2018年1月5,6,13,16日の午前中に2時間までレッスンすることができます。

料金設定は
1時間5000円、2時間8000円となっております。


また次帰国する際は事前にレッスンスケジュールの連絡が欲しいなどご要望があればご連絡ください。


連絡先は
09080439389(2018年1月16日まで)
s.oshabeli@gmail.com

です。

募集に関して年齢制限はありませんが、学生の方は必ず師事されている先生の許可をいただいてください。


クラスコンサートと言っていますが、正確にはKlavierabend
ピアノ音楽を愉しむ夜 といったところでしょうか笑

月に1度あるコンサートで、個性的なピアニストが集まっているクラスなので個人的にかなりオススメなコンサートです♪

やはりここが日本とは違うなぁと感じるのは、いち音大の小さなコンサートにも関わらず50人前後(もっとかな?)のお客さんが街から集まるということ。

人に愛されているからこそ、これだけ芸術が大切にされているのだなと身を持って感じます。

ベートーベンの告別ソナタ。
まだまだ読み込みの足りなさを痛感しましたが、素晴らしい曲に助けられ聴きにいらしてくださったアーヘンの方々にはとても喜んでいただけて、良い弾き納めができましたおねがい

以下プログラムとコンサート後の飲み会です。

先生はもちろん、このユニークなクラスメイトが大好きです!
(金髪の色が青く変わっていたキリル君の左隣はピアニストではなく彼のルームメイトです。なぜ来た。。、笑)



先月11月の頭に受賞したコンクールのハイライトがブリュッセルの番組で取り上げられていたようです♪
48分30秒程から僕の変な日本語で応えているインタビューからの演奏が始まります。

ご興味あればご覧ください。

このアドレスをクリック↓
https://youtu.be/0AaiJDrHAoc

おしゃべりコンサートVOL.17

テーマ:
宣伝がすっかり遅れてしまっていますが、1月8日(月・祝)おしゃべりコンサートをまた行います!
帰国次第、1週間でどうにか集客しなければならないのでどうぞ拡散していただけましたら幸いです。

電話予約は1月2日からですが、メールでは早速受付開始致しますので多くの方のご予約心よりお待ちしております!!

プログラム最後のシューマンの謝肉祭は9月アーヘンでの新生活と同時に読みはじめた曲で20曲の小品が組み合わされた30分の大曲です♪

読み込めば読み込むほど面白さが湧き出てきて3ヶ月たった今でも新鮮な気持ちで楽しみながら弾いています。乞うご期待!
ベートーベンの告別ソナタとシューベルトのさすらい人幻想曲はかねてよりレパートリーにしておりますが、アーヘンに来て改めて読み直し、先生からのとても興味深い意見を頂戴しながら新たな姿に変貌しております!!


以下詳細↓

坂巻 貴彦 おしゃべりコンサートVOL.17

♪日時
 2018年1月8日(月・祝)

 第1部
 10:30開演(10:10開場)
 12:10終演予定・10分休憩あり
 
 第2部
 13:00開演(12:40開場)
 14:40終演予定・10分休憩あり

※両部同一プログラム

♪場所
(横浜市)港南区民文化センターひまわりの郷
 音楽ルーム

♪曲目
 ・ベートーヴェン:ピアノソナタ「告別」 作品81a
 ・シューベルト:さすらい人幻想曲
 ・シューマン:謝肉祭 作品9

♪入場料
 ・大人1000円 ・25歳以下500円

♪お申込
 ・TEL. 09080439389
※電話受付は2018年1月2日より
留守番電話の場合はお名前、お電話番号、ご来場の部、お申込人数をお伝えください。
 ・MAIL  s.oshabeli@gmail.com



年末年始は日本で

テーマ:
すっっっっっかりblogの更新を忘れて早一ヶ月。

9月半ばよりアーヘンでの新生活が始まりあっという間の3ヶ月間でした。

ー Die Zeit hat Flügel.

これはドイツの諺で、直訳すると 

ー 時間は翼をもっている

つまり意訳すると

ー 光陰矢のごとし

です。

過ぎ行く時間の中でも、自分を見失わないようしっかり一日一日を大切にしたいと思う年の瀬であります。



とりあえず今はパリのシャルルドゴールで搭乗待ちなので1時間半ほど暇を持て余しているところです♪

今から立て続けにblog更新するつもりです!


ブリュッセル②

テーマ:
3年前にも行った教会。





次いつ来るか分からないしと思って食べたワッフル

なんとなく素敵な雰囲気だったのでパシャリ


コンクールはブリュッセル王立音楽院の歴史的な音楽ホールで行われました。(弾いている人は僕ではありません)



受賞式典の模様

受賞者演奏会




最後のパーティーでは美味しいワインを(ここぞとばかりに)
飲みまくりました笑

集合写真でワイングラス持ってるの僕だけだったのはネタです。

この後、テレビ局の方の取材を受けて、なぜモーツァルトとバルトークを組み合わせて弾いたのかという質問に英語で答えなければならず、そんなの無理!って言ったら、日本語で答えてもらって局で吹き替えるから大丈夫とか言うことでどうにかなりました。爆笑

はい、英語のお勉強します。

おわり
先日ベルギー・ブリュッセルで行われた第三回"Triomphe de l'Art" 国際音楽コンクールにて第2位を受賞しました。
併せてベルギーの小さな街で4月にリサイタルが出来る機会もいただくことが出来、とても有り難いです!




今住んでいるアーヘンとブリュッセルは国は違っても電車で1時間半ほどで着くので電車で予選、ファイナル、受賞者演奏会と通っていました♪
アーヘンは国境沿いに位置しているので、電車でたった10分弱乗っただけで、ドイツ語圏からフランス語圏に移る感覚は島国育ちにはやはりとても奇妙に感じます。

3年振りに来たベルギーですが、同じ道同じ建物を訪れる度に今の自分と思い出の中にいる自分とが対話しているような感覚がありました。この3年間でいろいろなことが目まぐるしく変化していったので、自分がどのように変わってきているのかを見つめ直せて良かったです。


あれよあれよと時間の流れに逆らえず、もう12月が迫っていることに驚愕している今日この頃ですが、一つ一つのことを懸命に取り組んでいきたいと思っています。

12月のクリスマス前までやること目白押しです(†〇†)


以下にブリュッセルの写真を載せておきます♪


ブリュッセル王立音大の近くの教会




宮殿(?)





グランプラス



触ると御利益のありそうな像

お馴染み小便小僧

ホームコンサート

テーマ:
先日シュトゥットガルトの近くで行われたハウスコンサートにて演奏して来ました♪

素敵な豪邸に大きなBechsteinのグランドピアノが入っていてとても贅沢な時間を過ごせました。


ザルツブルクの講習会で出会った某宝石店の経営者の方が主催してくださったのですが、こういった素晴らしいご縁に恵まれる日々が大変ありがたいです😍


今後もこのような機会が増えて来ると思うので、いつでも臨機応変に対応出来るよう更に音楽家としての力を蓄えておこうと意気込んでいる今日この頃でありますアップ


今日は日曜なので街はとても静か。
学校もガラガラなので思う存分練習に浸っております。幸せを一番感じられる曜日です。



以下、そのハウスコンサートの会場の写真を載せておきます