今年も例年と同じ思いです。

 

被爆地ヒロシマで社会人のスタートを切り、14年を過ごしたものとして、この日は平和を殊更に考えます。

本来ならば、毎日考えなければならないのですが…。

 

私は今、スポーツ実況をベースに生業をたてています。

 

スポーツや音楽、舞台など娯楽は平和だからこそ享受できるもの。...
そんな娯楽がもたらす笑顔は人類全てのもの。

 

「自分の大切な人が明日も笑顔でいられる努力を全ての人が行う」ことは、甘いと言われるかもしれませんが、平和への道筋と信じたいと思います。

 

とはいえ、50歳を超えた今、その思いを胸に何ができるのだろうか?何を共感していただけるのだろうか?

そのためのアプローチはどんな道があるのだろうか。広島の先輩からは朗読などで伝える手段を進められたりもしますが・・・。

小さな力ながらできること、求められることを探したいと思っています。