福聚寺

 

 

黄檗宗  福聚寺

 

 

山号 : 広寿山

宗派 : 黄檗宗

本尊 : 釈迦如来

創建年 : 寛文5年(1665年)

開山 : 即非如一禅師

開基 : 小笠原忠真

正式名 : 広寿山福聚寺

 

 

所在地 : 福岡県北九州市小倉北区寿山町6-7

 

 

福岡県北九州市小倉北区にある黄檗宗の寺院。
山号は広寿山、本尊は釈迦如来。
1665年、小倉藩初代藩主の小笠原忠真が、同家の菩提寺として創建。
開山は福建省福州府福清県の出身の中国僧の即非如一(そくひにょいつ)禅師です。
藩政時代には藩主の尊崇を得て、七堂伽藍や塔頭25坊を有して繁栄しますが、
幕末の1866(慶応2)年、長州との戦い(幕長戦争)で長州藩の兵火で伽藍を焼失。

本堂、総門、不二門、鐘楼などは焼け残り、往時の雰囲気を残しています。
現存する本堂は、1802(享和2)年の再建。
境内には、初代小笠原忠真夫妻、2代・忠雄、8代・忠嘉、9代・忠幹の廟所があります。
 

 

『寺号標柱』

 

『山門(総門)(第一関門)』

 

『山門(総門)(第一関門)扁額』

 

『不二門(第二の門)』

 

『不二門(第二の門)扁額』

 

『庭園』

 

『西山宗因の句碑』

 

『開山堂門』

 

『開山堂』

 

『小倉炭坑慰霊塔』

 

『仏殿(本堂)』

 

『仏殿(本堂)扁額』

 

『仏殿(本堂)開梆』

 

『地蔵堂』

 

『鐘堂』

 

『寶所の外塀』

 

『収蔵庫』

 

『祠堂門』

 

『祠堂』

 

『鐘鼓堂』

 

『寺務所』

 

『裏門』

 

 

『手水舎』

 

『石佛』

 

『竜華観音堂』

 

『浅間神社』

 

『由緒書』

 

『境内図』