という市民グループの方々がおられます。今回の成人式では、ご相談はなかったそうですが、卒業式や成人の記念写真の撮影などの相談にも応じてくださるそうです。

その他にも、会場の整理や着付け直しなど、市民団体の方々が運営に協力してくださっていました。関係者の皆さま、ありがとうございます。

======

市議会議員としてお招きいただきましたので、式典の部(午前・午後)に参列させていただきました。
私は、上の二人の子どもが成人していますが、男の子だったこともあり、写真撮影しようという気持ちもなくて、会場へは来なかったため、今日、初めて成人式の雰囲気がわかりました。

宮地楽器ホールには、市内の新成人全員が一度に入ることはできないため、式典は午前と午後の2回に分けて行われます。午前はJR中央線の北側地域にお住まいの人、午後は南側地域にお住まいの人、と参加者を分けています。
久しぶりに同学年だった友だちに会える機会ということで、学校単位の方が良いだろうという配慮がされています。

その年の新成人が委員となって、成人式実行委員会が作られ、司会進行も新成人が行います。今年司会や挨拶をした委員さんは、皆さん女性でした。男性の委員はいたのかしら?


式典での市長と小金井市議会議長の挨拶は、午前と午後で同じ内容でしたが、実行委員の「新成人のことば」は、午前と午後で違いました。それぞれがお考えになったのでしょうね。とても素晴らしい挨拶でした。

主催者挨拶の中に、「女性は華やかで輝き、男性はたくましく凛々しい」との表現がありましたが、私はちょっと違和感を感じてしまいました。自分が、サバサバした性格で、「女性らしさ」や「華やかさ」を求められるのが苦手なこともあるのかもしれませんが、ステレオタイプ的な表現はせず、それぞれの個性でその人らしいあり方で良いのではないかな?と感じます。


関係者として参列する人は、式典の部のみですが、記念行事としてはそのあと小金井囃子の演奏と、ビデオメッセージ、抽選会が行われます。内容を見ることができなかったので、残念ながら詳細はお伝えできません(涙)。

帰りのJRの駅で、新成人の男性を数人お見かけして、参加された感想を聞いてみたいなぁ、と思いました。Googleフォームなどを使って、その場で簡単に答えられるアンケートを実施してみたらどうかしら?とふと思ったり。アンケート実施の有無については、明日、教育委員会に聞いてみようと思います。

改めまして、新成人の皆さま、おめでとうございます。