カープキャンプ@日南その2

テーマ:

今日もカープ日南キャンプ中継を担当しました。

 

明日がキャンプ打ち上げということで、フルメニューの練習は今日が最後。

今日も強く冷たい風が吹く中でした。

 

ランチタイム特打では、ジョンソン投手と、新加入のカンポス投手がバッティングピッチャーを務めましたが、この風の影響もあったのか、なかなかストライクが入らず、バッティング練習としてもなかなか成立しないような感じでした。

 

この最終クールを風景していて目についたのは、堂林選手。

紅白戦でもライト方向に大きな打球を放ったり、打球方向がセンターから右方向が多く見られます。

ここ数年、新井貴浩選手に私淑するように行動している中で、新井選手がキャンプで打撃を作り上げていく過程に似てきたように感じました。

 

中継が終わってから、ファームが練習している東光寺球場に寄ってみました。

 

昨日の紅白戦で巡ってきたチャンスをホームランという形でつかんだ高橋洋樹選手のことを、ファームの水本監督に振るととても喜んでましたし、朝山打撃コーチも目尻を下げながら、「去年の秋から推薦をしていたからね」と当然と言わんばかりの表情でした。

 

そして、ファームといえば、今年のドラフト1位中村奨成選手に注目が集まっています。

 

その中村選手。

私が行った時には、倉コーチの指導を受けながら、ボールブロッキングの練習をしていました。

でも、最初はボールを使わず、ひざを素早くつく動作の反復練習。その反復練習だけでのかなり息が上がっていました。

 

一軍キャンプでは一つ年上の坂倉選手が順調にアピールをしています。

もともとカープは、年齢の近い二人のキャッチャーを競い合わせるのが上手いチーム。

中村獎成選手が一年たって同じラインに並べるのか、坂倉選手がより高いところに上がっているのか、この先が楽しみです。

 

カープ日南キャンプ、一軍は明日打ち上げ。

 

明日もJ Sportsで、午前11時から。進行を担当します。