選挙戦2日目が終わりました | ともに育ち、生きるまちへ~共育ファシリテーター・水谷たかこblog

ともに育ち、生きるまちへ~共育ファシリテーター・水谷たかこblog

「孤育て」がつらかった自分の経験から、子育て支援のNPO活動を開始。子育てサロン、KOKOぷれす編集部(2003~2005年)、子供会やPTA活動にも参加。親の介護や成年後見の仕事を経て、多様な市民が地域で支え合うコミュニティの実現を模索中。

12月2日、小金井市議会議員補欠選挙に挑戦して2日目の選挙運動が終わりました。

朝から雨がパラパラと降る中、駅に立ち朝のご挨拶からスタート。公職選挙法の規定により、街頭演説は朝8時から夜8時までと決められています。それよりも前に通勤・通学される皆様には、お話する機会がありません。そこで、駅頭でマイクを使わず、朝のご挨拶をしました。雨がパラパラ降る中、通勤前に応援に駆けつけてくださったスタッフさん、ありがとうございました!

その後、選挙カーに乗り、市内各所へ立候補のご挨拶と支援のお願いに回りました。

ウグイスは大学院生の古野香織さん、運転手は次男、ナビは白井亨市議

雨の止んだタイミングで、街頭演説


チーム学童(OB・OG&現役)!

今日も美味しいお昼ご飯。

学童保育OB会のような事務所。

夜の街頭演説は、武蔵小金井駅周辺。

仕事帰りに駆けつけてくださったスタッフも含め、応援スタッフ8人!ありがとうございました!

1時間半の街頭演説で、白井亨市議と交代でお話するうちに、
・市民の声を聴き、市政に届け、カタチにするのが市議会議員の仕事。
・小金井をおもしろくする会は、市民が集まる政治活動グループ。政党や団体のバックアップがない、一人ひとりの市民の声の集まり。だからこそ、国政政党の影響を受けることなく、小金井市の今の課題に真正面から取り組むことができる。
・議員を議会に送り出すのは、市民一人一人の1票の積み重ねしかない。
そんなことにフォーカスしてお話をしている自分がいました。

「皆さんの想いの集まりが、この町の未来をつくります!」自然と、そんなことをお話していました。

選挙ビラ(チラシ)もたくさんの方にお受け取りいただくことができました。市民一人ひとりの思いを市政に届け、カタチにしていくため、皆さんと一緒に頑張ります!!

ありがとうございました!
明日も、よろしくお願いいたします。