あなたはこう思っているはずです。。。

 

 

 

『私は身体が硬いから腰痛になっている、だからストレッチをしなければならない』

 

 

 

それは残念ながら間違いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院の公式ホームページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも森です(^_^)

 

 

 

本日もブログをご覧頂き本当にありがとうございます。

 

 

 

今日はうちの次女の誕生日です(*´ω`*)

 

 

 

しかし、今日の朝から熱を出して寝込んでいます(._.)笑

 

 

 

せっかくお祝いしようとしているのに。。。

 

 

 

空気を読まないのは誰に似たのか。。。

 

 

 

おそらく私でしょうm(__)m笑

 

 

 

早く帰って出来る限りのお祝いはしてあげようと思う優しい男です(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本題です。

 

 

 

『腰痛を治すためには自分でストレッチをしなくてはいけない』



ほとんどの人がこう考えています。


でも、、、

逆にそれが腰痛を悪化させているとしたら???



事実、慢性腰痛にはストレッチが効果がないばかりでなく悪化させている事もあるのです。

まず、慢性腰痛を改善させるためには短縮している筋肉の緊張状態をほぐすと言う事が重要になってきます。

 


短縮している筋肉とは?


簡単に言えば、筋の長さが短くなって伸び縮みしなくなって、凝り固まっている状態の事です。

この様な場所にはあまり『痛み』が出ない事が特徴的です。

 

 

 

しかし、『痛み』が出る場所(慢性腰痛では腰の部分)では筋肉が引き延ばされていて緊張した状態のまま伸び縮みする運動が行われているのです。

 

この部分をストレッチしても効果はあまりありません。
だって、引き延ばされているものを更に引き延ばそうとしているのですから。。。
逆に症状が悪化してしまう事すらあります。


つまりこういう事です。


『痛みが出ている部分をストレッチしてはいけない場合がある』


ではどうすれば痛みが改善出来るのでしょうか?


 
それは、緊張した筋肉を柔らかくするということに尽きます。
もちろん、短縮している痛みが出ていない部分の筋肉をです。

 


 

 

筋肉を柔らかくするには、乳酸を排出させればいいのです。
乳酸や老廃物は、筋肉内の血流が悪くなることによって体内に蓄積され、体を硬くする元になります。
これは先程述べたように、短縮している筋肉の部分に多くあります。

 


ここをストレッチする事で引き延ばせたとしたら?

それは効果的だとは思いませんか?
 

 

Youtubeなどの動画サイトでも「腰痛 ストレッチ」と検索すると、膨大な数の動画が出てきます。
それだけ、ストレッチの重要性を認識している人は、腰痛患者ならずとも多いわけですね。
私はストレッチがダメだと言っているのではありません。
この様な場所を選択してストレッチは行うべきだと言っているのです。
 

 

 

 


慢性腰痛に腰のストレッチは逆効果


筋肉の使いすぎによる短期的な腰痛の場合は、ストレッチで改善されるのですが、長年使わなくなったことで、硬くなってしまった腰痛の場合、ストレッチは効果がありません。
 
効果がないどころか、逆効果になってしまう場合もあります。
 
使わないことから痛くなってしまった腰痛の場合、以下のことはやってはいけません。
 

 

筋肉を揉む、叩く、強く押す、強く伸ばす
 


それぞれに、やってはいけない理由はあります。
まず、揉むともみ返しが起こります。もみ返しは痛みを伴い、さらに硬くさせる原因にもなります。
そして叩く、押すというのも同じく、さらに筋肉の緊張状態を悪化させかねません。

 


 


少し話はそれますが、「肩こり」も筋肉の緊張によるものです。肩を叩いたり揉んだりすると、その時は軽くなったような気分がしますが、肩たたきで肩こりが完治したという話は聞いたことがないですね。
適度に押す分には、気持ちがいいですが、押しすぎると緊張をもたらし硬くなります。
 

 

 

最後にストレッチのように伸ばすこともNGです。
動かさなくなったことで硬くなった筋肉は柔軟性を失っています。
そのため、ストレッチで無理に伸ばすと、筋肉の繊維が切れてしまうことがあります。
古くて固くなったゴムが切れるようなイメージですね。

 

 


 

短くなって凝り固まっている筋肉を緩める事が重要

 

 

 

ストレッチそのものが効果がないというわけではなく、長年凝り固まっていて短縮している筋肉にダイレクトに影響を与えるストレッチは危険だということです。
柔軟性を取り戻すためには、緩めて筋肉の伸び縮みをできるようにする必要があります。


これが出来る事が当院の治療の強みです。
 

短縮くしている筋肉を緩める為には、イコール腰のストレッチだ、と強く腰を伸ばすのはやめましょう。

 


 

①まずは筋肉を緩めて伸び縮みできる状態にする。

 

②その伸び縮みできるようになった筋肉をストレッチで引き延ばす。

 

③筋肉トレーニングで強化する。

 

 

治療にはこの順番が大事なんです。
しかし、、、
多くの方は手順をすっ飛ばして筋トレから始めようとします。
または、ストレッチから始めようとします。

 


だから、効果が出ずに諦めてしまったり、症状を悪化させてしまうのです。

 


誰だって効果のない事はしたくありません。

 

 


金沢で唯一の『慢性腰痛専門』整体院 樹-TATSUKI-では、、、

 

 

この手順に従った効果的な治療をすることが出来ます。
何をしても効果が無かったあなたの『慢性腰痛』を改善させることが出来ます。
もちろん、自分での努力も必要になります。

 

 

 

 

当院で一緒にあなたの『慢性腰痛』を治しませんか?

 

 


あなたからのお電話をお待ちしております。

 

こちらへどうぞ。

______________________________________

 

慢性腰痛でお困りの方は、

金沢市で唯一の「慢性腰痛専門」

整体院 樹ーTATSUKI-へ


こんな方が多くご来院しています。

 

・どこへ行っても何をしてもこの腰痛は良くならない。
 

・はっきりした原因が分からずに医者に適当に扱われる。
 

・痛みが強い時には足のシビレまで出てくる。
 

・レントゲンでは骨に異常無しと言われたのにすごく痛い。
 

・シップと薬でなんとか痛みをごまかしている。
 

・自分で腰痛を改善する為に体操・ストレッチなどしてみたが効果が出ない。
 

・楽なのは横になっている時だけ。

 

 


初回限定キャンペーン

3月31日(金)まで

6名様限定残り3名様


初回8980円1980円

 

 

 

 

076-209-1708   

お電話でご予約下さい。

 

「はい、整体院 樹です。」と出ますので、「ブログを見て電話したのですが」とお答えください。
簡単な問診と、ご予約の案内をさせて頂きます。

 

 

 

・当院の公式ホームページはこちらです。


・当院のもう一つの専門家向けブログも合わせてご覧ください(^_^)
 


金沢市玉鉾1丁目47-1   整体院 樹ーTATSUKI-

営業時間・営業日   朝7時~夜22時  土日祝日も営業
                                      院長  森 隆久