『炭水化物とタンパク質 DITが4倍違う』 | 愛知県岡崎7年で3000人以上漢方ダイエットサポートタカキ薬局

愛知県岡崎7年で3000人以上漢方ダイエットサポートタカキ薬局

愛知県岡崎市7年で3000人以上の実績
本人も4ヶ月で全く運動食事制限なしで
8キロ減!!1年経った今もまったく
リバウンドなし!
好きな物を食べながらでも痩せつづける
コツを公開中!


テーマ:

 

ご飯に代表される炭水化物

お肉に代表されるタンパク質

実はDITで消費されるのは

 

炭水化物と脂質は 約7%

タンパク質は   約30%

と4倍も違います。

 

DITとは食事誘導性代謝といって

食べる事によって発生する熱の事

代謝が良い人と悪い人差は

このDITが大きく関係しています。

 

ではどうしてタンパク質はDITが

高いのか?

 

タンパク質は他の栄養素と比べて

 

アミノ酸に変えるのに撹拌をしたり

より多くの消化液や酵素が必要

 

手間がかかる分だけエネルギーも

使うわけです。

 

同じカロリーでお 朝にパンだけ

おにぎりだけよりお 肉、魚、大豆

卵を入れたほうが代謝が上がるんです。

 

コツとして

しっかり噛めるものを食べる事です。

咀嚼という作業がより多くの熱産生を

生み出す為です。

 

咀嚼は交感神経を活性化させる力もあります。

 

ひき肉よりブロック肉 ひきわり納豆よりも

大粒納豆の方が効果が高いです。

噛むことが一番簡単な運動ですね。

愛知県岡崎3000名以上のダイエットサポートカウンセラータカキ薬局さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス