未来への不安を希望に変える心理セラピー@横浜・東京

未来への不安を希望に変える心理セラピー@横浜・東京

愛着障害、パニック発作、不安障害、うつ症状、で悩まれている方、いつも漠然とした不安を抱えている、自分に自信が持てない、ひとに流されやすい、体調がすぐれない・・・そんなあなたが未来に希望を持って生きられるようになる心理セラピーセッションを提供しています。


テーマ:

●いつもひとの顔色を伺っていませんか?

 

 

こんばんは!

 

リトリーブサイコセラピー®で人生を取り戻すお手伝いをしています、

心理セラピストの木村 貴子です。

 

 

久しぶりのブログになってしまいましたーー!!

 

 

風邪でここ1週間、

起きられない状態になっておりました。m(_ _)m

 

 

インフルエンザではなかったのですが、

気をつけてはいたものの、

だいぶ免疫が落ちていたみたい。(T . T)

 

 

ようやく回復してきましたよ!

 

 

しかし、ここのところ、

めちゃ寒いので、みなさんも

お身体ご自愛くださいね!!

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

さてさて、今回は

「ひとの顔色を伺ってしまう」

、、、という問題について書いてみますね。

 

 

●ひとの顔色が気になる

 

●怒っているひとやイライラしているひとがいると

いたたまれない

 

●落ち込んでいるひとがいると、

自分がなんとかしないと!と思う

 

●困っているひとを見ると放っておけない

 

●ひとの顔色を見て、

自分を嫌っていないかを警戒する

 

 

 

たとえば、

クライアントのTさんの例をお話ししますね。

 

 

Tさんの職場はチームで仕事をしています。

 

 

一緒に仕事をしているは先輩の上司は女性で、

子供がいるお母さんです。

 

 

仕事が多くて、

定時に帰りたくても帰れない日があると、

先輩の上司はイライラします。

 

 

それが気になったTさんは、

自分が用事がない日は、

先輩上司の仕事を請け負うことにしました。

 

 

しかし、気がついたら、

上司は自分の仕事をTさんに回してくるようになり、

毎日先に帰るようになりました。

 

 

 

「ずるい!わたしも帰りたい!」

と思うのですが、なかなかそれを言えません。

 

 

 

周囲のひとに自分の仕事を回したら、

他のひとが困るようで、頼むこともできません。

 

 

最初は我慢していましたが、

どんどんイライラが溜まるようになってきました。

 

 

、、、、そんなお悩みです。

 

 

これはいったい何が起きているのでしょうか?

 

 

いつもひとの顔色を見て、

自分の行動を決めるひとの特徴は、

 

 

ひとの顔色を見て

自分がなにかしないと、

 

 

怖いことが起こる

 

 

、、、と感じています。

 

 

 

Tさんに、

 

「上司の顔色を見ないと、

何が起きてしまうような気がしますか?」

 

 

と聞くと、

上司のイライラが限界を超えて、

 

 

「今の職場のチームが崩壊しそう」な気がします。

 

 

、、、、と答えました。

 

 

 

そうなんですね。

 

 

Tさんは、

 

 

誰かが困ると

そのうちそのひとが感情的になって、

 

居場所が崩壊してしまう。

 

、、、という恐怖をいつも抱えていました。

 

 

誰かが困ったり、イライラしないように、

周囲の顔色を見て自分が行動をしてゆく

 

 

いつも、そういうひとの気持ちのお世話役をして

きていました。

 

 

 

 

でも、そういう他人の気持ちのお世話役のひとって、

どんどん我慢が溜まってきます。

 

 

そのうち、自分もイライラしてくるのですが、

それも抑えていないといけない。

 

 

 

こういうお世話役をするひとは、

自分を持ってはいけないのです。

 

 

あくまでも、

 

自分は『ひとのお世話役』

として存在し、

 

自分の感情は表現してはいけないし、

自分を持ってはいけない

 

、、、のですね。

 

 

 

うーーん。

これは辛いですよね。

 

 

 

 

もしも、あなたにも

同じようなところがあるのでしたら、

 

 

幼少期にこんなことはありませんでしたか?

 

 

●両親が喧嘩ばかりしていた

 

●親がヒステリー気味だった

 

●親が辛そう、悲しそうだった

 

●親が外ではいい顔をしているが、家ではイライラしていた

 

●泣いたり、怒ったりすると止められてきた

 

●気がきく子供でいるとほめられた

 

 

、、、このようなことがあれば、

子供は自分の感情や意志を抑圧し、

 

 

無意識に、親の顔色を見るようになります。

 

 

 

親の顔色を見て

自分の役割を考え

相手のために行動に移す

 

 

、、、ということをしているんですよね。

 

 

 

 

日本人は空気を読むのが得意な国民です。

 

 

それがいいところでもあるのですが、

自分を損なってまで

仕事を請け負うことをしていても

 

 

いいことはありませんよね。
 

 

 

 

Tさんはセッションで、

「母親の感情のお世話」を

小さな頃からしてきたことに気がつきました。

 

 

職場で上司や仲間に

仕事量について相談したら、

 

 

みんなに仕事を分担してくれるようになったとのこと。

 

 

 

チームで仕事をする上で、

みんなが公平に気持ち良く仕事をするために

 

 

どうしたらいいかを自分から

提案できるようになり、

 

 

自分の気持ちも大事にしながら、

周囲のひととコミュニケーションを

取れるようになったということです。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

ひとの顔色を伺ってしまう、

自分の感情や意志を大切にできない、、、




こんな方に向けて、

3月に単発講座を開催します!


◉リトリーブサイコセラピー

初心者さんのための心理.単発講座<第2回>

 

 

前回の第1回も、

初心者向けなのに、濃い!

気づきがたくさんあった!

 

、、、ということで、大好評でした!!

 

 

第2回目の開催は、、、

*こんな方にオススメです!

 

●自分の未来が見えない

●ひとの顔色が気になる

●ひとの気持ちに共感しやすい

●ひとりだと不安でたまらない

●不自由で動けない感覚がある

●誰かがいないと自分を感じない

●指示がないと動けない

 

*詳細、お申し込みはこちらへどうぞ
   ↓ ↓ ↓

https://www.agentmail.jp/form/ht/14928/2/

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ベル緊急のお知らせです!!

 

東京・2DAYSグループセッション参加者募集中!!

<日時>
2月16日(土)&17日(日) 

10時〜18時まで

<場所>東京.品川区

 

tokyo2day2019-300x121.png


あと2名ほどお席ご用意できます!

わたしもセラピストとして参加します!


<2日間で体験し学べることは?>

●問題解決するということはどういうことか?

●リトリーブサイコセラピーとはなにか?

●どんなひとにどんなセッションをするのか?

●心理療法を体験するとどうなるのか?

 

●自分の本当の問題に気づくことができる

 

●体感的に腑に落ちる経験が得られる

*詳細&お申し込みはこちらへ
  ↓ ↓ ↓
http://www.yourexcellence.jp/seminar/tokyo2day-1902

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


◉『心理初心者さんのためのお茶会』

悩みをひとりで抱えて悶々としている方、

まずは、お話してみませんか?

 

わたし個人でもお茶会はしておりますが、

日本リトリーブサイコセラピー協会でも

お茶会を開催させていただける運びとなりました!!

 ↓  ↓  ↓  ↓

日本リトリーブサイコセラピー協会にて、

 

◉『心理初心者さんのためのお茶会』
を開催させていただくことになりましたよーーー!!


50466408_372637673314284_8467003844780359680_n.png

 

*東京  2月23日(土)担当・木村 貴子

 

今回の東京はわたくし、

木村貴子が担当をさせていただきますーーー!

 

どなたでも参加自由です!

お茶やお菓子をご用意して、お待ちしておりますね!!

0d5109aff5b6430c49101100e2df4713_s.jpg

お気軽にいらしてくださいね〜!!

*詳細はコチラ

  ↓ ↓ ↓

https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

◉3月の個人セッションスケジュール

ありがとうございます!満席となりました!!

4月のスケジュールは2月中旬にご予約を受付開始します。

 

『あなたの不安が希望に変わる心理学』

 ↓ ↓ ↓ぜひ、ご登録くださいね〜!

https://www.agentmail.jp/form/ht/13310/1/

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

ベル3月の個人セッションスケジュール

ありがとうございます!満席となりました!!

4月のスケジュールは2月中旬にご予約を受付開始します!

 

ベル個人セッションのお知らせ、

心理講座のお知らせなどは、

メルマガにて先行受付をしております!

  ↓ ↓ ↓

 

特典いっぱいのわたしの無料メルマガ配信中!

個人セッションやイベントも、

こちらで先行のご案内をしております!

『あなたの不安が希望に変わる心理学』

 ↓ ↓ ↓ぜひ、ご登録くださいね〜!

https://www.agentmail.jp/form/ht/13310/1/

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 

 

ベル日本リトリーブサイコセラピー協会の

メルマガ配信スタートしました!!

「現役セラピスト達が語る 心の深い話」

登録はコチラから!

 

 

ベルまずは、カウンセリングでお悩みを整理したい!という方には、

日本リトリーブサイコセラピー協会

『電話カウンセリングサービス』がオススメです。

 

ひとりで悩まず、セラピストさんに、

今の気持ちを言語化して、整理してもらうと、

自分でもまだ気づいていない所に鍵があったりします。

 

 

実は、いろいろな問題の根っこは、

生まれ育った家族関係から来ているものであることが多いのです。

 

 

セラピストさんとお話ししてゆくことで、

問題解決の糸口が見つかるかもしれませんよ。

 

↓↓↓

日本リトリーブサイコセラピー協会電話カウンセリングサービス


 。。。。。。。。。。。。。。

 

リトリーブ®️心理セラピーもぜひ体験してくださいね!!

↓↓↓

全国のリトリーブサイコセラピー®セラピストたち


 

わたしの師匠.大鶴和江さんがこんな素敵なご本を出版されました。
「恐怖」を手放して、自分らしく生きたい!という方に大好評!!

 

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる/大和書房  ¥1,512 Amazon.co.jp

 

 

未来への不安を希望に変える心理セラピー  木村貴子
・不安を希望に変える心理セラピー個人セッション
・お客様の声 ・アクセス ・お問い合わせ
•直接のメールはコチラへ →info@kimura-takako.com

リトリーブサイコセラピー®心理セラピスト 木村 貴子 ホームページ

 


現在は大井町で心理セラピーの個人セッションをしております。
全国各地、鹿児島、福岡、 名古屋、静岡、長野、新潟、宮城県、北海道などからもお越し頂いております。
うつ、不安障害、PTSD、パニック発作、母娘共依存、摂食障害、劣等感、自己否定感など。 根本解決に向けてサポートしてゆきます!

読者登録してね

 

 

 

 

 


テーマ:

●ずっと「不本意な聞き役」を続けている理由

 

 

こんばんは!

 

リトリーブサイコセラピー®で人生を取り戻すお手伝いをしています、

心理セラピストの木村 貴子です。

 

 

先日、早起きして、

千葉の成田山新勝寺までお詣りに

行こうかなと思ったのですが、

 

 

かなーり寒かったので、

東京.深川にある成田山にしておきました。
(...ヘタレっす)

 

 

深川お不動さんの護摩祈祷って、

すごいんですよ〜

 

 

火を焚いて、太鼓を打ち鳴らし、

ホラ貝も吹いてくれますから、

 

 

不必要なものがぜんぶ火に焼かれてゆくような

気がします。

 


 

お陰様で、

すっきりしましたーーー!!

 

 

 

さてさて。

 


先週配信した「ひととの距離感に困っていませんか?」

というメルマガ記事に感想をいただきました。

 

『あなたの不安が希望に変わる心理学』

 ↓ ↓ ↓ぜひ、ご登録くださいね〜!

https://www.agentmail.jp/form/ht/13310/1/


 

 



では、感想を下さったM.Kさんに

掲載の承諾をいただきましたので、

 

 

ご紹介させていただきますね!

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 


今日、貴子さんからのメルマガ内容が

今の私にどんぴしゃで、

 

 

『これか!』と凄く納得しました。

 


一昨日父から電話があり、

「報告したい事があったから」

、、、と一方通行の話を聞いた後、

 

 

母に電話が変わり、

父同様に一方通行の話。

 

 

こちらからは特に話す事がないので

相づちを『そう、良かったね』等を



繰り返ししていたんです。


 

で、最後に父から

(電話がまた父に戻り)

 

 

『お母さんへ電話してあげろよ』と。

 

 


要らない言葉を最後に受け取り、
切った後、凄く心が疲れて、


悶々としたんです。
 

m012-184.jpg


これは毎回なので、

今に始まった事ではないのですが、
 

 


一方通行の話しに疲れ、

けどこれといって私は

 

「両親に自分の事を話したいか?」

というと無いんです。全く。

 



「それは何故か?」というのも分からず、

理由は『本当に無い』、だけでした。

 



「話したい、伝えたい」は心の奥底に

何かしらあるのは分かっているのですが、

それが普通の会話には出来ない。

 


「話す方法が分からない」

これは小さい時からずっとでした。

 

だから聞き役で、纏め役。
 

 


この、話が出来ないのは両親だけでなく

友達や親しくなりたい人、

 


または普段業務を共にしている

会社の人へも

 

 

自分の事が話せない。


話したくても何を話せばいいのか?

分からないんです。

 

 

…無言になってしまう…
 



今日貴子さんが書かれた距離感が

まさに答えで先に書いたように

『これか!』と分かりました。

 

 

『ひととの距離感=親との距離感』



、、、断言された通り!だと。

 

 



「誰かに分かって貰う」って

大切なんだな、と改めて思いました。




ずっとそうしたかったのに

出来ない自分を責めていたので。
 

 


方法が分からないから

余計に怖くて話せない有り様(T^T)、

 


そして自分責めの繰り返し。
 



何の躊躇もなく話せている人が

羨ましくて妬ましくも思ったりもありました。

 

 

来月は参加出来ないのですが、

またメルマガを楽しみに、

 

 

そしてまた新たな講座に

参加したいと思います。


<M.Kより>


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



Mさん、感想をありがとうございました!!

 

『ひととの距離感=親との距離」

 

実感しますよね〜
 

 

 

親との距離が遠いひとは、

どんな人間関係においてでも。

距離が遠くなってしまうのです。

 

 

 

Mさんは自分の気持ちを言えないで、

ただ、聞いているだけ、、、のようでしたね。

 

 

 

父親の言葉に、

 

『電話を切った後、

凄く心が疲れて、

悶々とした』

 

 

、、、、、こういう嫌な感情を我慢しながら、

ずっと『聞き役の役割』

 

 

担ってきたのかもしれません。

 

 

 

そして、この役割の感覚は大人になっても

親ではないひとの前でも使ってしまうんですよね。

 

 

 

このままだと、

ひとと会話をすることやコミュニケーションが

どんどん辛いものになってしまうかもしれません。

 

adc400e9273d240d77837e658324c179_s.jpg
 

 

わたしの例をお話ししますと、

Mさんのように、

 

 

「母親の気持ちを聞く役割」

をずっとして来ていたので、

 

 

自分の意見は言わなかったんですね。

 

 

 

でもね、

自分の気持ちを言えないと、

悶々とするんですよ。

 

 

 

自分の気持ちって、

自分の発するエネルギーなので、

 

 

それを外に出さなければ、

抑圧することになるのです。

 

 

 

でも、母はわたしが何か言っても、

自分の意見をかぶせてきたり、

否定したり、怒ったりするので、

 

 

それが、ものすごーく怖かったんです。

 

 

 

怖い思いをするなら、

悶々としている方がまだよかった。

 

 

 

だって、自分の気持ちを言ったり、

感情を表現したら、

 

 

嫌われたり、

見捨てられる恐怖

 

 

、、、を感じてしまうからです。

 

 

 

 

子どもは親に見捨てられたら、

生きてゆけませんからね。

 

 

もう、これが本当に、

死ぬほど怖かったんです。

 

 

はい。わたしの中で、

この公式が出来上がってしまいました。

 

 

「自分の気持ちを言うこと=嫌われて捨てられる」

 

 

 

なので、大人になってからも、

ひとと近づかない、

言いたいことを言わないことで、

「聞き役」に徹し、

 

 

 

ひとに嫌われる

見捨てられる恐怖から

ずっと逃げてきたんです。

 

 

 

目の前のひとは

わたしの母ではないのに、

 

 

目の前のひとは

わたしが気持ちを伝えるほうが

嬉しいかもしれないのに、

 

 

この嫌われる恐怖、

見捨てられる恐怖を

 

 

、、、ずっと持っていました。

 

 

だからずっと、

ひととの距離は遠いままでした。

 

 

 

この部分は本当にハードルが高かったんですが、

わたしはこれを克服したくて、

自分に向き合ってきました。

 

 

今では、上記の公式は完全に崩れました。

 

 

 

ひとと会話をしてゆくことで、

なにかを作り上げられる可能性を感じたり、

 

 

ひととの関係性が強い結びつきになったり、

心を通い合わせることの心地よさを

感じられるようになっています。
 

90837ea86a7aca37f63e560ec280ef08_s.jpg

 

もしも、今、あなたが

ひとに自分のことが言えない、

会話が苦手だったとしても、

 

 

諦めないでくださいね!!

 

 

まずは、、、、

 

 

●自分の気持ちをわかってもらうこと

●自分の気持ちを話して満足感を感じること

●ひとの話しを聞き、意見を言うこと

●会話のキャッチボールの楽しさを経験すること

 

ということにチャレンジしてみることが

大事だと思います!

 

 

 

悩みをひとりで抱えていると、

どんどん悶々としてきますので、

 

 

まずは、お話してみませんか?

 

 

わたし個人でもお茶会はしておりますが、

日本リトリーブサイコセラピー協会でも

お茶会を開催させていただける運びとなりました!!

 ↓  ↓  ↓  ↓

日本リトリーブサイコセラピー協会にて、

◉『心理初心者さんのためのお茶会』

を開催させていただくことになりましたよーーー!!


50466408_372637673314284_8467003844780359680_n.png
 

*大阪  2月10日(日)担当・古田 しほさん

 

*東京  2月23日(土)担当・木村 貴子

 

今回の東京はわたくし、

木村貴子が担当をさせていただきますーーー!

 

どなたでも参加自由です!

お茶やお菓子をご用意して、お待ちしておりますね!!

0d5109aff5b6430c49101100e2df4713_s.jpg

お気軽にいらしてくださいね〜!!

*詳細はコチラ

  ↓ ↓ ↓

https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

ベル『2月から始まる心理.単発講座』のご案内です!

 

●自分の生き辛さの原因を明らかにしたい

●心理学や心理セラピーを気軽に学んでみたい

●コースだと通いきれるか不安なので単発講座が希望

●リトリーブサイコセラピーに触れてみたい

●少人数の中で、いろんなお話しをしたい

 


、、、このようなご要望にお応えして、

全3回の単発講座を開催することになりました!!

 

 

◉リトリーブサイコセラピー

初心者さんのための心理.単発講座<全3回>

 

★第1回〜

がんばりやさんが不安が強いのはなぜ?

〜安心してひとと関われるようになるために

 

*こんな方にオススメです!

●どこにいても不安

●ひとが怖い、世の中が怖い

●ひととの距離感がわからない

●ひとの顔色をうかがってしまう

●ひとに嫌われるのが怖い

●敏感体質、神経質

●生き辛い感覚がある
 

*日時 2月3日(日)11時〜18時

*場所 東京 六本木

*定員 5名 残席1名様となりました!
 

ご参加を心よりお待ちしております!!


*お申し込みはこちらからお願いします!!

 ↓ ↓ ↓
https://www.agentmail.jp/form/ht/14546/1/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

ベル3月の個人セッションスケジュール

ありがとうございます!満席となりました!!

4月のスケジュールは2月中旬にご予約を受付開始します!

 

ベル個人セッションのお知らせ、

心理講座のお知らせなどは、

メルマガにて先行受付をしております!

  ↓ ↓ ↓

 

特典いっぱいのわたしの無料メルマガ配信中!

個人セッションやイベントも、

こちらで先行のご案内をしております!

『あなたの不安が希望に変わる心理学』

 ↓ ↓ ↓ぜひ、ご登録くださいね〜!

https://www.agentmail.jp/form/ht/13310/1/

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 

 

ベル日本リトリーブサイコセラピー協会の

メルマガ配信スタートしました!!

「現役セラピスト達が語る 心の深い話」

登録はコチラから!

 

 

ベルまずは、カウンセリングでお悩みを整理したい!という方には、

日本リトリーブサイコセラピー協会

『電話カウンセリングサービス』がオススメです。

 

ひとりで悩まず、セラピストさんに、

今の気持ちを言語化して、整理してもらうと、

自分でもまだ気づいていない所に鍵があったりします。

 

 

実は、いろいろな問題の根っこは、

生まれ育った家族関係から来ているものであることが多いのです。

 

 

セラピストさんとお話ししてゆくことで、

問題解決の糸口が見つかるかもしれませんよ。

 

↓↓↓

日本リトリーブサイコセラピー協会電話カウンセリングサービス


 。。。。。。。。。。。。。。

 

リトリーブ®️心理セラピーもぜひ体験してくださいね!!

↓↓↓

全国のリトリーブサイコセラピー®セラピストたち


 

わたしの師匠.大鶴和江さんがこんな素敵なご本を出版されました。
「恐怖」を手放して、自分らしく生きたい!という方に大好評!!

 

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる/大和書房  ¥1,512 Amazon.co.jp

 

 

未来への不安を希望に変える心理セラピー  木村貴子
・不安を希望に変える心理セラピー個人セッション
・お客様の声 ・アクセス ・お問い合わせ
•直接のメールはコチラへ →info@kimura-takako.com

リトリーブサイコセラピー®心理セラピスト 木村 貴子 ホームページ

 


現在は大井町で心理セラピーの個人セッションをしております。
全国各地、鹿児島、福岡、 名古屋、静岡、長野、新潟、宮城県、北海道などからもお越し頂いております。
うつ、不安障害、PTSD、パニック発作、母娘共依存、摂食障害、劣等感、自己否定感など。 根本解決に向けてサポートしてゆきます!

読者登録してね

 

 

 

 

 


テーマ:

●ふわふわと地に足が着かない感覚がありませんか?

 

 

こんにちは!

 

リトリーブサイコセラピー®で人生を取り戻すお手伝いをしています、

心理セラピストの木村 貴子です。

 

 

一気にお正月も駆け抜けましたね〜

生活が普通のリズムにやっと戻って参りました。

 

 

なんだか、今年1年はこんなふうに、

一気に駆け抜けてしまいそうな予感。。。

 

 

スケジュール管理を

しっかりしたいと思います!!

 

 

 

 

さてさて、

今日は、「身体の感覚」のお話しです。

 

 

 

わたしは子供の頃から身体の感覚が、

ふわふわと地面から浮き上がっているような

感覚がありました。

 

 

身体がふわふわしていて不安定なので、

背中や肩をどこかにくっつけていたくて、

 

 

すぐに壁やなにかにもたれかかるんです。

 

 

 

部屋の中では、中央にいるのが嫌で、

壁のそばや隅に身を寄せていました。

 

 

 

だから、

よく服の背中や腕の部分が汚れていたようですw

 

 

 

立っていても

すぐに座りたくなって、

 

 

地面に触れていないとまるで風船みたいに、

どこかに飛んで行ってしまいそうな

 

 

 

.....そんな感覚を持っていました。

 

 

 

それから、小学校で授業中、

先生に指されたりすると、

 

 

「あ、わたしのこと、見えていたんだ!」

と驚いたり、

 

 

 

いつも漫画や本を読んで、

現実なのか空想なのか、

わからない世界にいる感じだったので、

 

 

 

誰かに名前を呼ばれても、

反応が鈍かったり、

ものすごくびっくりしていました、、、

 

 

 

 

そうなんです。

 

 

いつも意識や身体の感覚が、

「いま、ここ」にない状態でした。

 

 

 

そして、いつも

「ここではないどこかへ行きたい」

 

 

、、、という感覚がありました。

 

 

大人になって、

 

 

仕事をしていても、

家に帰りたいし

 

 

家にいても

落ち着かないし

 

 

身の置き場がないというか、

どこにいていいかわからないような

 

 

、、、そんな感覚でした。

 

 

 

でもきっと、

今は若くて、いろんなことが落ちつかないから

こうなんだろうな、、、と思っていました。

 

 

 

しかーし、、、、

 

 

 

結婚しても、

仕事を変えても、

引越しをして住む場所を変えても

資格をとるために勉強しても、

 

 

 

この感覚はずっと

大きな不安とともに身体にありました。

 

 

 

逆に年を重ねるごとに

 

 

自分が誰なんだか

なんのために生きているのか

わからなくなってゆき、

 

 

「消えたい、、、」

そう思うようになりました。

 

 

 

もしも、今、あなたの中に

このような感覚があるのでしたら、

 

 

 

「愛着」の問題

が潜んでいるのかもしれません。

 

 

 

 

わたしは、

小学校1年の頃から両親が共働きで、

 

 

 

いつも母親は自分の実家に意識があり、

父親は家庭を顧みず、

仕事ばかりだったので、

 

 

 

両親とも、

わたしのことはあまり意識に入っていない、、、

 

 

そんな状態でした。

 

 

 

わたしは赤ちゃんの頃からおとなしい

いいこちゃんだったので、

 

 

両親は放置していても、

大丈夫だと思っていたようです。

 

 

小学校1年生で、

よく妹とふたりでお留守番させられていましたし、

 

 

母が朝早くからの仕事に行っているときは、

「朝起きたら、いない」

、、、ということが普通でした。

 

 



大丈夫ないいこのわたしは、

泣いたり騒いだりしたら

 

 

親を困らせると思っていたので、

すべての感情を抑えていたのです。

 

 

 

親の意識がどこかにあるということは、

子供に目を向けていない状態です。

 

 

親が子供を見て、

話しかける、共感する、気にかける、、、

 

 

こういう関わりをされて、

子供は「自分」という感覚を感じます。
 

 

親に身体も心も大事にされて初めて、

子供は「自分がここにいる」という感覚が育つのです。

 

 

 

わたしの場合、

この感覚がとても薄く、

 

 

親から見てもらえない、

関心を向けてもらえない

大事にされていない

 

 

そういう状態でしたので、

身体がふわふわしていたのだろうと思います。

 

 

 

それから、小学生のお子さんを持つ

お母さんに聞いてみると、

 

 

小学校卒業する頃までは

なにか学校やお友達の間で不安なことがあると、

 

 

母親にハグを求めてきたり、

そばにくっついてきたり、

甘えるそうです。

 

 

学校という社会の中でも、

いつも不安や緊張ってありますものね。

 

 

家に帰ってきて

親に安心させてもらって、

ほっとして身体を緩め、

 

 

また、社会に出ていって、

いろんなチャレンジをする。

 

 

このような緊張と弛緩を繰り返して、

子供は安心して成長し、自立してゆくのです。

 

 

家庭が、親が、

子供のセキュアベース(安心安全基地)になっていないと、

子供の健全な心と身体は育たないのです。

 

 

今、考えると、

わたしはそれがまったくありませんでした。

 

 

 

安心安全基地がベースなのに、

それがなかったら、

地に足がつかないのも当然ですね。

 

 

「地に足がついていない」

 

 

この感覚は「愛着」が関連していたのだと腑に落ちてから、

わたしは自分育てを始めました。

 

 

 

自分に声をかけ、

自分と対話をしてきました。

 

 

 

親からもらえなかった愛情を

自分に与えることをしてきました。

 

 

 

現在のわたしは、

自分の居場所を自分で選べているし、

納得して「今、ここにいる」ことを感じています。

 

 

自分の中に「愛着」を育てることは、

今からでも遅くありません

 

 

 

 

ぜひリトリーブサイコセラピーに触れてみてください。

 

 

『2月から始まる心理.単発講座』のご案内です!

 

●自分の生き辛さの原因を明らかにしたい

●心理学や心理セラピーを気軽に学んでみたい

●コースだと通いきれるか不安なので単発講座が希望

●リトリーブサイコセラピーに触れてみたい

●少人数の中で、いろんなお話しをしたい

 


、、、このようなご要望にお応えして、

全3回の単発講座を開催することになりました!!

 

 

◉リトリーブサイコセラピー

初心者さんのための心理.単発講座<全3回>

 


 

 

★第1回〜

がんばりやさんが不安が強いのはなぜ?

〜安心してひとと関われるようになるために

 

*こんな方にオススメです!

●どこにいても不安

●ひとが怖い、世の中が怖い

●ひととの距離感がわからない

●ひとの顔色をうかがってしまう

●ひとに嫌われるのが怖い

●敏感体質、神経質

●生き辛い感覚がある
 

*日時 2月3日(日)11時〜18時

*場所 東京 六本木

 

*定員 5名 残席1名様

 

 

少人数制なのでお互いのお話しを聞きながら、

安心感を深めてゆく講座です!

 

みなさん、おひとりでの参加の方がほとんどですので、

ご安心くださいね。

 

ご参加を心よりお待ちしております!!


*詳細はこちらから!!

 ↓ ↓ ↓
https://www.agentmail.jp/form/ht/14546/1/

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

ベル2、3月の個人セッションスケジュールです!!


ありがとうございます!

2、3月分は満席となりました!

 

2、3月の個人セッションスケジュール

2月12日(火)14時

 

3月5日(火)11時

 

3月16日(土)11時/14時

 

 

<場所は品川区大井町です> 

 

★お手数ですが、

お申し込みはこちらからお願いいたします!

↓ ↓ ↓

https://www.kimura-takako.com/session/


 

 

ベル個人セッションのお知らせ、

心理講座のお知らせなどは、

メルマガにて先行受付をしております!

  ↓ ↓ ↓

 

特典いっぱいのわたしの無料メルマガ配信中!

個人セッションやイベントも、

こちらで先行のご案内をしております!

『あなたの不安が希望に変わる心理学』

 ↓ ↓ ↓ぜひ、ご登録くださいね〜!

https://www.agentmail.jp/form/ht/13310/1/

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 

 

ベル日本リトリーブサイコセラピー協会の

メルマガ配信スタートしました!!

「現役セラピスト達が語る 心の深い話」

登録はコチラから!

 

 

ベルまずは、カウンセリングでお悩みを整理したい!という方には、

日本リトリーブサイコセラピー協会

『電話カウンセリングサービス』がオススメです。

 

ひとりで悩まず、セラピストさんに、

今の気持ちを言語化して、整理してもらうと、

自分でもまだ気づいていない所に鍵があったりします。

 

 

実は、いろいろな問題の根っこは、

生まれ育った家族関係から来ているものであることが多いのです。

 

 

セラピストさんとお話ししてゆくことで、

問題解決の糸口が見つかるかもしれませんよ。

 

↓↓↓

日本リトリーブサイコセラピー協会電話カウンセリングサービス


 。。。。。。。。。。。。。。

 

リトリーブ®️心理セラピーもぜひ体験してくださいね!!

↓↓↓

全国のリトリーブサイコセラピー®セラピストたち


 

わたしの師匠.大鶴和江さんがこんな素敵なご本を出版されました。
「恐怖」を手放して、自分らしく生きたい!という方に大好評!!

 

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる/大和書房  ¥1,512 Amazon.co.jp

 

 

未来への不安を希望に変える心理セラピー  木村貴子
・不安を希望に変える心理セラピー個人セッション
・お客様の声 ・アクセス ・お問い合わせ
•直接のメールはコチラへ →info@kimura-takako.com

リトリーブサイコセラピー®心理セラピスト 木村 貴子 ホームページ

 


現在は大井町で心理セラピーの個人セッションをしております。
全国各地、鹿児島、福岡、 名古屋、静岡、長野、新潟、宮城県、北海道などからもお越し頂いております。
うつ、不安障害、PTSD、パニック発作、母娘共依存、摂食障害、劣等感、自己否定感など。 根本解決に向けてサポートしてゆきます!

読者登録してね

 

 

 

 

 


テーマ:

●いつも悩みを抱えてぐるぐるしているあなたがほっとするには?

 

こんにちは!

 

リトリーブサイコセラピー®で人生を取り戻すお手伝いをしています、

心理セラピストの木村 貴子です。

 

 

あなたは、もしも、

周囲のひとに悩みを相談しても

 


「そういうもんだよ~」と言われたり、
「元気出して」と言われてしまったら、

どんな気持ちになりますか?

 

 

・やっぱり誰にもわかってもらえない。


・こんなことで悩んでいるわたしがおかしいのかもしれない。


・やっぱり私がダメだから、もっと頑張らないといけない。

 

 

 

 

……そうなんです。

 

人に話してもわかってもらえず、

お悩みが解決しないのであれば、
自分ひとりで抱えることになりますよね。

 

 

でも、自分で悩んでぐるぐるしてしまうと、

 

頭がゴチャゴチャして考える事をやめてしまう、、、
後回しにしてしまう、、、
忘れようとしてしまう、、、
気分転換してしまう、、、

 

これを繰り返していると悩みは解決することは
どんどん難しくなってゆきます。

 

 

 

悩みの解決方法は、


まず「共感してもらえるひとに話しをすること」です。

 

 

 

 

お話を聞いてもらいながら
ゴチャゴチャしている頭の中を整理してみると
悩みの解決の糸口が見つかるかもしれませんよ!

 

 

今回は、気晴らしやポジティブシンキングをしようとしても、

周囲のひとに相談しても、

自分を変えようとしても、自分を責めても、

 

 

なにをやっても気分が晴れない、問題が解決しない、、、

 

 

そんなあなたに向けて、

 

日本リトリーブサイコセラピー協会で

『心理初心者さんのためのお茶会』を開催します!

 

*大阪・2月10日(日)担当・古田 しほさん

 

*東京・2月23日(土)担当・木村 貴子

 

今回の東京はわたくし、

木村貴子が担当をさせていただきます!

 

お茶やお菓子をご用意して、お待ちしておりま〜す。

 

 

お気軽に、お話しをしに来てくださいね~!

詳細はコチラ

  ↓ ↓ ↓

https://jnpta.com/seminar-event/cafeseminar

 


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

2月の個人セッションのお知らせ、

心理講座のお知らせなどは、

メルマガにて先行受付をしております!

  ↓ ↓ ↓

 

ベル特典いっぱいのわたしの無料メルマガ配信中!

個人セッションやイベントも、

こちらで先行のご案内をしております!

『あなたの不安が希望に変わる心理学』

 ↓ ↓ ↓ぜひ、ご登録くださいね〜!

https://www.agentmail.jp/form/ht/13310/1/

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 

 

ベル日本リトリーブサイコセラピー協会の

メルマガ配信スタートしました!!

「現役セラピスト達が語る 心の深い話」

登録はコチラから!

 

 

ベルまずは、カウンセリングでお悩みを整理したい!という方には、

日本リトリーブサイコセラピー協会

『電話カウンセリングサービス』がオススメです。

 

ひとりで悩まず、セラピストさんに、

今の気持ちを言語化して、整理してもらうと、

自分でもまだ気づいていない所に鍵があったりします。

 

 

実は、いろいろな問題の根っこは、

生まれ育った家族関係から来ているものであることが多いのです。

 

 

セラピストさんとお話ししてゆくことで、

問題解決の糸口が見つかるかもしれませんよ。

 

↓↓↓

日本リトリーブサイコセラピー協会電話カウンセリングサービス


 。。。。。。。。。。。。。。

 

リトリーブ®️心理セラピーもぜひ体験してくださいね!!

↓↓↓

全国のリトリーブサイコセラピー®セラピストたち


 

わたしの師匠.大鶴和江さんがこんな素敵なご本を出版されました。
「恐怖」を手放して、自分らしく生きたい!という方に大好評!!

 

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる/大和書房  ¥1,512 Amazon.co.jp

 

 

未来への不安を希望に変える心理セラピー  木村貴子
・不安を希望に変える心理セラピー個人セッション
・お客様の声 ・アクセス ・お問い合わせ
•直接のメールはコチラへ →info@kimura-takako.com

リトリーブサイコセラピー®心理セラピスト 木村 貴子 ホームページ

 


現在は大井町で心理セラピーの個人セッションをしております。
全国各地、鹿児島、福岡、 名古屋、静岡、長野、新潟、宮城県、北海道などからもお越し頂いております。
うつ、不安障害、PTSD、パニック発作、母娘共依存、摂食障害、劣等感、自己否定感など。 根本解決に向けてサポートしてゆきます!

読者登録してね

 

 

 

 

 


テーマ:

●ひととの距離感に困っていませんか?

 

こんにちは!

 

リトリーブサイコセラピー®で人生を取り戻すお手伝いをしています、

心理セラピストの木村 貴子です。

 

 

 

あっという間に、

1月も半月以上が過ぎてしまいましたね。

 

 

昨年の振り返りをして、

できたところは自分を褒め、

できなかったところを反省しました。

 

 

そして、今年の抱負や目標設定をしていました。

 

 

今年はお茶会や単発講座で、

いろいろな方に気軽に心理セラピーを知っていただく機会を

たくさん作ってゆこうと思っております。

 

 

ぜひ、ご参加くださいね!!

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

さてさて。

 

 

今回はひととの距離感についてです。

 

 

あなたにはこんなところはありませんか?

 

 

●ひとと近づけない

 

●親しくなると、距離を取りたくなる

 

●ひとと仲良くしたいけれど、近づけない

 

●恋愛しても、距離感がわからない

 

●嫌われるのが怖くて本音が言えない

 

●ひとといてもなにを話していいかわからなくなる

 

 

....こんなふうに、

「ひととの距離感が遠い」「ひととの距離感がわからない」

という感覚がありませんか?

 

 

わたしはもう断言してしまうのですが、

 

ひととの距離感=両親との距離感

 

....だと思っています。

 

 

 

では、わたしの場合をお話ししますね!

 

 

 

母親はわたしが幼少期の頃から、

自分の話したいことだけを

ひたすら話すひとでしたので、

 

 

わたしはいつも聞き役でした。

 

 

 

たまに質問をされて答えたり、

自分の欲求を口に出すと、

 

 

母親が自分本位に解釈するか、

自分の話しにすり替えるので、

 

 

自分の話しをすることが、

とても怖かったんですね。

 

 

 

だから、どんどん、

自分の気持ちを話すことを

諦めていったのです。

 

 

 

距離感は母親の

数歩後ろにいる感覚でした。

 

 

 

父親は仕事ばかり、

自分のことばかりだったので、

 

 

やはり、ほとんど、

わたしの気持ちを聞いてくれたことは

ありませんでした。

 

 

 

父親の距離は、

いつもうーんと遠い存在で、

 

 

わたしが自分から近付くときは、

両親が喧嘩して仲を取り持つ時や、

父親が遊ぼうと誘ってきた時だけ。

 

 

 

そうなんです。

両親の気持ちはわかってあげないと

いけないけれど、

 

 

わたしの気持ちは聞いてもらえない

わたしの気持ちは理解してもらえるはずがない

 

 

.....ずっとそう思ってきました。

 

 

 

 

だからわたしは、

 

自分からひとに近づく、

自分のことを話す

 

、、、がとても苦手だったんです。

 

 

 

 

恋愛しても、

相手は自分のことばかり話すタイプを選んできました。

 

 

わたしの気持ちを深くまで理解しようとしてくれたのは、

旦那さんが初めてでしたので、

最初はとっても戸惑いました。

 

 

どうしたの?」

「なにかあったの?」

「どういう気持ちなの?」

 

 

聞いてくれたときは

一瞬嬉しいのですが、

 

 

どう話していいかわからなくて、

 

「なんでもない、、、」

 

 

、、、と返事をしていました。

 

 

 

話しをしないので、

向こうも「そうかー」と諦める、

わたしもモヤモヤが溜まる。

 

 

で、どんどん距離が離れてゆくんですね。

 

 

●わかってほしいのに、

なんて話せばいいかわからない

 

●そもそも、

自分の気持ちをわかってもらえると思っていない

 

●わかってもらえなかった時のショックが怖くて、

話しができない

 

 

こんなふうに、いつも

孤独感を抱えていました。

 

 

 

わたしのようなこういうお悩みを抱えている方って、

本当に多いのです。

 

 

 

社会生活をしていて、

ひとと関わらなくていいことってありませんから、

 

 

ひととの距離感がわからないと、

職場や友人関係、恋愛などで

行き詰まり、

 

 

人生が辛いものになってしまうのですね。

 

 

 

実はこれは、

両親との愛着の問題が関わっています。

 

ひととの距離感=両親との距離感

 

.....だからです。

 

 

 

親に体をまるごと受け入れてもらう感覚や

安心感やぬくもりを感じるという感覚が

よくわからない、知らない

 

 

目を見て話しを聞いてもらっていない、

共感をしてもらってことがない

 

 

.....という場合、ひとが怖いし、

ひとに近づけないのです。

 

 

この感覚は大人になってからでも、

学んでゆくことが可能なのですよ!

 

 

わたしは現在、

 

 

自分の気持ちをわかってくれないひともいるけど、

わかってくれるひとは必ずいる。

 

わかってほしかったら理解してもらえるまで

話しをしてみよう!

 

 

.....に変わっているので、ひとといても、

とっても楽なのです。

 

 

現在は、旦那さんにも、自分が満足するまで

自分の気持ちを理解してもらうことを

してもらっていますし、

 

 

わたしも旦那さんの気持ちを理解しようと

努力しています。

 

 

だから、関係性が安定してゆくのですね。

 

 

こうやって、ひとはひととの繋がりを

作ってゆくことが大切なのだなぁと感じます。

 

 

両親に教えてもらっていないことでも、

今から学んでゆくことは可能なんですよ!

 

 

まずは、

『誰かに自分の気持ちを伝えて、わかってもらう」

、、、という体験から始めませんか?

 

 

 

いよいよ来月から『心理初心者さんのための単発講座』がスタートします!


ぜひ、ご参加をお待ちしております!!

 ↓ ↓ ↓

https://www.agentmail.jp/form/ht/14546/1/

 

 

2月の個人セッションのお知らせ、

心理講座のお知らせなどは、

メルマガにて先行受付をしております!

  ↓ ↓ ↓

 

ベル特典いっぱいのわたしの無料メルマガ配信中!

個人セッションやイベントも、

こちらで先行のご案内をしております!

『あなたの不安が希望に変わる心理学』

 ↓ ↓ ↓ぜひ、ご登録くださいね〜!

https://www.agentmail.jp/form/ht/13310/1/

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 

 

ベル日本リトリーブサイコセラピー協会の

メルマガ配信スタートしました!!

「現役セラピスト達が語る 心の深い話」

登録はコチラから!

 

 

ベルまずは、カウンセリングでお悩みを整理したい!という方には、

日本リトリーブサイコセラピー協会

『電話カウンセリングサービス』がオススメです。

 

ひとりで悩まず、セラピストさんに、

今の気持ちを言語化して、整理してもらうと、

自分でもまだ気づいていない所に鍵があったりします。

 

 

実は、いろいろな問題の根っこは、

生まれ育った家族関係から来ているものであることが多いのです。

 

 

セラピストさんとお話ししてゆくことで、

問題解決の糸口が見つかるかもしれませんよ。

 

↓↓↓

日本リトリーブサイコセラピー協会電話カウンセリングサービス


 。。。。。。。。。。。。。。

 

リトリーブ®️心理セラピーもぜひ体験してくださいね!!

↓↓↓

全国のリトリーブサイコセラピー®セラピストたち


 

わたしの師匠.大鶴和江さんがこんな素敵なご本を出版されました。
「恐怖」を手放して、自分らしく生きたい!という方に大好評!!

 

怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる/大和書房  ¥1,512 Amazon.co.jp

 

 

未来への不安を希望に変える心理セラピー  木村貴子
・不安を希望に変える心理セラピー個人セッション
・お客様の声 ・アクセス ・お問い合わせ
•直接のメールはコチラへ →info@kimura-takako.com

リトリーブサイコセラピー®心理セラピスト 木村 貴子 ホームページ

 


現在は大井町で心理セラピーの個人セッションをしております。
全国各地、鹿児島、福岡、 名古屋、静岡、長野、新潟、宮城県、北海道などからもお越し頂いております。
うつ、不安障害、PTSD、パニック発作、母娘共依存、摂食障害、劣等感、自己否定感など。 根本解決に向けてサポートしてゆきます!

読者登録してね