【妊娠初期にコーヒーが及ぼす影響】 | 愛知県岡崎7年で3000人以上漢方ダイエットサポートタカキ薬局

愛知県岡崎7年で3000人以上漢方ダイエットサポートタカキ薬局

愛知県岡崎市7年で3000人以上の実績
本人も4ヶ月で全く運動食事制限なしで
8キロ減!!1年経った今もまったく
リバウンドなし!
好きな物を食べながらでも痩せつづける
コツを公開中!

 

 

こんにちは

タカキ薬局です

 

 

 

実は、、、。

 

カフェインの影響は

妊娠してからの方が大きい

 

と言われています。

 

『妊娠初期にコーヒーが及ぼす影響』  

 

 

結果から言うと

妊娠初期のカフェインは

妊娠初期の流産リスクを高めます

 

 

スウェーデンで6~12週の間に

流産を経験した562人の女性と、

出産まで至った953人の女性にアンケート

カフェインの摂取量との関係を調査しています

 

 

 

76%がコーヒーで23%が紅茶

 

 

 

カフェイン摂取が

1日100mg以下の方を基準としての結果

 

 

喫煙者においては

なぜかあまり差を認めていませんが、

非喫煙者においては、カフェイン摂取量が

増える程に流産の

リスクが高まっている事が分かります

 

 

500mg以上のカフェイン摂取では

流産率が2.2倍(主にコーヒーで

摂取している場合は4.1倍)と増えており

 

明らかにリスクが高まることが分かります

 

 

 

 

 

続いて、

つわりとカフェイン摂取量をみたグラフ

興味深いことに流産しなかった群の方がつわりがひどく、

それに伴ってカフェイン摂取量が急激に下がっています

 

 

 

一方で流産された方の群では

つわりはそれ程ひどくなく

カフェイン摂取量もそれ程

落ちていないという結果でした

 

 

 

 

最後に

流産された方の胎児絨毛染色体を調べて、

流産が胎児側の原因だったのか

母体側の原因だったのかの結果

 

胎児染色体の異常率

正常率はカフェインの量と

相関していない事が分かります

 

 

 

つまり

 

母体側にカフェインが

及ぼした影響によるものだろうと推察

されています

 

 

ということで結論としては、

・妊娠初期のカフェイン摂取は

妊娠初期の流産リスクを高める

 

 

という事でした

 

 

気を付けてコーヒータイムを

充実してゆきましょう♪