『冷やす食べ物、温める食べ物が一目でわかる表』 | 愛知県岡崎7年で3000人以上漢方ダイエットサポートタカキ薬局

愛知県岡崎7年で3000人以上漢方ダイエットサポートタカキ薬局

愛知県岡崎市7年で3000人以上の実績
本人も4ヶ月で全く運動食事制限なしで
8キロ減!!1年経った今もまったく
リバウンドなし!
好きな物を食べながらでも痩せつづける
コツを公開中!


テーマ:

『冷やす食べ物、温める食べ物が一目でわかる表』

 

 

 

この表 カウンセリングで よく使っている表です。

ダイエットでも、子宝でもです。

少し見るのに工夫が入りますが

千坂式因果表と言います。

 

人間の体は食べ物から培われている事は

誰でも知っています。

そして、毎日に食べる事も・・・・

 

でも、以外にこれって体に悪い

って教えてもらう機会ってないんですよね。

 

食べ物は それぞれに生まれ持った

性質があります。

 

体を冷やすもの 温めるもの

酸性食品  アルカリ性食品

 

それらが簡単にまとめられたものです。

 

まず目に行くのが

左上 の  酸性と陰性の欄

血液がドロドロで体を冷やすもの

いかにも体に悪そうですね。

パン、めん、白米、カップ麺、豆腐

お菓子、牛乳・・・・・

共通項として、白いもの 精製加工された

ものが多いのが特徴です。

 

逆に 体にいいもの

右下ですね アルカリ性 と陽性の欄

玄米、根菜、発酵食品、海藻などが

多いのが特徴です。

 

この因果表 とても便利なんですが

あまり、考えすぎてしまうと

実は頭がパニックになっていきます。

うちのカウンセリングでは

まずそこだけ 覚えてもらっています。

 

ではこれをどうやって日常生活に置き換えて

行くかは  また後日説明します。

 

 

 

 

 

愛知県岡崎3000名以上のダイエットサポートカウンセラータカキ薬局さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス