新庁舎における議会のあり方検討委員会 傍聴 | ともに育ち、生きるまちへ~水谷たかこ(小金井市議会議員)blog

ともに育ち、生きるまちへ~水谷たかこ(小金井市議会議員)blog

「孤育て」がつらかった自分の経験から、子育て支援のNPO活動を開始。子育て支援ネットワーク、親の介護や成年後見の仕事を経て、多様な市民が地域で支え合うコミュニティの実現を模索中。2019年12月より小金井市議会議員。

1月9日木曜日 10:00〜


「新庁舎建設における議会施の在り方検討会」を傍聴しました。
(議会の控え室での傍聴です)

小金井市では、現在、新庁舎建設の基本計画を策定作業中です。
これまで市民の立場で、ワークショップに出て意見を言ってきましたが、議会としても、どのような施設にすべきかの議論が行われています。

これまで、市民の立場で求めてきた
・子連れでも気兼ねなく傍聴できる施設
・わざわざ傍聴に来なくても、ガラス越しに、中の様子が見える施設
など、いくつかの点はすでに計画に取り入れられています。パチパチ👏

議会の意見として全会派が一致していても、今回の設計案には反映されていないものもあり、引き続き協議を続けるものも。

======

議会として使用する面積はなるべく減らしたい
けど
市民に開かれた議会にしたい

というせめぎ合いです。

皆さん、関心持って、傍聴してくださいね〜!
というだけではなく、工夫が必要ですよね。。