TAKAHIROオフィシャルブログ「DANCE WORLD」Powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ひょんな事から、一緒に日々を過ごすことになったニホントカゲのお陰で僕は朝が楽しいんです

ひょんなことで、ニホントカゲを飼い始めて1ヶ月ほど経ちました。

 

ニホントカゲとは、幼体時尻尾が青い手のひらサイズの生き物です。

 

さぁ、飼おうと思って調べると自分が何ら生き物のことを分かっていないのが明確に。。。

 

 

 

例えば

 

■me:「んっ?虫かごでいいのかな?」と思えば

 

ーあっ、ダメなのか、、、

 

■me:「餌は、葉っぱとかかなぁ?」と考えていたに

 

ーあっ、肉食なのか、、、

 

■me:「夜行性かなぁ」なんて勿論間違えで、

 

ーおっ、昼行性的な感じ・・・

 

 

と言うことでクワガタや、カタツムリを飼うのとは訳が違いました。

 

今日は皆さんにニホントカゲの特徴をお届けです!

▲広い飼育環境が必要です。動き回れる衣装ケースでの飼育がGOOD。

▲餌は動いているものを食べます。ヨーロッパイエコオロギにカルシウムを振りかけて生きた状態で与えましょう。

▲トカゲは変温動物です。つまり、外部の温度により体温が変化します。なので、陽の光を浴びないと体温がどんどん落ちてしまいます。日中ひなたぼっこをするための石と、それからずっと潜って入れる土を用意しましょう。

▲縄張り意識が高いため、基本的には1匹で飼うのがよいとのこと!

 

 

と言うことで、僕は衣装ケースをホームセンターに買いに行き、園芸店に土と石を買いに行き、コオロギを飼育し、朝だけ目が合う小さなトカゲさんと日々を過ごしています。

 

 

トカゲの子は臆病で、初めはずっと隠れていて、

 

1週間経っても餌を食べている姿を見ることが出来ませんでした

 

だんだん、だんだん、環境に慣れて、人を認識して。

 

今は、少し離れて見ていても、ゆったりとお日様を浴びています。

 

体温調節に陽を求める、朝しか出会えないから、僕は朝が楽しみ。

 

 

 

                                TAKAHIRO

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【お知らせ】

 

振付家視点で考察するシーリーズ。

ユーチューブ更新しました。

 

 

 

 

 

 

変えられない変わらない場所

 人には好きな場所があるのだろうか。

 

もちろん家は良い。

 

行きつけの飲み屋さんなんかがあったらそれも良いだろう。

 

僕は、とても大好きな港がある。

 

大きく開けた海の向こう側には富士山が。

 

波は穏やかに、幾重もの深い水紋を描いている。

 

緑が葉を重ねる音を鳴らし

 

ウミネコが空に遊ぶ声が耳を揺らす

 

そして、海の香りを潮風が思い出させてくれる

 

昨日も、昨年も、30年前も今日のよう

 

縁遠くなってしまったその場所を、思い出すだけで温かくなる。

 

好きな場所はどこですか?

 

                TAKAHIRO

 

 

 

 

時刻表との再会

 地下鉄の時刻表の紙。

 

葉書サイズの大きさで、少し硬い紙。

 

白い艶やかな紙に、濃い青と赤の文字が印象深い。

 

「まだ、あったんだ・・・」

 

小学生の頃、この紙がカッコよく見えて友達と集めあった。

 

その頃は、丸の内線が真っ赤な電車だった。

 

あの頃の宝物は、もう誰にも見向きもされなくなった。

 

なんでって、携帯が手元にあるから。

 

だけど、今日僕は時刻表の紙を手に握っている。

 

眠る携帯

 

あの頃と変わらない時刻表。

 

記憶がどんどん蘇ります。

 

あぁ、エスカレーターに乗らずいつも階段で昇り降りしていた勝沼君がカッコ良かったなぁ。

 

今でも真似しています。

 

そういえば、お小遣い集めて買ったメトロカード、どこにあるかなぁ。

 

                     TAKAHIRO

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>