以前行っていた横浜でのレッスンの募集を再開します。詳しくは以下のブログをご確認ください。
質問等は遠慮なくどうぞ。

 


N.T.K BASS SCHOOL
JR中央線西荻窪駅より徒歩3分。

体験レッスン随時受付中です。ビギナーコース出張レッスンコース開設しています。



にほんブログ村
↑よかったらクリックお願いします。

Pino Palladino

テーマ:

ベース博士の記事アップされました。
今回は、ディアンジェロやジョン・メイヤーのバンドでおなじみの万能スタジオミュージシャン「ピノ・パラディーノ 」について書きました。
ぜひ読んでみてください。

 

「Pino Palladino」

 

 

過去の記事はこちら

「アクティブとパッシブってどう違うの? 」

「ジャズベとプレベ、どっちを選ぶ? 」

「ベース弦の種類・交換方法 」

「ベース用ケーブルの種類と選び方」

「おすすめのベース用エフェクター」

「ベースアンプの選び方」

《これだけは揃えよう》ベースを弾くのに必要なアイテム

「ベースのチューニング 」

「ベースの歴史」

ベースのメンテナンス」

「ジャズベタイプのベース特集」

「プレべタイプのベース特集」

「ミュージックマンのベース特集」

「アクティブベース特集」

「アコースティックベースについて」

エレクトリックアップライトベースについて」

「フレットレスベース特集」

「多弦ベースについて」

「ショートスケールのベースについて」

「セミアコースティックベースについて」

「プリアンプについて」

「ベース用歪みエフェクターについて」

「ベース用ピックについて」

「Jack Bruce」

「Geddy Lee」

「Les Claypool」

「Steve Harris」

「Victor Wooten」

「Geezer Butler」

「Chris Squire」

「Roger Waters」

「Stanley Clarke」

「Phil Lynott」

「Charles Mingus」

「Chris Wolstenholme」

「Tony Levin」

「Mark king」

「Larry Graham」

 


N.T.K BASS SCHOOL
JR中央線西荻窪駅より徒歩3分。

体験レッスン随時受付中です。ビギナーコース出張レッスンコース開設しています。



にほんブログ村
↑よかったらクリックお願いします。

Gmでスラップソロ

昨日のレッスンでは、フュージョンギタリスト、リー・リトナーの「リオ ファンク」という曲をやりました。1979年のアルバム「in Rio」に収録されており、ベースはマーカス・ミラーです。マーカスを有名にした曲の一つとして知られています。
 

 
中盤にはスラップによるベースソロもあるのですが、いまでもマーカスの手癖になっているフレーズが随所に出てきます。そして、このベースソロはGm一発のコード進行で演奏されているんですが、このGmのコードってじつはスラップによるソロに最適なんです。詳しくはこちらのブログで解説しているので、ぜひ読んでみてください!

 


N.T.K BASS SCHOOL
JR中央線西荻窪駅より徒歩3分。

体験レッスン随時受付中です。ビギナーコース出張レッスンコース開設しています。



にほんブログ村
↑よかったらクリックお願いします。

Larry Graham

テーマ:

ベース博士の記事アップされました。
今回は、スラップ奏法の生みの親で、「グラハムセントラルステーション」のリーダー/ベーシスト/ボーカリストである「ラリー・グラハム」について書きました。
ぜひ読んでみてください。

 

「Larry Graham」

 

 

{D486AD60-1889-4B1A-A4D8-90FE54F6EF10}

 

過去の記事はこちら

「アクティブとパッシブってどう違うの? 」

「ジャズベとプレベ、どっちを選ぶ? 」

「ベース弦の種類・交換方法 」

「ベース用ケーブルの種類と選び方」

「おすすめのベース用エフェクター」

「ベースアンプの選び方」

《これだけは揃えよう》ベースを弾くのに必要なアイテム

「ベースのチューニング 」

「ベースの歴史」

ベースのメンテナンス」

「ジャズベタイプのベース特集」

「プレべタイプのベース特集」

「ミュージックマンのベース特集」

「アクティブベース特集」

「アコースティックベースについて」

エレクトリックアップライトベースについて」

「フレットレスベース特集」

「多弦ベースについて」

「ショートスケールのベースについて」

「セミアコースティックベースについて」

「プリアンプについて」

「ベース用歪みエフェクターについて」

「ベース用ピックについて」

「Jack Bruce」

「Geddy Lee」

「Les Claypool」

「Steve Harris」

「Victor Wooten」

「Geezer Butler」

「Chris Squire」

「Roger Waters」

「Stanley Clarke」

「Phil Lynott」

「Charles Mingus」

「Chris Wolstenholme」

「Tony Levin」

「Mark king」

 


N.T.K BASS SCHOOL
JR中央線西荻窪駅より徒歩3分。

体験レッスン随時受付中です。ビギナーコース出張レッスンコース開設しています。



にほんブログ村
↑よかったらクリックお願いします。

Mark king

テーマ:

ベース博士の記事アップされました。
今回はイギリスのポップフュージョンバンド「LEVEL 42」のベーシストで、その手数の多いスラップフレーズからマシンガンスラップともいわれる「マーク・キング」について書きました。
ぜひ読んでみてください。

 

「Mark king」

 

 

{9F9D8483-8B5E-44FA-9082-A8322C52E43F}



過去の記事はこちら

「アクティブとパッシブってどう違うの? 」

「ジャズベとプレベ、どっちを選ぶ? 」

「ベース弦の種類・交換方法 」

「ベース用ケーブルの種類と選び方」

「おすすめのベース用エフェクター」

「ベースアンプの選び方」

《これだけは揃えよう》ベースを弾くのに必要なアイテム

「ベースのチューニング 」

「ベースの歴史」

ベースのメンテナンス」

「ジャズベタイプのベース特集」

「プレべタイプのベース特集」

「ミュージックマンのベース特集」

「アクティブベース特集」

「アコースティックベースについて」

エレクトリックアップライトベースについて」

「フレットレスベース特集」

「多弦ベースについて」

「ショートスケールのベースについて」

「セミアコースティックベースについて」

「プリアンプについて」

「ベース用歪みエフェクターについて」

「ベース用ピックについて」

「Jack Bruce」

「Geddy Lee」

「Les Claypool」

「Steve Harris」

「Victor Wooten」

「Geezer Butler」

「Chris Squire」

「Roger Waters」

「Stanley Clarke」

「Phil Lynott」

「Charles Mingus」

「Chris Wolstenholme」

「Tony Levin」

 


N.T.K BASS SCHOOL
JR中央線西荻窪駅より徒歩3分。

体験レッスン随時受付中です。ビギナーコース出張レッスンコース開設しています。



にほんブログ村
↑よかったらクリックお願いします。